具足屋宗専 – 江戸時代前期の商人・茶人

具足屋宗専 – 江戸時代前期の商人・茶人

具足屋宗専の生涯

具足屋宗専の生涯

具足屋宗専の生涯

具足屋宗専(ぐそくや そうせん)は、江戸時代前期の商人。茶人、大名貸し。京都洛中の富商の家に生まれ、若くして茶の湯を好み、茶人として名を高めました。宗専は、豊臣秀吉の茶頭である古田織部から茶を学び、織部の影響を強く受けました。織部が亡くなった後、宗専は織部の弟子たちと親交を深め、茶の湯の宗匠として活躍しました。

宗専は、茶の湯以外にも、商売にも長けていました。米の相場取引や大名への貸付などを行い、巨万の富を築きました。また、宗専は武家とのつながりも強く、紀伊徳川家や尾張徳川家などから厚遇を受けました。

宗専は、大名貸しとして、多くの大名に金を貸し付けました。しかし、大名の借金が増大すると、宗専は返済を求めて大名に圧力をかけ、大名を困らせることもありました。そのため、宗専は「悪徳商人」として嫌われることもありました。

宗専は、寛永12年(1635年)に62歳で亡くなりました。宗専の死後は、子の宗恒が家業を継ぎました。宗恒は、父宗専の遺志を継いで、茶人として活躍しました。宗恒は、三代将軍徳川家光の茶道師範を務め、江戸時代を代表する茶人として知られています。

具足屋宗専の茶の湯

具足屋宗専の茶の湯

-具足屋宗専の茶の湯-

具足屋宗専は、江戸時代前期の商人であり、茶人でもありました。彼は、茶の湯において独自のスタイルを確立し、その茶の湯は「宗専流」と呼ばれています。

宗専の茶の湯の特徴は、まず、茶の湯を大衆化しようとした点です。それまでの茶の湯は、一部の上流階級の人々の間で行われていましたが、宗専は茶の湯を庶民にも広めようとしました。そのため、彼は茶の湯の道具をできるだけ簡素にし、庶民でも手に入れやすいようにしました。

また、宗専は茶の湯の作法を簡略化し、気軽に楽しめるようにしました。それまでの茶の湯は、非常に格式ばったものでしたが、宗専は茶の湯の作法を簡略化し、より気軽に楽しめるようにしました。これにより、茶の湯は庶民の間にも広まり、一大ブームとなりました。

宗専の茶の湯は、庶民の間で親しまれ、江戸時代を通じて繁栄しました。そして、明治維新後も宗専の茶の湯は受け継がれ、現在でも多くの茶人によって愛されています。

宗専の茶の湯の代表的な道具には、宗専釜、宗専茶碗、宗専花入などがあります。これらの道具は、どれもシンプルで洗練されたデザインで、宗専の茶の湯の精神を体現しています。

宗専の茶の湯は、江戸時代の茶の湯に大きな影響を与えただけでなく、現代の茶の湯にも影響を与えています。宗専の茶の湯の簡素で洗練されたスタイルは、現代の人々にも受け入れられやすく、多くの茶人によって愛されています。

具足屋宗専と大徳寺住持清巌宗渭

具足屋宗専と大徳寺住持清巌宗渭

-具足屋宗専と大徳寺住持清巌宗渭-

-大徳寺再建による文化復興-

具足屋宗専は、江戸時代前期に活躍した商人・茶人であり、大徳寺住持清巌宗渭と親交があった。宗渭は、大徳寺を再建し、文化復興に尽力した人物として知られており、宗専は彼の支援者として重要な役割を果たした。

宗専は、1576年(天正4年)に肥後国(現在の熊本県)に生まれた。幼い頃から茶道を学び、茶人の千利休に師事。利休の死後、武家茶道の祖である小堀政一に師事し、茶道の奥義を極めた。その後、京都に移住し、茶道具商を開業。豊臣秀吉や徳川家康など、政界や文化界の重鎮と親交を深めた。

1615年(慶長20年)、豊臣氏が滅亡し、徳川幕府が成立。宗専は、徳川家康から御用商人に任命され、幕府の茶道を担うことになった。宗専は、幕府の茶道政策を推進し、茶道の普及と発展に尽力した。

1625年(寛永2年)、宗専は、大徳寺住持清巌宗渭と出会い、親交を深めた。宗渭は、1577年(天正5年)に摂津国(現在の兵庫県)に生まれた。幼い頃から禅を学び、大徳寺の龍泉院で修業。1624年(寛永元年)、大徳寺の住持に就任。宗渭は、大徳寺を再建し、文化復興に尽力した。

宗専は、宗渭の大徳寺再建を支援し、茶道具や資金を提供した。宗渭も、宗専の茶道の才能を高く評価し、彼を茶頭として重用した。宗専と宗渭は、茶道を通じて親交を深め、互いに協力して大徳寺の文化復興に貢献した。

宗専は、1647年(正保4年)に京都で死去した。享年72歳。宗専の死後、大徳寺は、宗渭の尽力により再建され、文化復興が実現した。宗専と宗渭は、大徳寺の文化復興に貢献した功績を称えられ、現在でも大徳寺に祀られている。

タイトルとURLをコピーしました