江畑木工右衛門

江畑木工右衛門

常陸水戸の柔術家

常陸水戸の柔術家

-江畑木工右衛門-

-常陸水戸の柔術家-

江畑木工右衛門は、常陸水戸の柔術家で、元禄時代(1688~1703年)に活躍したとされています。

彼は、水戸藩の御用屋敷に仕え、藩主の警護や武術の指導を行っていたと伝えられています。

江畑木工右衛門は、柔術だけでなく、剣術や槍術にも優れており、特に柔術では、独自の技を開発して、その名を高めたとされています。

彼は、柔術の技を、”柔の極意”として、弟子たちに伝えたとされており、その弟子の中には、水戸藩の重臣である内藤正成や、幕府の老中である阿部正弘などが含まれていました。

江畑木工右衛門は、柔術の大家として、後世に語り継がれている人物です。

-江畑木工右衛門の柔術-

江畑木工右衛門の柔術は、相手を崩して投げる技を主体とした、実戦的な柔術でした。

彼は、柔術の技を、”柔の極意”として、弟子たちに伝えたとされており、その中には、投げ技、関節技、締め技など、様々な技が含まれていました。

江畑木工右衛門の柔術は、水戸藩の武士の間で広く伝承され、多くの優れた柔術家が輩出されました。

また、彼の柔術は、幕府の老中である阿部正弘にも伝えられ、阿部正弘は、幕府の武術指南役を務めた際に、江畑木工右衛門の柔術を幕府の武士たちに教えました。

江畑木工右衛門の柔術は、幕末まで伝えられ、多くの柔術家が彼の技を学びました。

そして、明治維新後は、柔道として発展し、現在でも世界中で親しまれている武道となっています。

-江畑木工右衛門の弟子-

江畑木工右衛門の弟子には、水戸藩の重臣である内藤正成や、幕府の老中である阿部正弘などが含まれていました。

内藤正成は、水戸藩の大名である徳川光圀に仕え、藩政改革に尽力した人物です。

彼は、江畑木工右衛門の柔術を学び、水戸藩の武士たちに柔術を指導していました。

阿部正弘は、幕府の老中を務め、幕末の政局を担った人物です。

彼は、江畑木工右衛門の柔術を学び、幕府の武士たちに柔術を指導していました。

江畑木工右衛門の弟子たちは、彼の柔術を学んで、水戸藩や幕府の武術指南役を務め、柔術の発展に貢献しました。

吉岡流、浅山流、藤山流を学ぶ

吉岡流、浅山流、藤山流を学ぶ

江畑木工右衛門

吉岡流の始祖である吉岡一夢が、越前国で刀匠をしていた江畑木工右衛門に弟子入りし、刀匠としての修行をしたと言われている。その後、吉岡一夢は京都に出て、吉岡流を興した。

浅山流の始祖である浅山一伝は、江畑木工右衛門の弟子であったとも言われている。浅山一伝は、吉岡流から分かれて、浅山流を興した。

藤山流の始祖である藤山一信は、江畑木工右衛門の弟であったとも言われている。藤山一信は、吉岡流から分かれて、藤山流を興した。

江畑木工右衛門は、日本の刀匠としてだけでなく、剣術の師匠としても知られている。江畑木工右衛門は、吉岡流、浅山流、藤山流の三つの流派を学んでおり、その剣術は非常に優れたものであったと言われている。

江畑木工右衛門の弟子には、吉岡一夢、浅山一伝、藤山一信の他にも、多くの優秀な剣術家がいた。江畑木工右衛門の弟子たちは、日本の剣術界に大きな影響を与えた。

為我流を開いた

為我流を開いた

-江畑木工右衛門-

-為我流を開いた-

江畑木工右衛門は、江戸時代中期の武術家で、為我流の開祖です。

木工右衛門は、1677年(延宝5年)に、摂津国(現在の大阪府)の貧しい木工家に生まれました。幼い頃から武術に興味を持ち、15歳の時に京都に上り、柳生新陰流を学び始めました。

木工右衛門は、柳生新陰流の達人となり、やがて独自の流派を開くことを決意します。1725年(享保10年)、木工右衛門は、摂津国に道場を開き、為我流を創始しました。

為我流は、柳生新陰流を基に、木工右衛門が独自に編み出した技法を取り入れた流派です。為我流は、実戦を重視しており、素早く相手を倒すことを目的としています。

木工右衛門は、為我流の達人として知られ、多くの弟子を育てました。木工右衛門の弟子の中には、後に江戸幕府の旗本となった者もいます。

木工右衛門は、1751年(宝暦元年)に、75歳で亡くなりました。木工右衛門の死後も、為我流は発展を続け、現在でも多くの武術家に学ばれています。

-為我流の特徴-

為我流は、柳生新陰流を基に、木工右衛門が独自に編み出した技法を取り入れた流派です。為我流の特徴は、以下の通りです。

* 実戦を重視している
* 素早く相手を倒すことを目的としている
* 居合術が重視されている
* 相手の動きに応じて技を変えることを重視している

為我流は、その実戦性の高さから、多くの武術家に学ばれています。

タイトルとURLをコピーしました