朽木元綱 〜織豊-江戸時代前期の武将〜

朽木元綱 〜織豊-江戸時代前期の武将〜

朽木元綱とは

朽木元綱とは

朽木元綱とは

朽木元綱は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将であり、丹波国の守護大名であった。別名は丹波守、法名は元珍、後に元信。

朽木氏は、近江国朽木を拠点とした国人領主である。元綱は、永禄10年(1567)に朽木政綱の子として生まれた。元綱は、幼い頃から武芸に秀で、天正10年(1582)の本能寺の変で父が織田信長に謀殺されると、その跡を継いだ。元綱は、豊臣秀吉に仕え、天正14年(1586)の九州平定に参陣した。また、文禄・慶長の役にも従軍し、武功を挙げた。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して戦った。元綱は、徳川家康の命を受けて丹波国に侵攻し、西軍の細川忠興を破った。その後、元綱は丹波国を与えられ、山城国亀山城を居城とした。元綱は、丹波国の復興に尽力し、領内の安定と発展に貢献した。

元綱は、寛永16年(1639)に死去し、跡を嫡男の綱豊が継いだ。綱豊は、元綱の遺志を継ぎ、丹波国の発展に努めた。朽木氏は、江戸時代を通じて丹波国の大名として存続し、明治維新まで続いた。

朽木元綱の生涯

朽木元綱の生涯

朽木元綱の生涯

朽木元綱は、織豊-江戸時代前期の武将です。近江国朽木氏の当主であり、朽木貞綱の子として生まれました。

元綱は、豊臣秀吉に仕えて、朝鮮出兵に従軍しました。文禄4年(1595年)に秀吉が亡くなると、豊臣家内部は対立が激化し、慶長5年(1600年)に徳川家康が会津の上杉景勝討伐を名目に挙兵すると、元綱は家康の東軍に加わりました。

関ヶ原の戦いでは、元綱は、家康の本隊に属して、西軍の石田三成と戦いました。戦後、元綱は、功績を賞されて、近江国朽木郡6万石を領有し、大名となりました。

元綱は、大名として領国を統治する一方で、文芸を奨励し、多くの歌人を輩出しました。また、元綱は、近江国に多くの寺社を建立し、仏教の保護にも努めました。

元綱は、寛永14年(1637年)に68歳で亡くなりました。跡を長男の朽木稙綱が継ぎました。

朽木元綱の功績

朽木元綱の功績

-朽木元綱の功績-

朽木元綱は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。

元綱は、近江国朽木谷の戦国大名であり、朽木氏の当主でした。桶狭間の戦いで信長に敗れ、臣下となりましたが、その軍才を認められて重用されました。

信長の死後は、秀吉に仕え、九州征伐、朝鮮出兵に従軍しました。朝鮮出兵では、小西行長が率いる第二軍の一員として参加し、釜山、蔚山、平壌などの戦いで功績を挙げ、秀吉の死後も徳川家康に仕えました。

関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に加わり、活躍しました。戦後、近江国朽木谷に2万石の所領を与えられ、大名として取り立てられました。

元綱は、戦場での勇猛果敢な戦いぶり、家臣を大切にする人柄、領民を慈しむ統治手腕などで知られ、近江国の名君として称えられています。

-元綱が築いた朽木城-

朽木元綱が築いた朽木城は、近江国朽木谷に位置する山城です。

元綱は、信長の家臣となった後、朽木谷に城を築き、居城としました。城は、山を利用して築かれた天然の要害であり、石垣や堀などの防御施設を備えていました。

朽木城は、元綱が徳川家康に仕えていた頃、西軍の攻撃を受けましたが、元綱は城を守り切り、西軍を撃退しました。

朽木城は、江戸時代初期に廃城となりましたが、現在も跡地には石垣や堀などの遺構が残っています。

-戦国時代の朽木城の戦い-

朽木城は、戦国時代には、織田信長、明智光秀、豊臣秀吉などの武将に攻められましたが、いずれも撃退しています。

1570年、信長は、朽木城を攻めましたが、元綱は城を守り切り、信長を撃退しました。

1582年、本能寺の変で信長が亡くなると、明智光秀が朽木城を攻めましたが、元綱は城を守り切り、光秀を撃退しました。

1583年、秀吉は、朽木城を攻めましたが、元綱は城を守り切り、秀吉と和睦しました。

朽木城は、戦国時代には、近江国の重要な拠点であり、元綱の活躍によって、城は守られました。

朽木元綱は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将であり、その功績は大きく、朽木城は、戦国時代の貴重な史跡です。

タイトルとURLをコピーしました