生部道麻呂:奈良時代の防人で歌人

生部道麻呂:奈良時代の防人で歌人

生部道麻呂とは?

生部道麻呂とは?

生部道麻呂とは?

生部道麻呂は、奈良時代の防人で歌人です。生没年は不詳ですが、737年に防人として九州に派遣されたことが知られています。生部道麻呂は、防人として九州に派遣されるまでの経歴についてはほとんど分かっていません。しかし、防人として筑紫に派遣された際に詠んだ歌が『万葉集』に収められており、その歌から生部道麻呂の人物像を垣間見ることができます。

生部道麻呂の歌は、防人として九州に派遣された際の心情を詠ったものが多く、故郷への望郷の念や、戦地での不安や寂しさなどが率直に表現されています。また、生部道麻呂の歌は、防人として九州に派遣された際に詠んだ歌がほとんどであるため、当時の防人の生活や心情を知る上で貴重な資料となっています。

生部道麻呂の歌は、その素朴な表現と率直な感情表現が高く評価されており、万葉集の中でも屈指の名歌とされています。また、生部道麻呂は、防人として九州に派遣された際に詠んだ歌が『万葉集』に収められているため、当時の防人の生活や心情を知る上で貴重な資料となっています。

生部道麻呂の経歴

生部道麻呂の経歴

生部道麻呂の経歴

生部道麻呂は、奈良時代の防人で歌人であり、生没年は不詳です。薩摩国(現在の鹿児島県)出身で、防人に選ばれて筑紫国(現在の福岡県)に派遣され、その際に詠んだ歌が『万葉集』に収められています。

生部道麻呂が防人として派遣されたのは、天平19年(747年)のことです。このとき、彼は20歳前後だったと推定されています。防人とは、辺境の警備のために徴用された兵士のことです。生部道麻呂は、筑紫国に派遣されてから、約2年間、警備の任務にあたりました。

防人として筑紫国に滞在している間、生部道麻呂は、多くの歌を詠みました。その歌は、『万葉集』に収められており、防人の心情や筑紫国の風土を詠んだものが多いです。

生部道麻呂の歌の中で、最も有名なのは、「防人の歌」です。この歌は、筑紫国に派遣された防人たちが、故郷を懐かしみ、家族や友人に宛てて詠んだものです。

「防人の歌」は、防人の心情をリアルに描写した歌として知られており、後世の歌人たちに大きな影響を与えました。

生部道麻呂は、防人として筑紫国に派遣された後、無事に故郷に帰還しました。その後、彼の消息は不明です。

生部道麻呂は、防人として、筑紫国に派遣された経験を元に、多くの歌を詠みました。その歌は、『万葉集』に収められており、防人の心情や筑紫国の風土を詠んだものが多いです。

生部道麻呂の歌は、防人の心情をリアルに描写した歌として知られており、後世の歌人たちに大きな影響を与えました。

生部道麻呂の歌

生部道麻呂の歌

生部道麻呂の歌

生部道麻呂は、奈良時代の防人として越中に派遣されました。防人は、国境や海辺を守るために派遣される兵士のことです。道麻呂は、越中での生活や心情を歌に詠んでいます。

道麻呂の歌の特徴は、故郷への思いが強いことです。防人として越中に派遣された道麻呂は、故郷を離れて暮らすことに強い寂しさを覚えていました。そのため、道麻呂の歌には、故郷を思う気持ちが強く表れています。

また、道麻呂の歌は、自然を詠んだものが多いことも特徴です。道麻呂は、越中の美しい自然を歌に詠んでいます。道麻呂の歌には、越中の豊かな自然が生き生きと描かれています。

道麻呂の歌は、奈良時代の防人の生活や心情を伝える貴重な資料です。また、道麻呂の歌は、自然の美しさや故郷への思いを詠んだ秀逸な歌としても評価されています。

道麻呂の歌の代表作には、次のようなものがあります。

* 「越の国に 来しよりこのかた 恋ひ死なば 告げよ我妻に 辛苦は告ぐな」
* 「草枕 旅の愁ひに 我が恋ふる 妻や子どもは 安けむかも」
* 「越の国に 来しよりこのかた 思ふこと 妹に逢はむ日を 恋に恋ひつつ」

道麻呂の歌は、奈良時代の防人の生活や心情を伝える貴重な資料です。また、道麻呂の歌は、自然の美しさや故郷への思いを詠んだ秀逸な歌としても評価されています。

タイトルとURLをコピーしました