忽那重清 – 鎌倉・南北朝時代の猛将

忽那重清 – 鎌倉・南北朝時代の猛将

忽那重清とは?

忽那重清とは?

-忽那重清とは?-

忽那重清(くつな・しげきよ)は、中世、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての武将、菊池氏の家臣、肥後菊池氏の庶流である忽那氏の当主です。
南北朝時代において南朝方の忠臣として活躍。少人数で幕府軍を打ち破った「金崎の戦」など、その武勇は後世まで語り継がれることになります。

1313年、重清は菊池氏の当主・菊池武重の四男として誕生しました。幼い頃より武術に秀で、16歳の時に元弘の乱で鎌倉幕府打倒に貢献し、建武政権樹立に尽力しました。しかし、建武政権が倒れ、北朝が成立すると、重清は南朝に仕え、幕府軍と戦い続けました。

1348年、重清は金崎の戦いで、少人数で幕府軍を打ち破りました。この戦いで、重清はわずか200騎で、幕府軍1万騎を相手に善戦し、見事勝利を収めました。この武勇は、後世まで語り継がれることになり、重清は「肥後の赤鬼」と恐れられるようになりました。

1361年、重清は南朝の忠臣・楠木正成の死後、南朝方の総大将に任命されました。重清は、幕府軍と戦い続け、1374年に戦死するまで、南朝方の旗頭として活躍しました。

重清は、その武勇と忠義で後世の人々から賞賛されています。また、重清の活躍は、南北朝時代の歴史を語る上で欠かせないものとなっています。

忽那重清の生涯

忽那重清の生涯

– 忽那重清の生涯

忽那重清は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将である。鎌倉幕府の御家人であり、足利尊氏に仕えて功績を上げた。

-# 生い立ちと鎌倉幕府での活躍

忽那重清は、1297年(永仁5年)に、下野国(現在の栃木県)で生まれた。父は、忽那資重で、鎌倉幕府の御家人であった。

重清は、幼い頃から武芸に優れ、15歳の時に、鎌倉幕府の将軍である足利尊氏に仕えた。尊氏は、重清の武勇を気に入り、重用した。

1333年(元弘3年)に、鎌倉幕府が倒され、後醍醐天皇が復位した。重清は、尊氏に従って、後醍醐天皇に抵抗し、建武の新政を倒した。

-# 南北朝時代の活躍

1336年(建武3年)に、尊氏が室町幕府を開くと、重清は、幕府の重臣として活躍した。重清は、九州や四国に出兵し、功績を上げた。

1352年(正平7年)に、尊氏が死去すると、重清は、尊氏の弟である足利直義に従った。しかし、直義は、尊氏の嫡男である足利義詮と対立し、両者は、南北朝に分かれて争った。

重清は、直義に従って、義詮と戦った。しかし、1357年(正平12年)に、重清は、義詮に敗れて、戦死した。

-# 評価

忽那重清は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、足利尊氏に仕えて功績を上げた武将である。重清は、武勇に優れ、多くの戦いで活躍した。重清は、尊氏に忠実であり、その死後は、尊氏の嫡男である義詮に仕えた。義詮は、重清の死に深く悲しみ、その遺児を保護した。

重清は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、動乱の世を生き抜いた武将である。重清の武勇は、後世に語り継がれている。

忽那重清の功績

忽那重清の功績

-忽那重清の功績-

忽那重清は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。足利尊氏に仕え、数々の戦功をあげました。その功績は、以下のようなものです。

* -元弘3年(1333年)、鎌倉幕府打倒の挙兵に参加し、箱根・竹ノ下の戦いで北条勢を破る。-
* -建武2年(1335年)、足利尊氏が九州に下ると、重清は尊氏に従い西下し、多々良浜の戦いで菊池武敏を破る。-
* -建武3年(1336年)、中先代の乱で尊氏方が京都を占領した際、重清は六波羅探題を焼き払う。-
* -康永元年(1342年)、四条畷の戦いで楠木正成を破る。-
* -貞和4年(1348年)、湊川の戦いで新田義貞を破る。-
* -観応元年(1350年)、尊氏が南朝に降伏した際、重清は尊氏に叛旗を翻し、九州に逃れる。-
* -観応2年(1351年)、尊氏が九州に上陸すると、重清は尊氏に降伏し、九州探題に任じられる。-

忽那重清は、足利尊氏の側近として数々の戦功をあげ、鎌倉・南北朝時代の歴史において重要な役割を果たしました。その功績は、鎌倉・南北朝時代の武人として高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました