国包(4代) – 江戸時代前期の刀工

国包(4代) – 江戸時代前期の刀工

刀工国包(4代)の生涯

刀工国包(4代)の生涯

-刀工国包(4代)の生涯-

-江戸時代前期の刀工 国包(4代)-

刀工国包(4代)は、江戸時代前期に活躍した刀工です。備前長船刀工の正宗(8代)の門人とされ、備前長船派の刀工として知られています。その作は、正宗の作風を継承しており、優美な太刀姿と、冴えた地鉄が特徴です。

国包(4代)は、慶長9年(1604年)に、備前長船の国包(3代)の息子として生まれました。幼少の頃から刀鍛冶の技術を学び、19歳の時に江戸に出て、正宗(8代)の門人となりました。正宗(8代)のもとで、刀鍛冶の技を極め、やがては正宗(8代)の跡を継いで、備前長船派の当主となりました。

国包(4代)の作は、正宗の作風を継承しており、優美な太刀姿と、冴えた地鉄が特徴です。その作は、徳川将軍家をはじめ、大名や旗本などに愛され、江戸時代前期を代表する刀工の一人となりました。

国包(4代)は、寛文10年(1670年)に67歳で亡くなりました。その死後、その作は、ますます名声が高まり、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されています。

-国包(4代)の作例-

国包(4代)の作例としては、次のようなものがあります。

* 太刀 銘 国包(4代)作
* 脇差 銘 国包(4代)作
* 短刀 銘 国包(4代)作
* 槍 銘 国包(4代)作

国包(4代)の作は、優美な太刀姿と、冴えた地鉄が特徴です。その作は、徳川将軍家をはじめ、大名や旗本などに愛され、江戸時代前期を代表する刀工の一人となりました。

刀工国包(4代)の作風

刀工国包(4代)の作風

-刀工国包(4代)の作風-

国包(4代)は、江戸時代前期の刀工で、越前国府中(現在の福井県越前市)で活躍しました。初代国包の曾孫にあたる人物で、幼名は源右衛門。号は因伯守。

国包(4代)の作風は、初代国包のそれを踏襲しつつも、独自の工夫を凝らしたものでした。その特徴は、まず第一に、地鉄が非常に良く詰んでいることです。地鉄とは、刀身の表面を覆っている鉄のことで、その質によって刀の強さが決まります。国包(4代)の地鉄は、きめ細かく均一で、非常に丈夫でした。

第二の特徴は、刃文が非常に華やかなことです。刃文とは、刀身の両側にできる模様のことで、その形によって刀工が分類されます。

国包(4代)の刃文は、互の目(ぐのめ)が主体で、ところどころに小乱(こみだれ)や丁子(ちょうじ)を交えています。互の目は、刃文の中で最も基本的なもので、互い違いに連なった三角形の模様です。小乱は、互の目が細かく乱れたもので、丁子は、刃文が丁字状になったものです。

国包(4代)の刃文は、これらの模様を巧みに組み合わせることによって、非常に華やかで美しいものになっています。

第三の特徴は、刀姿が非常に優美であることです。刀姿とは、刀身の形状のことです。国包(4代)の刀姿は、反りが浅く、身幅が広く、鎬筋(しのぎすじ)が立った優美なものです。

この優美な刀姿は、国包(4代)が武具としてだけでなく、美術品としても刀を意識していたことを示唆しています。

国包(4代)は、江戸時代前期を代表する刀工の一人であり、その作風は、現在でも高く評価されています。

刀工国包(4代)の代表作

刀工国包(4代)の代表作

刀工国包(4代)の代表作

備前国福岡一文字派の祖といわれる刀工、国包(4代)は、江戸時代前期に活躍した名工として知られ、その作品は高く評価されています。ここでは、国包(4代)の代表作をいくつかご紹介します。

・号備前刀「三日月宗近」
国包(4代)の最も有名な作品のひとつです。三日月のような優美な形をした刀身は、その美しさから「三日月宗近」の号が付けられています。国包(4代)の卓越した鍛造技術と審美眼が凝縮された作品です。

・備前国兼光派の刀工、兼光(4代)の作「太刀・無銘」
国包(4代)の弟子である兼光(4代)が制作した太刀です。無銘ですが、国包(4代)が鍛造した刀身であることが鑑定されています。兼光(4代)の卓越した技術と、国包(4代)の指導の影響が色濃く表れた作品です。

・号備前刀「山姥切国広」
国包(4代)のもうひとつの代表作です。鋭い切味と美しい刀身が特徴で、「山姥切国広」の号が付けられています。この刀は、戦国時代の武将、上杉謙信が愛用したと伝えられています。

・号備前刀「大包平」
国包(4代)の晩年の作品です。大ぶりで迫力のある刀身は、国包(4代)の力量の衰えを感じさせません。国包(4代)の集大成ともいえる作品です。

以上、国包(4代)の代表作を4つご紹介しました。国包(4代)の作品は、その美しさや切れ味から、現在でも多くのコレクターや愛好家に珍重されています。

タイトルとURLをコピーしました