池田仲庸(1721-1758)

池田仲庸(1721-1758)

生い立ちと家系

生い立ちと家系

-生い立ちと家系-

池田仲庸は、1721年(享保6年)に播磨国飾東郡(現在の兵庫県姫路市)に生まれた。父は池田政弼、母は安部氏。幼名は千三郎。池田家は、播磨国の名族で、仲庸の祖父である池田政和は姫路藩主を務めた。

仲庸は、幼い頃から学問を好み、特に漢学に秀でていた。14歳の時に江戸に出て、儒学者である伊藤仁斎の門下に入った。仁斎の教えを受けた仲庸は、儒学の奥義を究め、やがて仁斎の跡を継いで儒学の大家となった。

仲庸は、儒学の大家として活躍する傍ら、姫路藩の藩政にも参画した。17歳で姫路藩の藩士となり、やがて藩の要職を歴任した。仲庸は、藩政改革を断行し、姫路藩の財政を立て直した。また、仲庸は、姫路藩の藩校である好古園を創設し、藩士の教育に力を注いだ。

仲庸は、1758年(宝暦8年)に38歳の若さで亡くなった。しかし、仲庸の死後も、仲庸の儒学は、日本の儒学界に大きな影響を与え続けた。仲庸は、日本の儒学史にその名を残す偉大な儒学者である。

因幡鳥取新田藩主となる

因幡鳥取新田藩主となる

-# 因幡鳥取新田藩主となる

池田仲庸は、享保6年(1721年)に岡山藩主・池田継政の三男として生まれました。幼名を多紀之助と言い、元文2年(1737年)に鳥取藩主・池田吉泰の養子となって、翌年に元服し、仲庸と名乗りました。

仲庸は、宝暦10年(1760年)に吉泰が隠居したため、家督を継いで鳥取藩主となりました。鳥取藩は、因幡国(現在の鳥取県東部)と伯耆国(同県西部)にまたがる藩で、藩庁は鳥取城に置かれました。

仲庸は、藩主就任後、藩政の改革に取り組みました。まず、藩の財政を立て直すために、倹約令を発布し、無駄な出費を削減しました。また、新田開発や殖産興業にも力を入れ、藩の経済を活性化させました。

さらに、仲庸は、教育にも熱心に取り組みました。藩校「修道館」を設立し、藩士の子弟に教育を施しました。修道館は、のちに「鳥取藩藩校」と改称され、明治時代まで存続しました。

仲庸の藩政改革は、鳥取藩の発展に大きく貢献しました。仲庸は、明和5年(1768年)に死去しましたが、その功績は今日でも称えられています。

早すぎる死

早すぎる死

池田仲庸(1721-1758)

早すぎる死

池田仲庸は、1721年(享保6年)に越前国鯖江藩(現在の福井県鯖江市)の藩主・池田治政の第三子として生まれました。幼名は直枝丸といい、兄に池田宗尹(のちの藩主)、弟に池田治保(のちの藩主)がいます。

仲庸は、幼い頃から聡明で、学問を好み、武芸にも秀でていました。そして、1738年(元文3年)、18歳の時に兄の宗尹が急死したため、跡を継いで鯖江藩の藩主となりました。

仲庸は、藩主として、藩政改革を行い、領内の産業を振興させました。また、学問を奨励し、藩校である「明徳館」を創設しました。

しかし、仲庸の藩主としての在任期間は、わずか10年足らずでした。1758年(宝暦8年)、38歳の若さで病死してしまいます。

仲庸の死は、鯖江藩にとって大きな痛手となりました。仲庸は、藩主として、藩政改革を行い、領内の産業を振興させ、学問を奨励するなど、藩の発展に尽力していました。仲庸の死は、藩の将来に大きな影響を与えたのです。

仲庸の死後、鯖江藩は、弟の治保が跡を継ぎました。治保は、兄の仲庸の遺志を継ぎ、藩政改革を続け、藩の発展に努めました。

タイトルとURLをコピーしました