「池田定就」

「池田定就」

池田定就の生涯

池田定就の生涯

池田定就の生涯

池田定就は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。因幡国(現在の鳥取県)の国人領主・池田信正の長男として生まれた。

幼い頃から武芸に優れ、15歳の時に初陣を飾った。その後、父・信正の跡を継いで池田氏当主となった。

定就は、毛利氏の勢力拡大に対抗するため、織田信長と同盟を結んだ。1573年、信長の命を受けて因幡国に侵攻した毛利氏を撃退し、因幡国を平定した。

1582年、本能寺の変で信長が死去すると、定就は豊臣秀吉に仕えた。秀吉の九州平定や小田原征伐にも従軍し、功績を挙げた。

1590年、定就は秀吉の命令を受けて朝鮮に出兵した。しかし、朝鮮軍と明軍の連合軍に敗れて、帰国を余儀なくされた。

帰国後、定就は若狭国(現在の福井県)の小浜藩主に封じられた。1595年に死去するまで、小浜藩主を務めた。

定就は、武勇に優れ、智謀に富んだ名将として知られている。また、家臣を大切にし、領民に慕われた名君でもあった。

池田定就の功績

池田定就の功績

池田定就の功績

池田定就は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。織田信長、豊臣秀吉に仕え、数々の戦功を挙げました。また、優れた行政手腕を発揮し、治政でも手腕を発揮しました。

池田定就の功績の一つとして、信長の命を受けて毛利氏と戦ったことが挙げられます。1570年、定就は信長から毛利氏を攻めるよう命じられ、播磨国に侵攻しました。定就は、尼子氏や浦上氏と連携して毛利氏を攻撃し、多くの勝利を収めました。1573年、定就は毛利氏を降伏させ、播磨国を平定しました。

定就の功績のもう一つは、秀吉の命を受けて四国を平定したこと。1582年、定就は秀吉から四国を平定するよう命じられました。定就は、長宗我部元親を攻め、1585年に四国を平定しました。定就の四国平定は、秀吉の天下統一に大きく貢献しました。

定就は、優れた行政手腕も発揮しました。定就は、播磨国や淡路国などの領主として、領民の生活の安定を図るために様々な政策を実施しました。また、定就は、寺社や学校を保護し、文化の振興に努めました。

定就は、戦功と治政の両方で優れた功績を挙げた武将です。定就の功績は、後の世にも高く評価されています。

池田定就の人物像

池田定就の人物像

– 「池田定就」

-# 池田定就の人物像

池田定就は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。備中松山藩の初代藩主。

池田輝政の次男として誕生。母は山内一豊の妹。幼名は与松。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで父と共に東軍に属し、功績を挙げて備中松山10万石を与えられた。

定就は、文武両道に秀でた人物であった。学問を好み、儒教や兵法に通じ、また和歌や連歌にも優れていた。武芸にも優れ、特に弓術と槍術に長けていたという。

定就は、領内の統治にも力を注いだ。民政に尽くし、年貢を軽減したり、道路や橋を整備したりした。また、産業振興にも努め、特産の備中刀を奨励した。

定就は、寛永11年(1634年)に53歳で死去した。跡を長男の光政が継いだ。

定就は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将、大名である。文武両道に秀でた人物であり、領内の統治にも力を注いだ。定就の功績は、備中松山藩の基礎を固めたことにあり、その後の藩の発展に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました