「井汲唯一」とは?幕末の武士の概要

「井汲唯一」とは?幕末の武士の概要

井汲唯一の生涯

井汲唯一の生涯

小見出し 井汲唯一の生涯

井汲唯一(いぐみ ただいち)は、幕末の武士。井伊直弼の側近として幕政に関わったことで知られる。

1811年、近江国坂田郡飯道村(現在の滋賀県長浜市)の武家家に生まれた。幼名は徳松。18歳で江戸に出て、旗本である井伊直弼の馬廻り(側近)となる。

1844年、直弼が老中首座に就任すると、唯一は直弼の命を受けて、幕政改革に尽力する。1853年、ペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航すると、唯一は直弼とともに、ペリーとの交渉にあたる。

1858年、日米修好通商条約が締結されると、唯一は条約の批准に反対する。しかし、直弼は条約を強行し、唯一は罷免される。

1860年、桜田門外の変で直弼が暗殺されると、唯一は直弼の遺志を継いで、幕政を立て直そうと活動する。しかし、1868年、明治維新が起こると、唯一は新政府に降伏し、東京に隠棲した。

1878年、東京で死去。享年68。

唯一は、幕末の動乱期にあって、直弼を支え、幕政改革に尽力した武士であった。

井汲唯一の功績

井汲唯一の功績

井汲唯一の功績

井汲唯一は、幕末の武士であり、尊王攘夷派の志士として活躍しました。天保15年(1844年)に京都で生まれ、本名は藤井唯一ですが、井汲政昭の養子となったため、井汲姓を名乗るようになりました。

井汲唯一は、幼い頃から文武両道に優れており、特に剣術と槍術に秀でていました。また、学問にも熱心で、京都の昌平坂学問所で朱子学を学びました。

そして、安政5年(1858年)に起こった日米修好通商条約の締結に反対する攘夷運動に参加するようになりました。そして、文久3年(1863年)に起こった8月18日の政変で攘夷派が失脚すると、井汲唯一は長州藩に亡命しました。

長州藩では、井汲唯一は軍制改革に参加し、奇兵隊の隊長に任命されました。奇兵隊は、長州藩の精鋭部隊であり、井汲唯一は奇兵隊を率いて、幕府軍と戦いました。

そして、慶応2年(1866年)に起こった戊辰戦争では、井汲唯一は奇兵隊を率いて、幕府軍と戦いました。戊辰戦争は、幕府軍が敗北し、明治維新が成し遂げられました。

明治維新後は、井汲唯一は新政府に出仕し、陸軍中佐に任命されました。そして、明治元年(1868年)に起こった箱館戦争では、政府軍の総督として、榎本武揚率いる幕府軍と戦いました。

箱館戦争は、政府軍が勝利し、榎本武揚は降伏しました。そして、井汲唯一は、箱館戦争の功績により、陸軍少将に昇進しました。

井汲唯一は、その後も陸軍で活躍し、明治11年(1878年)に陸軍中将に昇進しました。そして、明治23年(1890年)に死去しました。

井汲唯一の思想

井汲唯一の思想

井汲唯一の思想

井汲唯一は、尊皇攘夷を唱え、幕府を倒して新しい日本を作ることを目指していた。彼は、尊皇攘夷の思想を広めるために、各地を遊説し、志士たちを糾合した。また、戊辰戦争では、新政府軍に加わり、幕府軍と戦った。彼の思想は、明治維新後の日本の近代化に大きな影響を与えた。

井汲唯一の思想の大きな特徴の一つは、尊皇攘夷を唱えていたことである。尊皇攘夷とは、天皇を尊び、外国勢力を排斥しようとする思想である。井汲唯一は、日本は天皇を中心とした国家であり、外国勢力の介入を許すべきではないと考えていた。また、彼は、日本は独立した国家であるべきであり、外国勢力の支配を受け入れるべきではないと考えていた。

井汲唯一の思想のもう一つの特徴は、新しい日本を作ろうとしていたことである。井汲唯一は、幕府の支配する日本は腐敗しており、新しい日本を作らなければならないと考えていた。新しい日本は、天皇を中心とした国家であり、外国勢力の介入を許さない国家であるべきだと考えていた。また、新しい日本は、独立した国家であり、外国勢力の支配を受け入れない国家であるべきだと考えていた。

井汲唯一の思想は、明治維新後の日本の近代化に大きな影響を与えた。明治維新後は、天皇を中心とした新しい日本が作られ、外国勢力の介入も許されなくなった。また、日本は独立した国家となり、外国勢力の支配を受け入れることもなくなった。井汲唯一の思想は、明治維新後の日本の近代化を支える大きな原動力となったのである。

タイトルとURLをコピーしました