朽木綱貞(1)

朽木綱貞(1)

朽木綱貞の生涯

朽木綱貞の生涯

朽木綱貞の生涯

朽木綱貞は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名です。朽木氏第17代当主として、美濃国郡上郡において1万石を領しました。

綱貞は、永禄12年(1569年)に朽木元綱の子として生まれました。天正10年(1582年)に本能寺の変が起こると、織田信長に仕えていた綱貞は、明智光秀に属して山崎の戦いに参加しました。しかし、光秀が羽柴秀吉に敗れると、綱貞は秀吉に降伏しました。

天正13年(1585年)、秀吉の九州平定に従軍した綱貞は、その功績により肥後国八代郡に3万石を与えられました。天正18年(1590年)、秀吉の小田原征伐に従軍した綱貞は、その功績により美濃国郡上郡に1万石を与えられました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、綱貞は西軍に属して岐阜城を守備しました。しかし、岐阜城は東軍の攻撃により落城し、綱貞は捕らえられました。綱貞は秀吉の旧臣であったため、秀吉の恩顧を忘れたとして徳川家康に処刑されました。

綱貞の死後、朽木氏は家督争いが起こり、朽木氏は改易されました。しかし、綱貞の孫である朽木綱豊が、慶長19年(1614年)に大坂冬の陣で徳川家康に味方した功績により、朽木氏は再興されました。

朽木綱貞の功績

朽木綱貞の功績

朽木綱貞の功績

朽木綱貞は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名です。近江国朽木藩の初代藩主でした。

綱貞は、朽木氏の一族である朽木元綱の次男として生まれました。幼名は、梅千代丸。後に喜多という名を名乗りますが、後に元綱の養嗣子となります。

綱貞は、1585年に、父・元綱に代わって朽木藩の藩主となります。当時は、豊臣秀吉が天下統一を目指して各地を転戦しており、綱貞も秀吉に従って各地を転戦しました。

1590年、綱貞は、小田原征伐に参加します。この戦いで、綱貞は、秀吉から感状を与えられました。

1593年、綱貞は、文禄の役に参加します。この戦いで、綱貞は、朝鮮半島に渡り、明軍と戦いました。

1598年、綱貞は、秀吉の死後、徳川家康に臣従します。関ヶ原の戦いで、綱貞は、家康に従って西軍と戦いました。この戦いで、綱貞は、家康から感状を与えられました。

1603年、綱貞は、江戸幕府から朽木藩の所領を安堵されます。これにより、綱貞は、朽木藩の藩主として認められました。

綱貞は、朽木藩の藩主として、藩政に励みました。綱貞は、領内の開発や、産業の振興に努めました。また、綱貞は、文武を奨励し、朽木藩に文化を花開かせました。

綱貞は、1632年に死去しました。享年71。綱貞の跡を、嫡男の綱豊が継ぎました。

朽木綱貞の人物像

朽木綱貞の人物像

朽木綱貞の人物像

朽木綱貞は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。丹波国(現在の京都府北部)の戦国大名・朽木玄綱の嫡男として生まれる。

綱貞は、幼い頃から武芸に優れ、また、知勇兼備の人物であったと伝えられる。

1563年、18歳の時に、父・玄綱が病死したため、家督を継いだ。

綱貞は、家督を継ぐと、丹波国内の統一に取り組んだ。

当時、丹波国は、複数の国人が割拠しており、戦乱が絶えなかった。

綱貞は、まず、丹波国東部の国人領主を次々と降伏させ、丹波国東部を統一した。

その後、丹波国西部の国人領主を攻撃し、丹波国の統一を完成させた。

1582年、本能寺の変が発生すると、綱貞は、羽柴秀吉に味方した。

秀吉は、綱貞の丹波国統一を認め、丹波国一国を与えた。

綱貞は、秀吉の配下として、九州征伐、小田原征伐などに参加した。

また、丹波国内の統治にも尽力し、丹波国を繁栄させた。

1598年、綱貞は、豊臣秀吉の死後、徳川家康に仕えた。

家康は、綱貞の忠勤を賞し、丹波国一国と丹波国西部の国人領主を綱貞に与えた。

綱貞は、家康の配下として、関ヶ原の戦いに参加し、徳川家の勝利に貢献した。

1610年、綱貞は、65歳で死去した。

綱貞は、丹波国を統一し、豊臣秀吉、徳川家康に仕えた名将であった。

また、丹波国内の統治にも尽力し、丹波国を繁栄させた。

タイトルとURLをコピーしました