池田継政-江戸時代中期の大名

池田継政-江戸時代中期の大名

池田継政の生涯

池田継政の生涯

池田継政の生涯

池田継政は、播磨国姫路藩の第2代藩主。池田光政の次男として江戸に生まれる。母は鷹司信平の娘。幼名は松三郎。
元禄10年(1697年)に兄の政職が早世したため、家督を継ぐ。元禄11年(1698年)に奏者番となり、元禄12年(1699年)に寺社奉行を兼務する。
元禄14年(1701年)に若年寄となり、宝永3年(1706年)に老中に昇進する。宝永5年(1708年)に京都所司代を兼務し、宝永6年(1709年)に大老となる。
正徳元年(1711年)に病気を理由に大老を辞任するが、正徳2年(1712年)に再び大老に返り咲く。享保2年(1717年)に隠居し、享保20年(1735年)に死去する。

池田継政は、江戸時代中期の大名として、徳川将軍家から重用された。彼は、幕府の政治に深く関わり、幕政の安定に貢献した。また、彼は、学問を好み、多くの文人を庇護した。彼の治世は、姫路藩の最盛期であった。

池田継政の功績は以下の通りである。

* 幕府の政治に深く関わり、幕政の安定に貢献した。
* 学問を好み、多くの文人を庇護した。
* 姫路藩の最盛期を築いた。

池田継政の功績

池田継政の功績

-池田継政の功績-

池田継政は、江戸時代中期の大名であり、備前岡山藩の第2代藩主を務めました。彼は、藩政改革や殖産興業に力を入れ、藩の財政を立て直すとともに、藩士の教育にも尽力しました。また、岡山城の拡張や、岡山藩の参勤交代制度の確立にも貢献しました。

-藩政改革-

池田継政は、藩政改革として、まず、藩の財政立て直しに取り組みました。彼は、藩士の俸禄を削減し、藩の支出を抑制しました。また、新田開発や殖産興業を奨励し、藩の収入を増やしました。

-殖産興業-

池田継政は、殖産興業として、特に、塩田開発と綿花栽培を奨励しました。彼は、塩田開発のために、児島湾に堤防を築き、海水を塩田に引き入れました。また、綿花栽培のために、藩内の農民に綿花の栽培を奨励しました。

-藩士の教育-

池田継政は、藩士の教育にも力を入れました。彼は、岡山城内に藩校「閑谷学校」を設立し、藩士の子弟に教育を施しました。閑谷学校は、儒学や武道を中心とした教育が行われており、多くの優秀な人材を輩出しました。

-岡山城の拡張-

池田継政は、岡山城の拡張にも貢献しました。彼は、岡山城の天守閣や本丸を拡張し、岡山城をより堅固なものにしました。また、岡山城の周囲に城壁を築き、岡山城をより防衛しやすいものにしました。

-岡山藩の参勤交代制度の確立-

池田継政は、岡山藩の参勤交代制度の確立にも貢献しました。彼は、参勤交代の費用を軽減するために、岡山藩の参勤交代のルートを短縮しました。また、参勤交代の期間を短縮し、藩士の負担を軽減しました。

池田継政は、これらの功績により、備前岡山藩の発展に貢献しました。彼は、藩の財政を立て直し、藩士の教育にも力を入れ、藩の防衛力を強化しました。また、殖産興業を奨励し、藩の経済を活性化させました。池田継政は、備前岡山藩の繁栄の基礎を築いた名君として知られています。

池田継政の人柄

池田継政の人柄

池田継政の人柄

池田継政は、生来が温厚で、温厚とは徳もあり、寛容であり、そして仁愛に篤い人柄であったといいます。彼が、1728年(享保13年)に発生した、備中国の堤防が決壊する大洪水の被害を受けた者達を追悼するため、毎年4月22日に供養を欠かさず行い、そのことを現在でも岡山城下にある白雲寺では、代々継政の霊位を祀っています。その為、現在でも地域住民から、その人柄は、広く称えられています。

また、彼は、倹約に努め、そのために、生活も非常に質素で、着ているものも、それ相応に質素なものであったといいます。ある時、彼の参勤交代中に、供の人間が、腹痛を起こしてしまい、その侍は、薬を飲まなければならなくなりましたが、そのことに、継政は、気がついたのか、自分の懐から、薬を取り出して、その侍に渡しました。侍が、それを飲み終わると、彼は、その薬が非常に苦かったらしく、継政に、なぜそれほどまでに苦い薬を出したのか、と、問いました。それに対して、継政は、「わが苦さ、民の苦さに及ばざるなり」と、答えました。

この言葉は、自分が世の中で、苦労したり辛抱している程度は、まだ民の苦労、辛抱とは、比べ物にならないほど軽いということから、出た言葉であり、これは、彼が、民の苦労を、いかに大切にしていたか、ということが、わかる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました