「久世広明」

「久世広明」

江戸時代中期の大名、久世広明

江戸時代中期の大名、久世広明

-江戸時代中期の大名、久世広明-

-幼少期-

久世広明は、1730年(享保15年)に、久世広周の子として江戸で生まれた。幼名は徳松。8歳の時に父が亡くなり、家督を継いだ。

-大名時代-

広明は、1748年(寛延元年)に奏者番に任命され、1751年(宝暦元年)に若年寄に昇進した。1755年(宝暦5年)には老中格に任命され、1758年(宝暦8年)には老中に昇進した。

老中としては、幕府の財政改革や軍備強化に尽力した。また、朝鮮との関係改善にも努めた。1768年(明和5年)には、朝鮮通信使の来日に際して、江戸城で朝鮮使節団と会見した。

-晩年-

広明は、1771年(明和8年)に老中を辞任し、隠居した。1779年(安永8年)に死去した。享年50。

-人物-

広明は、聡明で勤勉な人物だったと伝えられている。また、茶道や和歌にも通じていた。

-功績-

広明は、幕府の財政改革や軍備強化、朝鮮との関係改善に貢献した。また、茶道や和歌にも通じており、文化人としても活躍した。

旗本から老中へと上り詰めた久世広明

旗本から老中へと上り詰めた久世広明

-久世広明-

-旗本から老中へと上り詰めた久世広明-

久世広明は、江戸時代前期の大名・老中。旗本から老中へと上り詰めた人物として知られる。

-旗本から出世-

久世広明は、1595年(文禄4年)に生まれた。父は久世広宣で、本庄藩の藩主を務めた。広明は、旗本として育ったが、才能と努力によって出世を遂げた。

広明は、1615年(元和元年)に大坂冬の陣に参戦し、武功を挙げた。その後、幕府の役職を歴任し、1637年(寛永14年)には老中に就任した。老中として、幕府の政治を取り仕切り、江戸幕府の安定に貢献した。

広明は、1646年(正保3年)に死去した。享年52。

-生涯-

久世広明は、1595年(文禄4年)に誕生した。父は久世広宣、母は結城秀康の娘・松姫。広明は、本庄藩の藩主(後に江戸城西の丸付城代)を務めた広宣の嫡男として生まれる。

広明は、1615年(元和元年)に大坂冬の陣に従軍し、武功を挙げた。戦後、廣明は従五位下などに叙任されている。その後、新番頭、西丸小姓組番頭、江戸城西の丸付城番、大番頭、寺社奉行などを歴任し、1637年(寛永14年)に老中に就任した。

老中として、広明は幕府の政治を取り仕切り、幕府の安定に貢献した。江戸城西の丸付城代など重要な役職に就き、江戸幕府の安定に貢献した。

広明は、1646年(正保3年)に死去した。享年52。

-人物像-

久世広明は、聡明で有能な政治家であったとされる。また、剛直な性格で、不正を許さなかった。広明は、江戸幕府の安定に貢献した功績で知られている。

-功績-

久世広明は、江戸幕府の安定に貢献した功績で知られている。広明は、老中として、幕府の政治を取り仕切り、幕府の安定に貢献した。また、江戸城西の丸付城代など重要な役職に就き、江戸幕府の安定に貢献した。

天明の飢饉への対応と久世広明

天明の飢饉への対応と久世広明

-天明の飢饉への対応と久世広明-

天明の飢饉は、1782年(天明2年)から1788年(天明8年)にかけて日本を襲った大飢饉である。この飢饉は、冷害や干ばつ、洪水などによって引き起こされ、全国で100万人以上の餓死者を出した。

この飢饉への対応に当たったのが、当時の老中格であった久世広明である。久世広明は、天明6年(1786年)に老中首座となり、飢饉対策を指揮した。久世広明は、全国各地に備蓄していた米を放出し、飢餓に苦しむ人々に配給した。また、飢饉によって荒廃した田畑の復興を支援し、新たな食料の生産を促した。

久世広明の飢饉対策は、その後の天保の飢饉(1833年~1837年)や慶応の飢饉(1866年~1869年)などの大飢饉への対応のモデルとなった。久世広明は、天明の飢饉を乗り越えたことで、国民から絶大な支持を集め、その功績は今日に至るまで語り継がれている。

久世広明の飢饉対策の具体例を以下に挙げる。

* 全国各地に備蓄していた米を放出し、飢餓に苦しむ人々に配給した。
* 飢饉によって荒廃した田畑の復興を支援し、新たな食料の生産を促した。
* 飢饉によって職を失った人々に職を与えるための公共事業を実施した。
* 飢饉によって困窮した人々を救済するための慈善団体を設立した。

久世広明の飢饉対策は、その後の天保の飢饉や慶応の飢饉などの大飢饉への対応のモデルとなった。久世広明は、天明の飢饉を乗り越えたことで、国民から絶大な支持を集め、その功績は今日に至るまで語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました