忽那重義 – 鎌倉-南北朝時代の武将

忽那重義 – 鎌倉-南北朝時代の武将

忽那重義の生涯と活躍

忽那重義の生涯と活躍

– 忽那重義の生涯と活躍

忽那重義(くつなしげよし)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。足利氏に仕えて活躍し、建武政権、室町幕府の創立にも貢献しました。

忽那重義は、1321年に備前国(現在の岡山県東部)で生まれました。父親は忽那高師、母親は足利氏族の娘です。重義は、幼い頃から足利氏と縁があり、足利尊氏の側近として仕えます。

建武政権が樹立されると、重義は尊氏に従って各地を転戦しました。1336年の湊川の戦いで、重義は楠木正成の軍勢を撃破し、建武政権の崩壊に貢献しました。

1338年に足利尊氏が室町幕府を開くと、重義は幕府の重臣として活躍しました。重義は、幕府の財政を管理する勘合衆の奉行を務め、幕府の経済基盤を固めることに貢献しました。

1352年に重義は、足利尊氏の命を受けて九州に下向しました。重義は、九州の豪族を討伐し、九州を平定することに成功しました。重義は、九州に守護を置いて、足利氏の勢力を拡大しました。

1362年に重義は、62歳で亡くなりました。重義は、足利氏に仕えて活躍し、建武政権、室町幕府の創立に貢献しました。また、重義は、九州を平定し、足利氏の勢力を拡大しました。

忽那重義と伊予風早郡忽那諸島

忽那重義と伊予風早郡忽那諸島

– 忽那重義と伊予風早郡忽那諸島
忽那重義は、鎌倉時代中期から南北朝時代にかけての武将である。伊予国風早郡忽那諸島の豪族であり、忽那島を本拠としていた。

忽那重義は、伊予国風早郡忽那諸島の豪族として生まれ、忽那島を本拠としていた。鎌倉時代には、幕府に仕えて、元寇に従軍した。南北朝時代には、南朝に属し、南朝の勢力拡大に貢献した。

1336年、忽那重義は、南朝方の武将として、伊予国に侵攻してきた足利尊氏の軍を破った。この戦いで、足利尊氏は、忽那重義の軍勢に大敗を喫し、九州に逃亡した。

1338年、忽那重義は、南朝方の武将として、再び、伊予国に侵攻してきた足利尊氏の軍を破った。この戦いで、足利尊氏は、忽那重義の軍勢に大敗を喫し、京都に逃亡した。

1339年、忽那重義は、南朝方の武将として、三たび、伊予国に侵攻してきた足利尊氏の軍を破った。この戦いで、足利尊氏は、忽那重義の軍勢に大敗を喫し、九州に逃亡した。

忽那重義は、南朝方の武将として、足利尊氏の軍と戦い続け、南朝の勢力拡大に貢献した。しかし、1345年、忽那重義は、足利尊氏の軍に敗れて戦死した。

忽那重義は、伊予国風早郡忽那諸島の豪族として、南朝に属し、足利尊氏の軍と戦い続けた武将である。

忽那重義と南朝方としての活動

忽那重義と南朝方としての活動

-忽那重義と南朝方としての活動-

忽那重義は、鎌倉-南北朝時代の武将で、南朝方に属した。彼は、伊予国河野荘(現在の愛媛県松山市)の出身で、河野氏の支族であった。

重義は、若い頃から武勇に優れ、各地を転戦した。建武2年(1335年)、北条氏を滅ぼして建武の新政を樹立した足利尊氏に仕え、鎌倉幕府の再興に貢献した。しかし、尊氏が建武政権に反旗を翻して南北朝の内乱が始まると、重義は尊氏に背き、南朝方に属した。

重義は、南朝方の有力な武将として活躍し、各地で戦った。彼は、延元2年(1337年)に九州に上陸し、南朝方の九州平定に貢献した。また、延元4年(1339年)には、四国に渡り、南朝方の四国平定に貢献した。

重義は、南朝方の武将として活躍したが、正平13年(1358年)に、九州で北朝方の少弐頼尚に敗れて戦死した。重義の死後、南朝方は九州で劣勢となり、やがて九州は北朝方の支配下に入った。

重義は、南朝方の武将として、北朝方と戦った。彼は、武勇に優れ、各地で戦功を挙げた。しかし、正平13年(1358年)に戦死し、南朝方は九州で劣勢となった。

タイトルとURLをコピーしました