池田薫彰 – 江戸時代前期の大名

池田薫彰 – 江戸時代前期の大名

概要

概要

– 概要

池田薫彰(いけだ てるあき、元和元年(1615年) – 貞享2年11月9日(1685年12月16日))は、備前国岡山藩の第2代藩主、のちに播磨国姫路藩主および摂津国尼崎藩主。岡山藩主池田光政の長男。生母は光政の正室・糸姫(大雲院)。官位は従五位下、播磨守。

幼名は亀之助、のち幸之助、太郎左衛門。正室は、久世広之の娘・勝姫(豊光院)。継室は、浅野長重の娘・加賀姫(了幢院)。実子は、長男の三郎千代(のちの池田綱政)、次男の池田政言、三男の池田政房、四男の池田政喬、五男の池田政富、六男の池田政常、七男の池田政供、女子5人。

薫彰は、元和元年(1615年)に岡山城で生まれた。寛永14年(1637年)、父の光政が姫路藩に移封されると、家督を継いで岡山藩主となった。寛文元年(1661年)、弟の光仲が早世すると、その遺領の播磨国姫路藩15万石を継承した。寛文12年(1672年)、尼崎藩に移封された。延宝6年(1678年)、剃髪して道有と号した。貞享2年(1685年)、尼崎藩で死去した。享年71。法号は松雲院殿前播磨守道有大居士。墓所は尼崎藩陣屋跡の林崎観音(尼崎市南武庫之荘4丁目)。

薫彰は、父・光政の政策を引き継いで岡山藩の藩政を改革した。家臣団の統制強化、新田開発、商工業の振興などを行い、藩財政の確立に努めた。また、儒教を奨励し、藩校・閑谷学校の創設にも尽力した。

薫彰は、岡山藩主として、寛永14年(1637年)から寛文元年(1661年)まで24年間、播磨国姫路藩主として、寛文元年(1661年)から寛文12年(1672年)まで11年間、摂津国尼崎藩主として、寛文12年(1672年)から貞享2年(1685年)まで13年間務めた。その間、藩政改革や儒教の奨励などを行い、藩の発展に貢献した。

生い立ち

生い立ち

生い立ち

池田薫彰は、1607年(慶長12年)1月13日に播磨国姫路城で池田輝政の四男として生まれました。母は輝政の正室である東姫です。薫彰は幼い頃から聡明で、学問や武芸に秀でていました。また、性格も温厚で人柄も良かったと言われています。

1613年(慶長18年)、薫彰は10歳の若さで姫路藩主となります。これは、輝政が病気を理由に隠居したためです。薫彰は、若くして藩主になったにもかかわらず、藩政をしっかりと取り仕切り、藩を安定させました。

1632年(寛永9年)、薫彰は従五位下、侍従に叙任されます。その後、1634年(寛永11年)に豊後国岡藩主となります。岡藩は、25万石の譜代大名領であり、薫彰にとって初めての外様大名領でした。しかし、薫彰は岡藩でも藩政をうまく取り仕切り、藩民から敬愛されました。

1641年(寛永18年)、薫彰は49歳で岡城で死去します。死後、家督は嫡男の池田光政が継ぎました。光政は、岡山藩主として知られ、藩政改革を行って岡山藩を近代化しました。

池田薫彰は、江戸時代前期を代表する大名の一人です。若くして藩主となり、藩政をしっかりと取り仕切って藩を安定させました。また、温厚で人柄が良く、藩民から敬愛されました。

新宮藩主時代

新宮藩主時代

-# 池田薫彰 – 江戸時代前期の大名

— 新宮藩主時代

池田薫彰は、江戸時代前期の大名で、播磨国新宮藩の初代藩主です。1618年、池田忠継の三男として生まれ、1637年に新宮藩主となりました。

薫彰は、藩政の基礎を築き、新宮藩の繁栄に尽力しました。まず、新田開発を行い、藩の財政を強化しました。また、産業振興にも力を入れ、特産品の生産を奨励しました。さらに、学問を奨励し、藩校「新宮学問所」を設立しました。

薫彰は、領民に慕われ、名君として知られました。しかし、1661年に急病により死去し、享年44でした。その死は、新宮藩に大きな悲しみをもたらしました。

薫彰の死後、嫡子の池田光政が新宮藩主を継ぎました。光政もまた、名君として知られ、新宮藩の繁栄に貢献しました。

池田薫彰は、新宮藩の基礎を築いた名君として、今もなお地元の人々に敬愛されています。

タイトルとURLをコピーしました