「池田斉政」

「池田斉政」

生い立ちと家督相続

生い立ちと家督相続

生い立ちと家督相続

池田斉政は、1791年(寛政3年)8月20日、備前岡山藩主・池田治政の四男として生まれました。幼名は長三郎。母は側室の津守氏です。

斉政は、幼少期から聡明で、武芸にも秀でていました。1806年(文化3年)、兄・斉稷が家督を相続すると、その弟として支えました。

1811年(文化8年)、斉稷が早世すると、斉政が家督を相続しました。当時は、藩財政が傾き、領民の生活も苦しい状況でした。斉政は、藩政改革に取り組み、藩財政の立て直しに努めました。

また、斉政は、教育にも力を入れており、藩内に多くの子弟の入学する藩校・閑谷学校を創設しました。閑谷学校は、明治維新後も存続し、多くの優秀な人材を輩出しました。

斉政は、1847年(弘化4年)6月17日に、57歳で死去しました。

藩政改革と湯浅明善

藩政改革と湯浅明善

-藩政改革と湯浅明善-

池田斉政は、播磨国姫路藩の藩主。享保14年(1729年)、江戸城西の丸で将軍徳川吉宗に拝謁した際に、農民が年貢を支払えずに逃げ出す「百姓一揆」の状況を訴え、藩政改革に着手することを許可された。

斉政は、まず藩内を巡視して現状を把握し、藩士たちに倹約を命じた。また、年貢を減らし、農民の負担を軽減した。

さらに、斉政は、湯浅明善という人物を登用して、藩政改革を推進した。明善は、播磨国出身の儒学者で、姫路藩に仕えていた。明善は、斉政の藩政改革を支持し、さまざまな改革案を提出した。

明善の改革案には、以下のものがある。

* 年貢を減らし、農民の負担を軽減する。
* 藩士の給与を減らし、藩の財政を改善する。
* 藩士の子弟に教育を施し、藩の将来を担う人材を育成する。
* 藩内の産業を振興し、藩の収入を増やす。

斉政は、明善の改革案を採用し、藩政改革を断行した。その結果、姫路藩の財政は改善され、農民の生活も安定した。また、藩士の子弟の教育も充実し、藩の将来を担う人材が育成された。

藩政改革により、姫路藩は、播磨国で最も繁栄した藩の一つとなった。斉政は、藩政改革に成功した名君として知られている。

タイトルとURLをコピーしました