「百済昌成」(?-674)

「百済昌成」(?-674)

百済昌成の概要

百済昌成の概要

「百済昌成の概要」

百済昌成は、百済の第33代にして最後の王である。百済最後の首都である泗沘城(サピョンソン)を唐・新羅軍に落とされて、唐に降伏後、百済の亡命貴族らに担がれて百済を再興した。

百済昌成は、百済武王の子として生まれた。660年に父王が死去すると、王位を継いだ。武王の死後、百済は国力が衰退し、唐と新羅の侵攻を招いた。

663年に唐・新羅軍が百済に侵攻し、泗沘城を包囲した。百済は唐・新羅軍の攻撃に抵抗したが、664年に泗沘城が陥落し、百済は滅亡した。

百済の滅亡後、百済昌成は唐に降伏した。唐は百済昌成を荊州の刺史に任じた。荊州で百済昌成は、百済の亡命貴族らを集め、百済の再興を計画した。

671年に百済昌成は、唐の許可を得て、百済を再興した。百済昌成は、百済の王として、高句麗や新羅と戦った。しかし、百済は唐や新羅の攻撃に耐えられず、674年に滅亡した。

百済昌成は、百済の最後の王として、百済の再興に尽力した。百済は、唐や新羅の攻撃に耐えられず、滅亡したが、百済昌成の百済再興の努力は、百済の歴史において重要な意味を持っている。

百済昌成の生涯

百済昌成の生涯

「百済昌成」(?-674)

百済昌成の生涯

百済昌成は百済の第30代王であり、百済の中興の祖と呼ばれています。生年は不詳ですが、641年に百済の王位に就いたと言われています。

昌成は、百済が新羅や唐に攻撃され、領土が狭められていた時代に王位に就きました。昌成は、新羅や唐との戦いに勝利し、百済を復興させました。

660年に、新羅が百済の首都である泗沘を攻め落としました。昌成は、泗沘を奪還するため、新羅との戦いを続けました。

663年に、唐が百済を攻撃しました。昌成は、唐の攻撃を撃退しましたが、百済は唐の属国になりました。

674年に、昌成は新羅と唐の連合軍に敗れ、百済は滅亡しました。昌成は、百済の滅亡後、唐に亡命しました。

昌成は、百済の滅亡後も、百済復興のために努力を続けました。677年に、昌成は唐の皇帝の許可を得て、百済復興のために日本に渡りました。

昌成は、日本で百済復興のための支援を得ましたが、678年に没しました。昌成の死後、百済復興の夢は叶いませんでした。

百済昌成の功績

百済昌成の功績

-百済昌成の功績-

百済昌成は、6世紀後半から7世紀初頭にかけて百済で活躍した政治家・軍事指導者です。父は百済の第31代王である威徳王、母は神王后です。

昌成は、582年に百済の太子に冊立されました。599年に威徳王が死去すると、昌成は即位して第32代王となりました。

昌成は、即位後すぐに新羅と高句麗の連合軍に攻め込まれ、都の泗沘城を陥落させられました。昌成は、倭国に亡命しましたが、602年に帰国して百済を再建しました。

昌成は、607年に百済の首都を熊津城に移しました。熊津城は、百済の南端にある堅固な城塞都市であり、新羅や高句麗からの攻撃を防ぐことができました。

昌成は、618年に唐が成立すると、唐と友好関係を築きました。唐は、百済に軍事援助を行い、新羅や高句麗に対抗するのを助けました。

昌成は、642年に新羅に攻め込まれて、熊津城が陥落させられました。昌成は、扶余に逃亡しましたが、645年に新羅軍に捕らえられ、処刑されました。

昌成は、百済の再建に尽力し、唐と友好関係を築くなど、百済の発展に貢献しました。しかし、新羅の攻撃により、百済は滅亡してしまいました。

タイトルとURLをコピーしました