池田長頼-徳川幕府の武士

池田長頼-徳川幕府の武士

池田長頼の生い立ちと徳川秀忠への仕官

池田長頼の生い立ちと徳川秀忠への仕官

池田長頼の生い立ちと徳川秀忠への仕官

池田長頼は、1565年(永禄8年)に越前国丹生郡朝日山城(現在の福井県越前市)で生まれました。父は池田恒興、母は織田信長の妹・お市の方です。長頼は、幼い頃から聡明で武勇に優れており、1573年(天正元年)には、わずか9歳で初陣を果たしました。

1582年(天正10年)、本能寺の変で信長が亡くなると、長頼は織田信雄に仕えました。しかし、信雄は秀吉と対立して敗北し、長頼は秀吉に降伏しました。秀吉は、長頼の才能を高く評価し、1585年(天正13年)には、近江国長浜城10万石を与えました。

秀吉の死後、天下統一を成し遂げた徳川家康が江戸幕府を開くと、長頼は徳川秀忠に仕えることになりました。秀忠は、長頼の武勇と知略を頼り、彼を重臣として重用しました。長頼は、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、東軍として参加し、大いに功を挙げました。

関ヶ原の戦い後、長頼は播磨国姫路城24万石に加増されました。長頼は、姫路城を拠点として、播磨国を治めるとともに、大坂の陣にも参加しました。大坂の陣では、長頼は豊臣軍を相手に奮戦し、徳川軍の勝利に貢献しました。

1615年(元和元年)、大坂の陣が終わると、長頼は徳川氏から従四位下侍従の官位と、土佐国一国を与えられました。長頼は、土佐国を治めるとともに、幕府の要職を歴任しました。1630年(寛永7年)、長頼は江戸城で死去しました。享年66歳でした。

備中松山藩主の兄の臨終と領地分割案への反対

備中松山藩主の兄の臨終と領地分割案への反対

-# 備中松山藩主の兄の臨終と領地分割案への反対

池田長頼は、備中松山藩の第二代藩主であった池田長政の長男として生まれました。長政は、備中松山藩を立藩した初代藩主池田長吉の弟であり、兄の死後、跡を継いで藩主となりました。長頼は、兄の長政が亡くなった後、跡を継いで藩主となりました。

長政が亡くなったとき、長頼は備中松山藩の支藩である備中浅尾藩の藩主を務めていました。長政には、長頼のほかに、池田長吉と池田長重という二人の弟がいました。長政が亡くなった後、長頼は備中松山藩の藩主を継ぐとともに、長吉と長重に領地を分割して与えるという案を提案しました。しかし、この案は長吉と長重の反対に遭いました。長吉と長重は、兄の遺志に従って、備中松山藩を長頼が単独で継ぐべきだと主張しました。

長頼と長吉、長重の三兄弟は、領地分割案をめぐって争うことになりました。この争いは、徳川幕府の介入によってようやく収束しました。幕府は、備中松山藩を長頼が単独で継ぐことを決定し、長吉と長重には別の領地を与えました。

長頼は、備中松山藩の藩主として、藩政に励みました。長頼は、藩の財政を再建し、藩の軍事力を強化しました。また、長頼は、藩の教育制度を整備し、藩士の教養を向上させました。長頼は、備中松山藩を繁栄させ、藩祖池田長吉の遺志を継ぎました。

脇坂安経らを殺傷し、切腹を命じられる

脇坂安経らを殺傷し、切腹を命じられる

-池田長頼-徳川幕府の武士-

-脇坂安経らを殺傷し、切腹を命じられる-

池田長頼は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、徳川家康の旗本である。信長の家臣であった池田勝正を父に持つ。大坂の陣では、真田信繁を討ち取るなどの功績を挙げた。

しかし、長頼はその後、脇坂安経らを殺傷する事件を起こし、切腹を命じられた。

脇坂安経は、豊臣秀吉の家臣であった脇坂安治の息子である。関ヶ原の戦いでは、父に従って徳川家康に味方し、戦功を挙げた。その後、大坂の陣では、徳川軍の主力として参戦し、豊臣軍を破った。

長頼と安経は、同じ徳川家康の家臣であり、大坂の陣では共に豊臣軍と戦った。しかし、両者の間には確執があったとされる。

長頼は、安経が豊臣氏に内通しているのではないかと疑い、安経を殺そうと計画した。慶長20年(1615年)4月27日、長頼は安経の屋敷を襲撃し、安経とその家臣らを殺害した。

安経の死後、長頼は徳川家康に捕らえられ、切腹を命じられた。長頼は、同年6月1日に切腹し、享年40歳であった。

長頼がなぜ安経を殺害したのかは、はっきりとは分かっていない。しかし、両者の間の確執が原因であると考えられている。長頼は、安経が豊臣氏に内通しているのではないかと疑い、安経を殺害することで、徳川家康に忠誠を示そうとしたのではないかと思われる。

長頼の死は、徳川幕府にとって大きな損失であった。長頼は、徳川家康の旗本として活躍し、大坂の陣では、真田信繁を討ち取るなどの功績を挙げた。長頼の死によって、徳川幕府は、有能な武将を失った。

タイトルとURLをコピーしました