池田王とは – 奈良時代の舎人親王の王子

池田王とは – 奈良時代の舎人親王の王子

池田王の生涯

池田王の生涯

-池田王の生涯-

池田王は、奈良時代の舎人親王の王子として、716年に生まれました。母は、舎人親王の妃である藤原氏の長女、多治比姫でした。池田王は、舎人親王の第四子であり、同母兄弟には、道祖王、乙訓王、葛城王、広瀬女王、伊予女王がいました。

池田王は、幼少期から聡明で、学問を好みました。舎人親王は、池田王の才能を高く評価し、特別に教育を施しました。池田王は、14歳の時に、従五位下に叙せられ、16歳の時に、侍従に任命されました。

18歳の時、池田王は、正五位下に叙せられ、20歳の時に、左兵衛督に任命されました。22歳の時、池田王は、従四位下に叙せられ、24歳の時に、中務大輔に任命されました。

池田王は、26歳の時に、従四位上に叙せられ、28歳の時に、左兵衛督に再任されました。30歳の時、池田王は、正四位下に叙せられ、32歳の時に、中務大輔に再任されました。

池田王は、34歳の時に、薨去しました。享年34。池田王の死は、舎人親王や藤原氏にとって、大きな悲しみとなりました。池田王の墓所は、奈良県奈良市の法華寺にあります。

池田王は、短命ながらも、その才能と学識を活かして、奈良時代の朝廷に仕えました。池田王の死は、奈良時代の大きな損失となりました。

皇太子の候補に推される

皇太子の候補に推される

皇太子の候補に推される

池田王は、天平宝字元年(757年)に28歳で左大臣に任命され、天平宝字8年(764年)には皇太子に推されました。彼は、学問に秀でており、政治にも通じていたことから、次の天皇の候補として有力視されていました。しかし、孝謙天皇は、藤原仲麻呂の娘である井上内親王を皇太子に立てようとしており、池田王の立太子には反対していました。

孝謙天皇と藤原仲麻呂は、池田王を排除しようとして、天平宝字10年(766年)に、藤原仲麻呂の変を起こしました。この変で、藤原仲麻呂は殺され、孝謙天皇は廃位されました。池田王は、この変で勝利を収め、皇太子の地位を固めました。

しかし、池田王は、皇太子になってからわずか1年で亡くなってしまいました。彼は、天平宝字11年(767年)に30歳で病死しました。池田王の死後、孝謙天皇は、再び皇位に就きました。

藤原仲麻呂の乱と流刑

藤原仲麻呂の乱と流刑

-藤原仲麻呂の乱と流刑-

池田王は、藤原仲麻呂の乱に関与したとされて、淡路国に流刑にされた。

藤原仲麻呂の乱は、764年に起きた藤原仲麻呂が起こした叛乱である。仲麻呂は、聖武天皇の皇子である舎人親王を擁立して、孝謙天皇を廃位しようと謀った。しかし、この計画は露見し、仲麻呂は敗死した。

池田王は、仲麻呂の乱に関与したとして、淡路国に流刑にされた。淡路国は、現在の兵庫県淡路島にある国である。池田王は、淡路国で10年以上を過ごした。

775年、桓武天皇が即位すると、池田王は許されて帰京を許された。池田王は、官位を回復し、再び朝廷に出仕した。池田王は、781年に薨去した。

池田王の流刑は、藤原仲麻呂の乱に巻き込まれた悲劇的な出来事である。しかし、池田王は、桓武天皇の即位によって許されて帰京し、官位を回復した。

タイトルとURLをコピーしました