夷屋儀左衛門-江戸時代前期の歌舞伎の座本

夷屋儀左衛門-江戸時代前期の歌舞伎の座本

夷屋儀左衛門の生涯

夷屋儀左衛門の生涯

-夷屋儀左衛門の生涯-

夷屋儀左衛門は、江戸時代前期の歌舞伎の座本であり、元禄歌舞伎の形成に大きな役割を果たした人物である。彼は、1653年に京都で生まれ、1673年に江戸に移り住んだ。1681年に、市村座の座本である山崎与五郎の座頭として歌舞伎の世界に入った。その後、1688年に市川団十郎一座の座頭となり、1695年に、市川團十郎が死去した後は、市川團十郎一座の座本となった。

夷屋儀左衛門は、歌舞伎の興行を盛り上げるために、様々な工夫を凝らした。彼は、芝居小屋を大きくして、観客をより多く収容できるようにした。また、歌舞伎の演目を工夫し、それまでの世話物中心の演目から、時代物や世話物の要素を融合させた新しい演目を作った。さらに、歌舞伎の役者を鍛え上げ、芝居の質の向上に努めた。

夷屋儀左衛門の努力により、歌舞伎は江戸の庶民の間に広く人気を集めるようになり、元禄歌舞伎の黄金期を迎えることとなった。夷屋儀左衛門は、1717年に死去するまで、歌舞伎の興行に尽力し、歌舞伎の発展に貢献した。

夷屋儀左衛門は、歌舞伎の発展に貢献した功績により、1928年に歌舞伎座の役者絵看板にその名が刻まれた。また、1994年には、歌舞伎座の近くに、夷屋儀左衛門を顕彰する銅像が建立された。

歌舞伎座の座本として

歌舞伎座の座本として

歌舞伎座の座本として

江戸時代、歌舞伎は非常に人気のある娯楽であり、多くの芝居小屋が建ち並びました。その中でも最も有名なのが、江戸の市中にあった中村座、守田座、森田座の三座です。夷屋儀左衛門は、この三座の座元を務めた人物です。

座元とは、芝居小屋の経営者であり、芝居の興行を取り仕切る責任者です。夷屋儀左衛門は、積極的に新しい芝居小屋を建設し、新しい役者を育て、新しい演目を上演することで、歌舞伎の発展に大きく貢献しました。

また、夷屋儀左衛門は、歌舞伎座の座元として、歌舞伎の興行を安定させるために、多くの努力をしました。例えば、芝居小屋の建設や改修に多額の資金を投じ、役者や作者に高額の給金を支払いました。また、興行期間中に芝居小屋が火事や地震などの災害で焼失した場合には、すぐに再建して興行を再開しました。

夷屋儀左衛門の努力によって、歌舞伎は江戸時代前期に大いに発展し、庶民の間でますます人気が高くなりました。夷屋儀左衛門は、歌舞伎座の座元として、歌舞伎の発展に大きく貢献した人物であり、歌舞伎の歴史において重要な役割を果たしています。

物真似尽芝居の興行

物真似尽芝居の興行

-夷屋儀左衛門-江戸時代前期の歌舞伎の座本-

-物真似尽芝居の興行-

江戸時代前期、歌舞伎は庶民の間で大きな人気を博しました。歌舞伎の興行を担っていたのは、座本と呼ばれる人々です。座本は、劇場を管理し、俳優を雇用し、芝居の脚本を執筆するなど、歌舞伎の公演に必要なあらゆることを取り仕切っていました。夷屋儀左衛門は、江戸時代前期に活躍した座本のひとりです。

夷屋儀左衛門は、寛永10年(1633年)に江戸で生まれました。若い頃は、役者として活躍していましたが、やがて座本に転身しました。夷屋儀左衛門は、歌舞伎の新しい演目を次々と上演し、庶民の人気を集めました。特に、夷屋儀左衛門が得意としたのは、物真似尽芝居という演目です。

物真似尽芝居とは、俳優がさまざまな人物や動物の物真似をして演じる芝居のことです。夷屋儀左衛門は、物真似尽芝居の名手として知られており、その芸は庶民を大いに楽しませました。夷屋儀左衛門は、物真似尽芝居を通じて、歌舞伎を庶民に広めることに大きく貢献しました。

夷屋儀左衛門は、寛文12年(1672年)に亡くなりました。享年40歳でした。夷屋儀左衛門の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与えました。しかし、夷屋儀左衛門が築き上げた歌舞伎の伝統は、その後も受け継がれていきました。夷屋儀左衛門は、江戸時代前期の歌舞伎の発展に大きな貢献をした人物として、現在もその名を語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました