愚中周及-南北朝~室町時代の僧侶

愚中周及-南北朝~室町時代の僧侶

愚中周及の生涯

愚中周及の生涯

-愚中周及の生涯-

愚中周及(ぐちゅうしゅうきょう、1305年 – 1375年)は、南北朝~室町時代の僧侶です。愚中周及は、山城国(現在の京都府)に生まれ、幼い頃から仏教に親しみました。15歳の時に出家し、建仁寺で修行しました。その後、比叡山延暦寺に移り、高弁信重に師事しました。

1333年、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒し、建武の新政が始まると、愚中周及は建武政権に参加しました。南朝と北朝に分裂すると、愚中周及は南朝に属しました。1336年、南朝が京都を奪還すると、愚中周及は京都南禅寺の住持となりました。

1338年、北朝が京都を奪還すると、愚中周及は再び南朝に逃れました。南朝が吉野に遷都すると、愚中周及も吉野に移り住みました。吉野では、愚中周及は南朝の有力な僧侶として活躍しました。

1352年、愚中周及は後村上天皇の命により、北朝との和睦交渉を行いました。しかし、和睦交渉は失敗に終わり、南北朝の分裂はさらに深まりました。愚中周及は、南北朝の分裂を憂い、和平を訴え続けました。

1375年、愚中周及は71歳で亡くなりました。愚中周及は、南北朝の分裂を憂い、和平を訴え続けた僧侶として知られています。愚中周及の死後、南北朝の分裂はさらに激化し、室町幕府の崩壊まで続きました。

愚中周及の思想

愚中周及の思想

愚中周及の思想

愚中周及は、南北朝~室町時代の臨済宗の僧侶で、曹洞宗の道元、法華宗の日蓮と並び、鎌倉仏教を代表する人物の一人です。愚中周及は、1274年に越前国(現在の福井県)に生まれ、1350年に76歳で亡くなりました。

愚中周及は、若い頃から仏教に帰依し、1295年に京都の建仁寺で出家しました。その後、各地の禅寺を巡錫し、1301年に宋に渡って修行しました。宋では、臨済宗の巨匠である雪巌慧遠に師事し、臨済宗の正統な法脈を継承しました。

愚中周及は、1312年に日本に帰国し、京都に建長寺を開創しました。建長寺は、臨済宗の五大禅寺の一つであり、愚中周及の教えは、多くの弟子たちに受け継がれました。

愚中周及の思想は、「一切衆生を救済する」という慈悲の精神を根幹としています。愚中周及は、人々は皆、仏性を有しており、仏になる可能性があると説きました。そして、そのために必要なのは、坐禅によって自分の心を鍛え、悟りを開くことであると説きました。

愚中周及の教えは、庶民の間にも広く受け入れられ、その思想は、日本の文化や社会に大きな影響を与えました。愚中周及の思想は、今日でもなお、多くの人々に影響を与え続けています。

愚中周及の弟子たち

愚中周及の弟子たち

愚中周及の弟子たち

愚中周及は、多くの弟子を育て、その教えを広く伝えた。その中でも、特に有名な弟子を挙げるならば以下の6人が挙げられる。

一休宗純(1394-1481)
一休宗純は、愚中周及の弟子の中でも最も有名な人物の一人である。彼は、室町時代後期に活躍した禅僧であり、詩人、書家としても知られている。一休宗純は、愚中周及に師事し、その教えを深く受けた。彼は、愚中周及の死後、その跡を継いで東福寺の住持となった。

宗峰妙超(1327-1386)
宗峰妙超は、愚中周及の弟子の中で、最も早くにその教えを伝えた人物の一人である。彼は、元々は曹洞宗の僧侶であったが、愚中周及に師事し、その教えに感銘を受けて臨済宗に転じた。宗峰妙超は、愚中周及の死後、その跡を継いで天龍寺の住持となった。

雪村友梅(1450-1506)
雪村友梅は、愚中周及の弟子の中でも、最も優れた画僧の一人として知られている。彼は、元々は禅僧であったが、絵画の才能を開花させ、画僧として活躍するようになった。雪村友梅は、愚中周及の死後、その跡を継いで東福寺の住持となった。

竺仙操(1323-1388)
竺仙操は、愚中周及の弟子の中で、最も優れた詩僧の一人として知られている。彼は、元々は禅僧であったが、詩の才能を開花させ、詩僧として活躍するようになった。竺仙操は、愚中周及の死後、その跡を継いで天龍寺の住持となった。

南浦紹明(1267-1360)
南浦紹明は、愚中周及の弟子の中で、最も優れた禅僧の一人として知られている。彼は、元々は曹洞宗の僧侶であったが、愚中周及に師事し、その教えに感銘を受けて臨済宗に転じた。南浦紹明は、愚中周及の死後、その跡を継いで東福寺の住持となった。

梅渓了摂(1275-1350)
梅渓了摂は、愚中周及の弟子の中で、最も優れた禅僧の一人として知られている。彼は、元々は曹洞宗の僧侶であったが、愚中周及に師事し、その教えに感銘を受けて臨済宗に転じた。梅渓了摂は、愚中周及の死後、その跡を継いで天龍寺の住持となった。

愚中周及の弟子たちは、それぞれが優れた才能を持ち、その教えを広く伝えた。彼らは、室町時代の禅宗の発展に大きく貢献し、日本の文化に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました