「久世広当」

「久世広当」

大坂の陣と久世広当

大坂の陣と久世広当

大坂の陣と久世広当

久世広当は大坂の陣において、徳川家康の側近として活躍しました。彼は、慶長19年(1614年)の冬、大坂城を包囲した徳川家康の軍勢に加わり、翌年夏の天王寺の戦いで、豊臣軍を破ることに貢献しました。また、慶長20年(1615年)の夏の天王寺の戦いで、豊臣軍を破ることに貢献しました。また、慶長20年(1615年)の夏の陣では、真田信繁の軍勢と戦い、勝利を収めました。

久世広当は、大坂の陣において、徳川家康の勝利に大きく貢献した功績が認められ、戦後、肥後国熊本藩の藩主に取り立てられました。彼は、熊本藩主として、藩政の改革を行い、領内の経済や文化の発展に尽力しました。また、彼は、京都の西本願寺や東本願寺の再建にも協力し、仏教の復興に努めました。

久世広当は、慶長26年(1621年)に死去しました。彼の死後、熊本藩は、彼の長男である久世広政が継承しました。久世広政は、父である久世広当の遺志を受け継ぎ、藩政の改革を行い、領内の経済や文化の発展に努めました。また、彼は、京都の西本願寺や東本願寺の再建にも協力し、仏教の復興に努めました。

久世広当の最期

久世広当の最期

-久世広当の最期-

久世広当は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。織田信長に仕え、本能寺の変後は羽柴秀吉に仕えました。賤ヶ岳の戦いでは豊臣秀長軍を破り、秀吉から感状を賜りました。しかし、小田原征伐の際に北条氏政に寝返り、秀吉の怒りを買いました。

秀吉は広当を討伐するため、小早川隆景を総大将とする軍勢を派遣しました。広当は籠城するも、隆景の軍勢の攻撃に耐えきれず、降伏しました。広当は、京都六条河原で斬首されました。

広当の最期は、主君たる秀吉に対して、裏切りを働いた報いを受けたものとされています。しかし、広当には、秀吉に対する不満もあったと言われています。秀吉は、賤ヶ岳の戦いで広当の功績を認める一方で、広当の領地を削減しました。また、広当は、秀吉の側近である石田三成を嫌っていました。

広当の裏切りは、秀吉にとって大きな痛手となりました。秀吉は、広当を討伐するために、多大な兵力と時間を費やしました。また、広当の裏切りは、秀吉の威信を傷つけることにもなりました。

広当の最期は、戦国時代における主従関係の厳しさを物語っています。主君に対する忠義は、武士にとって最も重要な美徳とされました。しかし、主君が武士の利益を損なうような行為をすれば、武士が主君に叛旗を翻すこともありました。広当の裏切りは、主従関係の限界を示す一例となっています。

タイトルとURLをコピーしました