忽那義範 – 南北朝時代の武将

忽那義範 – 南北朝時代の武将

忽那義範とは?

忽那義範とは?

# 忽那義範とは?

忽那義範(くつな よしのり)は、南北朝時代の武将。菊池氏の家臣。肥後国菊池郡河尻城主。菊池武重の曾孫。父は忽那資元。子に忽那義通、菊池武安(菊池武装の父)、菊池武包。義父は菊池武敏。

諱については、義範のほか、範義、義矩、範成、義泰など諸説ある。また、菊池氏の一族であることから、菊池義範とも呼ばれる。

忽那氏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて肥後国菊池郡に勢力を有した豪族。菊池氏の庶流にあたる。忽那義範は、その忽那氏の当主であり、菊池氏の有力な家臣であった。

忽那義範は、元弘3年(1333年)に、鎌倉幕府の倒幕運動に参加。建武政権成立後は、肥後国の守護代に任命された。しかし、建武2年(1335年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、忽那義範は菊池武敏に従って南朝に属した。

南北朝時代を通して、忽那義範は南朝方の武将として活躍。肥後国を中心に転戦し、足利尊氏方の軍勢と戦った。また、菊池武敏の死後は、菊池氏を支え、菊池武重の孫である菊池武光を擁立した。

至徳3年/元中9年(1386年)、忽那義範は、老齢のため、嫡男の忽那義通に家督を譲って隠居した。隠居後は、菊池氏の重臣として、菊池武光を支え続けた。

明徳2年(1391年)、忽那義範は死去。享年72。忽那義範の死後は、その子である忽那義通が忽那氏の当主となり、菊池武光を支え続けた。

忽那義範は、南朝方の武将として活躍し、菊池氏を支えて南朝政権の存続に貢献した。その功績は大きく、南朝史において重要な人物である。

南朝方の水軍として活躍

南朝方の水軍として活躍

– 南朝方の水軍として活躍

忽那義範は、南北朝時代の武将です。南朝方の水軍として活躍しました。

忽那義範は、1306年に生まれました。肥後国(現在の熊本県)の出身です。父は忽那資範、母は菊池武重の娘です。

忽那義範は、1333年の鎌倉幕府滅亡後、南朝方に属しました。1334年には、九州に派遣され、少弐貞経を討伐しました。

1336年には、南朝方の総大将として、九州に侵攻した足利尊氏を迎え撃ちました。しかし、足利尊氏に敗れて、九州を放棄しました。

1337年には、足利尊氏が九州を平定した後、南朝方に帰参しました。1338年には、再び九州に派遣され、足利尊氏を討伐しました。

1339年には、足利尊氏が九州を再征したため、忽那義範は九州を放棄して、四国に逃れました。

1340年には、忽那義範は、四国で足利尊氏と和睦しました。その後は、南朝方に属したままでしたが、足利尊氏とは協調的な関係を維持しました。

1363年に忽那義範は亡くなりました。享年58歳でした。

忽那義範は、南朝方の水軍として活躍した武将です。足利尊氏と和睦した後も、南朝方に属し続け、足利尊氏と協調的な関係を維持しました。

備後と周防の地頭職に任命される

備後と周防の地頭職に任命される

-備後と周防の地頭職に任命される-

忽那義範は、1333年(元弘3年)に鎌倉幕府の倒幕運動に参加し、建武の新政に参加した。しかし、足利尊氏の離反により建武の新政は崩壊し、義範は尊氏に味方して南朝と戦った。

1336年(建武3年)、尊氏は義範に備後と周防の地頭職を与えた。この地頭職は、鎌倉幕府が設置したもので、在地の豪族を支配する権限を持っていた。義範は、この地頭職を基盤として、南朝方の豪族との戦いを続けた。

1339年(延元4年)、義範は南朝方の豪族である山名時氏と戦い、これを破った。この戦いで、義範は備後と周防の地頭職を確固たるものにし、南朝方の勢力をこの地域から駆逐した。

義範は、備後と周防の地頭職を拠点として、南朝方の豪族との戦いを続け、1348年(貞和4年)に南朝方の豪族である懐良親王を破って、南朝方の勢力をこの地域から完全に駆逐した。

義範は、備後と周防の地頭職を基盤として、この地域の豪族を支配し、足利政権の安定に貢献した。義範は、1350年(観応6年)に死去したが、その子孫は備後と周防の地頭職を継承し、この地域を支配し続けた。

タイトルとURLをコピーしました