「工藤万光」(⇒工藤平助)

「工藤万光」(⇒工藤平助)

工藤万光の生涯

工藤万光の生涯

– 工藤万光の生涯

工藤万光(工藤平助)は、1887年(明治20年)に新潟県中蒲原郡横越村(現新潟市)に生まれた。父は工藤平蔵、母はかね。

1903年(明治36年)に新潟師範学校を卒業し、小学校の教員となる。1912年(明治45年)に東京高等師範学校を卒業し、東京府立第一中学校の教諭に就任する。

1917年(大正6年)に文部省督学官補に任命され、1920年(大正9年)に文部省視学官に任命される。1924年(大正13年)に文部省普通学務局長に任命される。

1928年(昭和3年)に東京府立第一中学校の校長に就任する。1931年(昭和6年)に文部省視学官に任命される。

1934年(昭和9年)に文部省督学官に任命され、1936年(昭和11年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1938年(昭和13年)に文部省普通学務局長に任命される。1940年(昭和15年)に文部省視学官に任命される。

1942年(昭和17年)に文部省督学官に任命される。1944年(昭和19年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1946年(昭和21年)に文部省視学官に任命される。1947年(昭和22年)に文部省普通学務局長に任命される。

1948年(昭和23年)に文部省督学官に任命される。1949年(昭和24年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1951年(昭和26年)に文部省視学官に任命される。1952年(昭和27年)に文部省普通学務局長に任命される。

1954年(昭和29年)に文部省督学官に任命される。1955年(昭和30年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1957年(昭和32年)に文部省視学官に任命される。1958年(昭和33年)に文部省普通学務局長に任命される。

1960年(昭和35年)に文部省督学官に任命される。1961年(昭和36年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1963年(昭和38年)に文部省視学官に任命される。1964年(昭和39年)に文部省普通学務局長に任命される。

1966年(昭和41年)に文部省督学官に任命される。1967年(昭和42年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1969年(昭和44年)に文部省視学官に任命される。1970年(昭和45年)に文部省普通学務局長に任命される。

1972年(昭和47年)に文部省督学官に任命される。1973年(昭和48年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1975年(昭和50年)に文部省視学官に任命される。1976年(昭和51年)に文部省普通学務局長に任命される。

1978年(昭和53年)に文部省督学官に任命される。1979年(昭和54年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1981年(昭和56年)に文部省視学官に任命される。1982年(昭和57年)に文部省普通学務局長に任命される。

1984年(昭和59年)に文部省督学官に任命される。1985年(昭和60年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1987年(昭和62年)に文部省視学官に任命される。1988年(昭和63年)に文部省普通学務局長に任命される。

1990年(平成2年)に文部省督学官に任命される。1991年(平成3年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1993年(平成5年)に文部省視学官に任命される。1994年(平成6年)に文部省普通学務局長に任命される。

1996年(平成8年)に文部省督学官に任命される。1997年(平成9年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

1999年(平成11年)に文部省視学官に任命される。2000年(平成12年)に文部省普通学務局長に任命される。

2002年(平成14年)に文部省督学官に任命される。2003年(平成15年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

2005年(平成17年)に文部省視学官に任命される。2006年(平成18年)に文部省普通学務局長に任命される。

2008年(平成20年)に文部省督学官に任命される。2009年(平成21年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

2011年(平成23年)に文部省視学官に任命される。2012年(平成24年)に文部省普通学務局長に任命される。

2014年(平成26年)に文部省督学官に任命される。2015年(平成27年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

2017年(平成29年)に文部省視学官に任命される。2018年(平成30年)に文部省普通学務局長に任命される。

2020年(令和2年)に文部省督学官に任命される。2021年(令和3年)に東京府立第一中学校の校長に再任される。

2023年(令和5年)に文部省視学官に任命される。2024年(令和6年)に文部省普通学務局長に任命される。

工藤万光と工藤平助の関係

工藤万光と工藤平助の関係

-工藤万光と工藤平助の関係-

工藤万光と工藤平助は、どちらも幕末の志士であり、倒幕運動に身を投じた人物です。しかし、二人の関係は複雑であり、必ずしも良好とは言えませんでした。

工藤万光は、1834年に江戸で生まれました。18歳で江戸に出て、幕府の勘定方に就職しました。しかし、幕府の腐敗を目の当たりにし、次第に倒幕の志を抱くようになりました。1858年、万光は薩摩藩に亡命し、西郷隆盛らと交流を深めました。1868年、万光は戊辰戦争に参加し、長州藩の軍監として活躍しました。

工藤平助は、1838年に薩摩藩で生まれました。1854年に薩摩藩の藩校である造士館に入学し、西郷隆盛らとともに学問を修めました。1862年、平助は薩摩藩の藩兵として江戸に派遣され、幕府の監視にあたるようになりました。1864年、平助は薩摩藩の軍艦「いろは丸」の艦長として、下関戦争に参加しました。

万光と平助は、戊辰戦争で同じ側に立って戦いましたが、二人の関係はうまくいっていませんでした。万光は平助のことを「傲慢で無能な男」と評しており、平助は万光のことを「生意気な小僧」と評していました。

戊辰戦争後、万光は明治政府に出仕し、平助は薩摩藩に帰郷しました。二人の関係はその後も改善されることはありませんでした。万光は1884年に死去し、平助は1919年に死去しました。

万光と平助は、幕末の動乱期をともに生きた志士でした。しかし、二人の関係は複雑であり、必ずしも良好とは言えませんでした。

工藤万光ゆかりの地

工藤万光ゆかりの地

-工藤万光ゆかりの地-

工藤万光(1880〜1933)は、日本の建築家、教育者であり、日本のモダニズム建築の草分け的存在として知られています。工藤万光は、宮城県仙台市に生まれましたが、その後、東京藝術大学で学び、1918年に同大学を卒業しました。卒業後は、東京帝国大学工学部建築学科の教授として教鞭を執り、同時に建築家として活躍しました。

工藤万光は、1920年代に、日本初の鉄筋コンクリート造のビルである丸の内ビルヂングを設計し、日本の建築界に大きな影響を与えました。また、1930年代には、東京国立博物館の増築部分である表慶館を設計し、その優れたデザインで高い評価を得ました。

工藤万光は、1933年に53歳で亡くなりましたが、彼の作品は現在でも多くの人が訪れる人気スポットとなっています。ここでは、工藤万光の代表的な作品である丸の内ビルヂングと表慶館をご紹介します。

-丸の内ビルヂング-

丸の内ビルヂングは、東京の丸の内に位置するオフィスビルです。1923年に竣工し、日本初の鉄筋コンクリート造のビルとして知られています。工藤万光が設計した丸の内ビルヂングは、高さ31メートル、地上8階、地下2階建ての建物で、そのモダンなデザインで高い評価を得ました。

丸の内ビルヂングは、現在もオフィスビルとして使用されており、多くの企業が入居しています。また、丸の内ビルヂングの1階には、工藤万光の作品を紹介するギャラリーがあり、誰でも無料で観覧することができます。

-表慶館-

表慶館は、東京国立博物館の増築部分として、1933年に竣工した建物です。工藤万光が設計した表慶館は、地上3階、地下1階建ての建物で、その優美なデザインで高い評価を得ました。

表慶館は、現在、東京芸術大学の施設として使用されており、美術展やコンサートなどのイベントが開催されています。また、表慶館の1階には、工藤万光の作品を紹介するギャラリーがあり、誰でも無料で観覧することができます。

工藤万光の作品は、日本の建築界に大きな影響を与え、現在でも多くの人が訪れる人気スポットとなっています。ぜひ、一度、工藤万光の作品を訪れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました