国重(1) – 鎌倉・南北朝時代の刀工

国重(1) – 鎌倉・南北朝時代の刀工

初代長谷部国重の生涯と経歴

初代長谷部国重の生涯と経歴

-初代長谷部国重の生涯と経歴-

初代長谷部国重は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した刀工です。相模国足柄上郡長谷部郷を拠点として活動し、その刀は「長谷部」として知られています。

国重は、もともと甲斐国西山党の武士でしたが、1278年の霜月騒動に連座して甲斐を追放され、相模国長谷部郷に逃れました。そこで刀工として生計を立て始め、その才能を磨いていきました。

国重は、相州伝の刀工である正宗の弟子であったと伝えられています。正宗の刀は切れ味と美しさを兼ね備えた名刀として知られており、国重はその技法を学び、さらに独自の工夫を加えて独自の作風を確立しました。

国重の刀は、切れ味と耐久性に優れており、実用的な刀として武士たちに重宝されました。また、その華やかな装飾も特徴的で、刀身には金象嵌や金蒔絵などの技法が施されていました。

国重は、1350年頃に亡くなったとされています。その生涯は謎に包まれていますが、その刀は現在も多くの愛好家に珍重されています。

国重の刀の中でも有名なのが、「長谷部国重正宗」です。この刀は、正宗の作刀とされる「正宗五箇伝」の一つであり、その切れ味と美しさは天下無双と称されています。現在は、皇居の御物として保管されています。

国重は、相州伝の刀工の中でも最も有名な刀工の一人であり、その刀は現在も多くの愛好家に珍重されています。

門下十哲の一人として知られる国重

門下十哲の一人として知られる国重

– 門下十哲の一人として知られる国重

国重は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した刀工です。備前長船派の祖とされ、門下には十哲と称される10人の名工がいました。

国重は、備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市長船町)で生まれました。幼名は太郎三郎で、初めは長船派の刀工であった国光に師事しました。その後、備前国福岡(現在の福岡市)に移り、福岡一文字派を創始しました。

国重は、優れた刀工として知られ、その作風は、優美で華麗な作風とされています。また、刀身の地肌が美しく、沸(にえ)や錵(はだれ)がよく映える刀が特徴です。

国重の作刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に人気があり、高値で取引されています。特に、門下十哲の10人の名工が制作した刀は、国宝や重要文化財に指定されているものが多くあります。

国重は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した名工であり、その作風は、優美で華麗な作風として高く評価されています。また、門下十哲の10人の名工が制作した刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に人気があり、高値で取引されています。

国宝「名物へし切り」の刀工

国宝「名物へし切り」の刀工

国宝「名物へし切り」の刀工

国重は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した刀工である。相模国の住人であり、相模国鎌倉に工房を構えていた。国重は、相州伝の刀工として知られており、その作風は、地鉄が板目肌で、刃文がのたれ刃であることを特徴とする。国重は、鎌倉幕府の御用刀工として活躍し、多くの名刀を世に送り出した。その中でも、最も有名な作品が、国宝「名物へし切り」である。

「名物へし切り」は、鎌倉時代中期に作られた太刀である。刃長は85.8cm、反りは1.3cmである。地鉄は板目肌で、刃文はのたれ刃である。国重の作風を代表する作品であり、その切れ味は抜群である。

「名物へし切り」は、鎌倉時代末期に、新田義貞が鎌倉幕府を滅ぼした際に、鎌倉幕府の執権であった北条高時の佩刀であった。その後、新田義貞の死後、足利尊氏に渡り、室町幕府の将軍家に受け継がれた。江戸時代には、徳川家康の孫である松平忠輝が所蔵していた。その後、加賀藩前田家に伝わり、明治維新後に前田家が献上したことで、皇室御物となった。

「名物へし切り」は、日本の国宝に指定されており、現在は東京国立博物館に所蔵されている。「名物へし切り」は、国重の作風を代表する作品であり、その切れ味は抜群である。また、「名物へし切り」は、鎌倉時代末期から江戸時代までの歴史を物語る貴重な資料である。

タイトルとURLをコピーしました