朽木経氏-南北朝時代の武将-【】

朽木経氏-南北朝時代の武将-【】

朽木経氏の生涯と業績

朽木経氏の生涯と業績

朽木経氏-南北朝時代の武将-

朽木経氏の生涯と業績

朽木経氏(くつき つねうじ)は、南北朝時代の武将である。朽木氏の祖とされる。

1. 生い立ちと家督相続

経氏は、延元2年(1337年)、近江国朽木荘(現・滋賀県高島市朽木)の豪族・朽木貞綱の子として生まれた。貞綱は、足利尊氏の弟である足利直義の側近として活躍した人物である。

1352年、尊氏と直義が対立して南北朝の内乱が始まると、経氏は直義派として尊氏派と戦った。しかし、延文4年(1359年)に直義が尊氏によって討たれると、経氏は尊氏に降伏した。

2. 南北朝の内乱

経氏は、尊氏に降伏した後、その側近として仕えた。正平14年(1359年)、尊氏は九州に下向して北朝政権を樹立し、経氏も九州に随行した。

正平17年(1362年)、尊氏は九州で死去し、その子である足利義詮が北朝政権を継承した。経氏は、義詮に仕えて九州の平定に従事した。

正平23年(1368年)、経氏は北朝軍の総大将として、南朝方の九州探題である菊池武光と戦った。この戦いで経氏は武光を破り、九州を北朝に平定した。

3. 朽木氏の祖として

経氏は、九州平定の後、近江国朽木荘に帰還した。そして、朽木氏の祖として、朽木氏の基礎を築いた。

経氏は、文明3年(1471年)に死去した。享年65。

4. 業績

経氏は、南北朝の内乱において、北朝方の武将として活躍した。九州平定の功績により、足利義満から朽木氏の名字と家紋を賜った。

経氏は、また、朽木氏の祖として、朽木氏の基礎を築いた。朽木氏は、近江国朽木荘を本拠地として、戦国時代まで続く有力な国人領主となった。

朽木経氏の功績と評価

朽木経氏の功績と評価

朽木経氏の功績と評価

朽木経氏は、南北朝時代の武将で、南朝の忠臣として知られています。

経氏は、延元元年(1336年)に生まれたとされ、建武2年(1335年)に勃発した建武の乱では、南朝方の武将として活躍しました。

建武3年(1336年)に足利尊氏の軍勢が京都を攻め落とすと、経氏は南朝方の拠点である吉野に逃れ、後醍醐天皇を支えました。

その後、経氏は南朝方の武将として各地を転戦し、正平6年(1351年)には、尊氏の軍勢を破って京都を奪還しました。

しかし、尊氏の軍勢はすぐに反撃し、経氏は京都を奪い返されてしまいました。

正平9年(1354年)、経氏は南朝方の武将である楠木正成と協力して、尊氏の軍勢を再び破って京都を奪還しました。

しかし、この時も尊氏の軍勢はすぐに反撃し、経氏は京都を奪い返されてしまいました。

正平11年(1356年)、経氏は尊氏の軍勢と戦って戦死しました。

経氏は、南朝方の忠臣として最後まで戦い抜き、その功績は高く評価されています。

経氏は、武勇に優れた武将であるだけでなく、和歌や連歌にも秀でていました。

また、経氏は、南朝の忠臣として後世の人々から敬慕され、その功績は語り継がれています。

朽木経氏ゆかりの地

朽木経氏ゆかりの地

朽木経氏ゆかりの地

朽木経氏は、南北朝時代の武将であり、近江国朽木氏の祖とされる人物です。朽木氏は、平安時代末期から近江国朽木郷を領した有力な豪族で、経氏はその第14代当主でした。経氏は、南朝方の武将として活躍し、足利尊氏率いる北朝軍と戦いました。建武3年(1336年)には、尊氏の軍を近江国浅井郡で破り、延元4年(1339年)には、尊氏の本拠地である京都を攻撃しました。しかし、尊氏の反撃を受けて京都から撤退し、近江国に帰還しました。

その後、経氏は南朝方の拠点である吉野に滞在し、南朝方の武将として戦い続けました。正平23年/応安元年(1370年)には、尊氏の嫡男である足利義詮が率いる軍と近江国で戦いましたが、敗れて戦死しました。

朽木経氏は、近江国朽木郷の領主であり、南朝方の武将として活躍した人物です。彼のゆかりの地は、近江国朽木郷を中心に数多く残されています。

-朽木経氏ゆかりの地-

* 朽木城朽木経氏の居城であった城で、近江国朽木郷に所在する。
* 朽木神社朽木経氏を祀る神社で、近江国朽木郷に所在する。
* 朽木経氏墓所朽木経氏の墓所は、近江国朽木郷にある朽木神社の境内に所在する。
* 朽木経氏謫居跡朽木経氏は、正平23年/応安元年(1370年)に尊氏の嫡男である足利義詮が率いる軍に敗れ、近江国朽木郷に蟄居した。その謫居跡は、近江国朽木郷にある朽木神社の境内に所在する。
* 朽木経氏合戦場跡朽木経氏は、正平23年/応安元年(1370年)に尊氏の嫡男である足利義詮が率いる軍と近江国朽木郷で戦った。その合戦場跡は、近江国朽木郷にある朽木神社の境内に所在する。

朽木経氏のゆかりの地は、近江国朽木郷を中心に数多く残されています。これらの史跡を訪れることで、朽木経氏の生涯や功績を知ることができます。

タイトルとURLをコピーしました