池田仲澄 – 江戸時代前期-中期の大名

池田仲澄 – 江戸時代前期-中期の大名

池田仲澄の生涯

池田仲澄の生涯

-池田仲澄の生涯-

池田仲澄は、江戸時代前期から中期にかけての大名。備前岡山藩第2代藩主。

1605年、初代藩主・池田忠継の長男として岡山城に生まれる。幼名は熊之助。1615年、父の死により家督を相続。1617年、徳川家康に謁見し、従五位下・右衛門佐に叙任される。

1623年、元和偃武の際に上洛し、江戸城にも参勤する。1632年、寛永9年の島原の乱では、弟の池田光政らとともに参戦。1637年、大坂城番に任命される。

1642年、寛永19年の寛永の大飢饉では、領内の飢民救済に努める。1643年、正四位下・右京大夫に昇進する。

1646年、岡山藩の菩提寺である円通寺の建立に着手する。1650年、寛文の飢饉では、再び領内の飢民救済に努める。1658年、従三位に昇進する。

1662年、江戸で死去。享年58。法名は正庵宗甫。

仲澄は、岡山藩の基礎を固めた名君として知られる。領内の新田開発や治水事業に力を入れ、藩財政の立て直しにも成功した。また、文治を奨励し、儒学者を招いて藩校・閑谷学校の創設に尽力した。

仲澄の死後、家督は長男の池田綱政が相続した。

鳥取新田藩の初代藩主

鳥取新田藩の初代藩主

-鳥取新田藩の初代藩主-

池田仲澄は、江戸時代前期から中期にかけての大名で、鳥取新田藩の初代藩主を務めました。

仲澄は、播磨国姫路城の城主であった池田輝政の次男として元和6年(1620年)に生まれました。寛文元年(1661年)に兄の光政が鳥取藩主となり、鳥取新田13万石を分与されて鳥取新田藩を立藩しました。

仲澄は、藩政においては領地の開拓や新田開発に力を入れ、藩の財政を立て直しました。また、学問を奨励し、藩校である尚徳館を創設しました。

元禄5年(1692年)、仲澄は73歳で死去しました。跡を長男の茂澄が継ぎました。

-仲澄の功績-

仲澄の功績は、主に以下の3つです。

①藩政改革の実施

仲澄は、藩政改革を実施し、藩の財政を立て直しました。具体的には、まず家臣の俸禄を削減し、次に新たに領地を開拓して藩の収入を増やしました。また、藩校である尚徳館を創設し、学問を奨励しました。

②新田開発

仲澄は、領地の新田開発に力を入れました。具体的には、荒れ地を水田や畑に変え、農作物の生産量を増やしました。また、用水路を整備して、水不足を解消しました。

③城郭の修築

仲澄は、鳥取新田城の修築を行いました。具体的には、城の石垣を補強し、櫓を建て直しました。また、城の周りに堀を巡らせて、防御力を高めました。

-仲澄の評価-

仲澄は、鳥取新田藩の初代藩主として、藩政改革を実施し、新田開発に力を入れ、城郭を修築するなど、藩の発展に尽力しました。また、学問を奨励し、藩校である尚徳館を創設したことから、文化人としても知られています。仲澄は、鳥取新田藩の発展に大きく貢献した名君として評価されています。

享保7年に死去

享保7年に死去

享保7年に死去

池田仲澄は、享保7年(1722年)に58歳で死去しました。彼の死後、家督は長男の池田仲明(いけだ・なかあきら)が継ぎました。池田仲明は、父である池田仲澄と同様に、明石藩の藩主として活躍しました。

池田仲澄の死は、明石藩にとって大きな損失でした。彼は、藩政を改革し、藩財政を立て直すなど、藩の発展に尽力した名君でした。彼の死後、明石藩はしばらくの間、混乱状態に陥りました。

しかし、池田仲明は、父の遺志を継いで藩政改革を断行し、明石藩を再建することに成功しました。池田仲明は、藩士の俸禄を削減し、藩の借金を返済するなど、厳しい財政改革を実施しました。また、池田仲明は、藩校を設立し、藩士の教育に力を入れました。明石藩は、池田仲明の改革により、次第に財政基盤を立て直し、藩政も安定しました。

池田仲明は、享保19年(1734年)に38歳で死去しました。池田仲明の死後、家督は長男の池田仲央(いけだ・なかひさ)が継ぎました。池田仲央は、池田仲明と同様に、明石藩の藩主として活躍しました。池田仲央は、父である池田仲明の改革を引き継ぎ、明石藩の発展に尽力しました。

タイトルとURLをコピーしました