池田清定 – 江戸時代前期から中期の大名

池田清定 – 江戸時代前期から中期の大名

池田清定とは?

池田清定とは?

-池田清定とは?-

池田清定は、江戸時代前期から中期にかけての譜代大名、尾張藩主家最大の家老です。池田輝政の九男として生まれ、兄の池田忠継の養子となりました。正室は豊臣秀長の娘で、子に池田輝澄などがいます。叙任は従四位下、河内守。

幼少期から聡明で武芸にも秀でており、関ヶ原の戦いでは兄の忠継に従って参戦し、武功を挙げました。その後、清定は尾張藩主である徳川義直に仕え、重臣として藩政に参画しました。義直の死後は、子の徳川光友を補佐し、藩の安定に努めました。

清定は、藩政において、農政や産業振興などに力を入れ、尾張藩の繁栄に貢献しました。また、清定は、光友の命を受けて、尾張藩の軍制改革を行いました。この改革により、尾張藩の軍事は大幅に強化され、清定は、尾張藩における軍制改革の祖として知られるようになりました。

清定は、66歳でこの世を去りました。清定の死後、尾張藩は、光友の専横により混乱を極めることになります。しかし、清定が築いた基盤が、尾張藩のその後を支え続けることになりました。清定は、尾張藩の発展に大きく貢献した名臣として、現在でもその功績が称えられています。

池田清定の生涯

池田清定の生涯

-池田清定の生涯-

池田清定は、江戸時代前期から中期の大名である。播磨国姫路藩第2代藩主、摂津国尼崎藩主。姫路藩池田氏3代。官位は従五位下、備中守。

-出生から家督相続まで-

清定は、慶長19年(1614年)1月10日、池田輝政の四男として但馬国豊岡城にて誕生した。幼名は忠雄。元和9年(1623年)、兄の忠継が早世したため、家督を継いだ。

-播磨国姫路藩主時代-

清定は、寛永10年(1633年)に播磨国姫路藩に封じられた。姫路藩は、輝政が慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いで徳川家康に味方して功績を挙げ、52万石を与えられたことにより立藩した藩である。清定は、藩政を安定させ、領内の開発に努めた。

-摂津国尼崎藩主時代-

寛文4年(1664年)、清定は摂津国尼崎藩に転封された。尼崎藩は、輝政の三男である忠雄が慶長9年(1604年)に立藩した藩である。清定は、尼崎藩でも藩政を安定させ、領内の開発に努めた。

-晩年-

清定は、貞享3年(1686年)6月7日に死去した。享年73。法名は清巖院殿源誉圓照清定。墓所は、兵庫県姫路市の法雲寺。

池田清定の功績

池田清定の功績

池田清定の功績

池田清定は、江戸時代前期から中期の大名で、備前岡山藩の第2代藩主を務めました。彼は、藩政改革を行い、藩の財政を立て直したほか、岡山城の拡張や領内の新田開発などにも尽力しました。また、清定は、茶道や和歌にも通じた文化人で、多くの文人墨客と交流を持っていました。

清定の功績の一つは、藩政改革です。清定は、藩の財政が困窮していることを知ると、すぐに改革に乗り出しました。彼は、まず、藩士の俸禄を減らすとともに、藩の経費を節約しました。また、藩の収入を増やすために、新田開発や殖産興業にも力を入れました。その結果、藩の財政は徐々に好転し、藩の経済は安定しました。

清定のもう一つの功績は、岡山城の拡張です。清定は、岡山城が手狭であることを感じ、城の拡張を計画しました。彼は、岡山城の周りに新たに堀を掘り、城の面積を拡大しました。また、城内に天守閣や櫓など多くの建物を新築しました。その結果、岡山城は、西日本の名城の一つに数えられるようになりました。

清定は、領内の新田開発にも尽力しました。清定は、領内に多くの新田を開き、藩の収入を増やしました。また、新田開発によって、領内の農民の生活も向上しました。

清定は、茶道や和歌にも通じた文化人でした。清定は、茶道や和歌の師匠について学び、高い教養を身につけました。また、清定は、多くの文人墨客と交流を持ち、文化の発展に貢献しました。

清定は、備前岡山藩の第2代藩主として、藩政改革や岡山城の拡張、領内の新田開発など多くの功績を残しました。また、清定は、茶道や和歌にも通じた文化人でした。

タイトルとURLをコピーしました