国包(10代)

国包(10代)

国包(10代)の生涯

国包(10代)の生涯

-国包(10代)の生涯-

国包(10代)は、江戸時代中期に活躍した刀工です。備前国長船(岡山県瀬戸内市)に生まれ、本名は山崎清房といいます。国包(10代)は、国包(9代)の門人で、国包(10代)として襲名しました。

国包(10代)は、備前刀の伝統を継承しつつ、独自の作風を確立しました。国包(10代)の刀は、地鉄が板目肌で、刃文は匂出来の中直ぐ調子が特徴です。また、国包(10代)は、金象嵌や彫金の技術にも優れており、華やかな刀も数多く作りました。

国包(10代)は、備前刀の復興に貢献した名工として知られています。国包(10代)の刀は、数多くの武家に愛され、現在でも多くの刀剣博物館に所蔵されています。

-国包(10代)の作風-

国包(10代)の刀は、地鉄が板目肌で、刃文は匂出来の中直ぐ調子が特徴です。地鉄は、細かく詰んだ板目肌で、肌理が整っています。刃文は、匂出来の中直ぐ調子が主体ですが、時には互の目乱れや丁子乱れなどの刃文を切ることもあります。

国包(10代)の刀は、切れ味と耐久性に優れています。国包(10代)の刀は、多くの武家に愛され、現在でも多くの刀剣博物館に所蔵されています。

-国包(10代)の代表作-

国包(10代)の代表作として、以下のようなものがあります。

* 太刀 銘 国包(東京国立博物館所蔵)
* 刀 銘 国包(京都国立博物館所蔵)
* 短刀 銘 国包(大阪市立東洋陶磁美術館所蔵)

国包(10代)の刀は、数多くの武家に愛され、現在でも多くの刀剣博物館に所蔵されています。国包(10代)の刀は、切れ味と耐久性に優れており、備前刀の復興に貢献した名工として知られています。

国包(10代)の刀工としての特徴

国包(10代)の刀工としての特徴

国包(10代)の刀工としての特徴

国包(10代)は、備前長船派の刀工で、元和3年(1617年)に生まれ、延宝8年(1680年)に没しました。幼少より刀工の父である国包(9代)に師事し、刀工としての技術を磨きました。

国包(10代)の刀工としての特徴は、以下の通りです。

・鍛えに、備前長船派伝統の「地沸(じにえ)」と呼ばれる細かい地肌模様を備えた、明るく美しい刀剣を鍛えました。

・刃文に、直刃(すぐは)を主体とし、匂刃(においざ)と呼ばれる柔らかい刃文を焼き入れ、上品で華やかな印象の刀剣を仕上げました。

・刀身の姿に、長寸で身幅が広く、鎬(しのぎ)が厚く、反りがやや浅い、豪壮な形状の刀剣を鍛えました。

・刀装具に、金象嵌(きんぞうがん)や高蒔絵(たかまきえ)などの装飾を施し、芸術性が高い刀剣を仕上げました。

国包(10代)は、備前長船派の伝統を継承しつつも、独自の工夫を凝らした刀剣を鍛え、高く評価されました。特に、大業物(たいぎょうぶつ)に認定された刀剣は、その優れた品質を証明するものです。

国包(10代)の刀剣は、現在でも多くのコレクターに愛されており、その価値は年々高まっています。刀剣に興味がある方は、ぜひ一度国包(10代)の刀剣を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

国包(10代)の作品

国包(10代)の作品

-国包(10代)の作品-

国包(10代)の作品は、室町時代後期から戦国時代にかけて作られた刀剣です。その作風は、初期は相州伝を学び、のちに備前伝の影響を受けたとされています。

国包(10代)の作品には、以下のような特徴があります。

* 地鉄は小板目肌が主体で、柾目肌や流れ肌が交じることがあります。
* 刃文は直刃が基本ですが、互の目や丁子など、さまざまな刃文を焼いています。
* 帽子は先細りの中細先が主体ですが、先広がりの先広先や、先が丸みを帯びた丸先など、さまざまな帽子を焼いています。
* 茎は生で、銘は「国包」や「国包作」と切っています。

国包(10代)の作品は、その優れた作風から、多くの刀剣愛好家に珍重されています。現存する国包(10代)の作品は、刀剣博物館や美術館などに所蔵されています。

-国包(10代)の代表作-

国包(10代)の代表作としては、以下の刀剣があります。

* 太刀 銘 国包(重要文化財)
* 短刀 銘 国包(重要文化財)
* 脇指 銘 国包(重要文化財)
* 刀 銘 国包(重要美術品)
* 太刀 銘 国包(重要美術品)

これらの刀剣は、いずれも国包(10代)の作風の特長である、小板目肌の地鉄、直刃の刃文、先細りの中細先の帽子などを備えています。また、銘は「国包」や「国包作」と切られています。

国包(10代)の代表作は、いずれも重要文化財や重要美術品に指定されており、その優れた作風から、多くの刀剣愛好家に珍重されています。

タイトルとURLをコピーしました