池田綱清 – 江戸時代前期の大名

池田綱清 – 江戸時代前期の大名

池田綱清の生涯

池田綱清の生涯

-池田綱清の生涯 – 江戸時代前期の大名-

-池田綱清とは-

池田綱清は、江戸時代前期の大名。因幡国鳥取藩第2代藩主。

-生い立ち-

綱清は、1632年(寛永9年)に、因幡国鳥取藩初代藩主・池田光政の長男として江戸に生まれる。綱清の母は、光政の正室である妙静院。

-藩主時代-

1650年(慶安3年)、光政が死去したため、綱清が家督を継いで、因幡国鳥取藩の第2代藩主となった。綱清は、藩政改革を行い、藩の財政を再建した。また、学問を奨励し、藩校・足利学校を創設した。

-晩年-

綱清は、1695年(元禄8年)に64歳で死去した。綱清の死後は、子の池田綱政が家督を継いだ。

-人物-

綱清は、聡明で、学問を好んだ。また、茶道や和歌にも通じていた。綱清は、江戸幕府の要職を歴任し、老中や若年寄を務めた。綱清は、江戸幕府の重臣として、政治に大きな影響力を及ぼした。

鳥取藩主としての功績

鳥取藩主としての功績

-# 鳥取藩主としての功績

池田綱清は、1634年に鳥取藩主となりました。彼は、藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校である「明倫館」を創設しました。

綱清は、鳥取城の拡張も行いました。彼は、城の周围に石垣を築き、天守閣を改築しました。また、城下町を整備し、町人に商売を奨励しました。

綱清は、鳥取藩を繁栄させ、鳥取藩の基礎を固めました。彼は、鳥取藩主として20年以上在職し、1655年に亡くなりました。

綱清の功績は、以下の通りです。

* 藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。
* 藩校である「明倫館」を創設し、藩士の教育に力を入れた。
* 鳥取城の拡張を行い、城下町を整備した。
* 町人に商売を奨励し、鳥取藩を繁栄させた。

池田綱清の逸話

池田綱清の逸話

池田綱清の逸話

池田綱清には、次のような逸話が残されている。

* あるとき、綱清が鷹狩りをしているときのこと。綱清は、鷹が獲物を捕らえたのを見て、急いで馬でその場に向かった。しかし、馬がつまずいて転倒し、綱清は地面に投げ出されてしまった。綱清は、顔に傷を負い、前歯を折ってしまった。綱清は、すぐに城に戻って手当てを受けたが、傷はなかなか治らなかった。綱清は、しばらくの間、外出することもできなかった。
* あるとき、綱清が病気になったときのこと。綱清は、高熱を出し、意識がもうろうとしていた。綱清の側近たちは、綱清の容態を心配し、お医者様を呼んできた。お医者様は、綱清の脈を診て、「これは、ただの熱ではない。悪霊が取り憑いているのだ」と言った。綱清の側近たちは、お医者様の言葉を聞いて、驚きを隠せなかった。お医者様は、「悪霊を祓うためには、お祓いをする必要がある」と言った。綱清の側近たちは、お祓いをすることに同意した。お祓いをしたところ、綱清の熱は下がった。綱清は、意識を取り戻し、元気を取り戻した。
* あるとき、綱清が参勤交代で江戸に向かう途中、強盗に襲われた。綱清の行列は、大勢の武士に取り囲まれてしまった。綱清は、武士たちに、「私は池田綱清である。私に危害を加えれば、お上の厳しいお仕置きを受けることになるぞ」と大声で言った。武士たちは、綱清の名を聞いて、驚きを隠せなかった。武士たちは、「これは誤解だ。私たちは、あなたに危害を加えるつもりはありません」と言って、綱清の行列を襲うのをやめた。綱清は、武士たちの襲撃から逃れることができた。

これらの逸話は、池田綱清の人柄や、その生涯を垣間見ることができる貴重な資料である。

タイトルとURLをコピーしました