池田重顕 – 江戸時代前期の武将

池田重顕 – 江戸時代前期の武将

池田輝政の甥で徳川家康の家臣

池田輝政の甥で徳川家康の家臣

池田輝政の甥で徳川家康の家臣

池田重顕は、池田輝政の甥で、徳川家康の家臣でした。幼名は将監、通称は右衛門督。官位は従四位下、侍従。美濃国池田郡を領し、池田藩の初代藩主となりました。

重顕は、天正10年(1582年)、池田輝政と織田信長の妹である雪姫の次男として、近江国長浜城で生まれました。元服後は、徳川家康に仕え、天正13年(1585年)の小牧・長久手の戦いで初陣を飾りました。その後も、関ヶ原の戦い、大坂夏の陣など、徳川氏の大戦に多く参加し、武功を上げました。

元和6年(1620年)、重顕は美濃国池田郡に1万石を領し、池田藩の初代藩主となりました。藩主としては、領内の開発に努め、池田郡を美濃国の穀倉地帯に育て上げました。また、文治政策にも力を入れ、藩校「養正館」を設立して、人材育成に努めました。

寛永12年(1635年)、重顕は54歳で死去しました。法名は、竹林院良賢宗光。墓所は、岐阜県池田町の東陽寺にあります。

重顕は、徳川幕府の重臣として、その発展に貢献した人物です。また、池田藩の初代藩主として、藩政の基礎を築き、領民から敬愛されました。

大坂冬の陣で建部政長を援護

大坂冬の陣で建部政長を援護

-大坂冬の陣で建部政長を援護-

慶長19年(1614年)11月、大坂冬の陣が始まると、池田重顕は徳川家康の命を受けて、建部政長とともに豊臣方の真田幸村と戦った。真田幸村は、大坂城の南にある天王寺城に立てこもり、徳川軍を迎え撃った。池田重顕と建部政長は、天王寺城を攻撃したが、真田幸村の奮戦により、なかなか攻め落とすことができなかった。しかし、徳川軍は圧倒的な兵力で真田幸村を包囲し、ついに天王寺城を陥落させた。真田幸村は、大坂城に撤退し、徳川軍と対峙した。

池田重顕と建部政長は、真田幸村を大坂城に追い込んだ後、徳川軍の本陣がある伏見城に帰還した。徳川家康は、池田重顕と建部政長をねぎらい、褒美を与えた。池田重顕と建部政長は、大坂冬の陣で徳川軍の勝利に貢献した。

越前守を称し、池田重利と同一人説も

越前守を称し、池田重利と同一人説も

-越前守を称し、池田重利と同一人説も-

池田重顕(いけだしげあき)は、江戸時代前期の武将です。池田光政の次男として生まれ、兄・光仲の養子となりました。越前守を称し、近江長浜藩の藩主を務めました。

池田重顕は、1609年に江戸で生まれました。父は池田光政、母は永井直勝の娘です。1615年、大坂夏の陣で初陣を飾りました。その後、1626年に兄・光仲が死去すると、その養子となって長浜藩を継ぎました。

池田重顕は、藩政を改革して藩の財政を立て直し、また、学問を奨励して藩士の教育に努めました。また、家臣団の結束を固めるために、家老職を新設して家臣団の登用を図りました。

池田重顕は、1672年に死去しました。享年64歳でした。法名は、宗心院殿心誉道寿大居士。墓所は、滋賀県長浜市にある妙法寺です。

池田重顕は、越前守を称していたことから、同じ越前守を称していた池田重利と同一人ではないかという説があります。しかし、この説は有力ではありません。池田重顕と池田重利は、生没年が異なるため、同一人物である可能性は低いと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました