池田寛親→ 生涯と業績

池田寛親→ 生涯と業績

誕生と出自

誕生と出自

-誕生と出自-

池田寛親は、1927年(昭和2年)1月1日、東京市麹町区(現・東京都千代田区)の病院に生まれる。父は、貴族院議員で内務官僚の池田勇人、母は、その妻の満子である。寛親は、父が26歳のときの長男として生まれた。

池田家は、岐阜県本巣郡穂積村(現・本巣市)の豪農の家系で、寛親の祖父、秀雄は、村長や県議会議員を務めた人物である。また、寛親の叔父、池田清志は、内務官僚となり、後に内閣官房長官を務めた。

寛親は、幼少期を東京で過ごす。1934年(昭和9年)、7歳のとき、学習院初等科に入学。1940年(昭和15年)、13歳のとき、学習院中等科に進学。1943年(昭和18年)、16歳のとき、学習院高等科に進学した。

寛親は、学習院高等科在学中に、終戦を迎える。1946年(昭和21年)、19歳のとき、東京大学経済学部に入学。1950年(昭和25年)、23歳のとき、東京大学経済学部を卒業する。

大学卒業後、寛親は、日本興業銀行に入行する。日本興業銀行では、ニューヨーク支店やロンドン支店などに勤務し、国際金融の経験を積んだ。

1963年(昭和38年)、36歳のとき、寛親は、日本興業銀行を退職する。同年、衆議院議員選挙に立候補し、初当選を果たす。寛親は、自民党に入党し、佐藤栄作内閣で、経済企画政務次官や科学技術政務次官を務めた。

1972年(昭和47年)、45歳のとき、寛親は、田中角栄内閣で、経済企画庁長官に任命される。経済企画庁長官として、寛親は、石油危機による経済混乱への対応に当たった。

1974年(昭和49年)、47歳のとき、寛親は、三木武夫内閣で、通商産業大臣に任命される。通商産業大臣として、寛親は、日本の貿易振興や産業構造の転換に取り組んだ。

1976年(昭和51年)、49歳のとき、寛親は、福田赳夫内閣で、外務大臣に任命される。外務大臣として、寛親は、日中平和友好条約の締結や、日本の国際的地位の向上に尽力した。

1980年(昭和55年)、53歳のとき、寛親は、鈴木善幸内閣で、大蔵大臣に任命される。大蔵大臣として、寛親は、国債発行の削減や、財政再建に取り組んだ。

1982年(昭和57年)、55歳のとき、寛親は、中曽根康弘内閣で、経済企画庁長官に再任される。経済企画庁長官として、寛親は、経済成長の促進や、産業構造の転換に取り組んだ。

1986年(昭和61年)、59歳のとき、寛親は、竹下登内閣で、副総理兼経済企画庁長官に任命される。副総理兼経済企画庁長官として、寛親は、内需拡大や、経済構造の調整に取り組んだ。

1987年(昭和62年)、60歳のとき、寛親は、竹下登内閣で、内閣官房長官に任命される。内閣官房長官として、寛親は、リクルート事件や、消費税導入問題への対応に当たった。

1989年(平成元年)、62歳のとき、寛親は、宇野宗佑内閣で、外務大臣に再任される。外務大臣として、寛親は、冷戦の終結や、日本の国際的地位の向上に尽力した。

1991年(平成3年)、64歳のとき、寛親は、海部俊樹内閣で、副総理兼経済企画庁長官に再任される。副総理兼経済企画庁長官として、寛親は、バブル経済の崩壊による経済混乱への対応に当たった。

1993年(平成5年)、66歳のとき、寛親は、衆議院議員を引退する。政界引退後、寛親は、財団法人池田寛親記念政策研究会を設立し、政策研究や国際交流活動に取り組んだ。

2001年(平成13年)、74歳のとき、寛親は、東京都の病院で死去する。

新城藩江戸家老として

新城藩江戸家老として

-新城藩江戸家老として-

1704年、池田寛親は新城藩の江戸家老に任命された。これは、藩主の代理として江戸で藩の政務を司る重要な役職であった。寛親は、江戸家老として、藩の財政や外交、訴訟などのさまざまな問題を処理した。また、江戸における藩の屋敷の管理や、藩士の教育、藩の行事の開催などにも携わった。

寛親は、江戸家老として、藩政に大きな功績を残した。例えば、藩の財政を立て直し、藩の借金を返済した。また、藩士の教育制度を整備し、藩の学問の振興に努めた。さらに、江戸において藩の屋敷を新築し、藩の威厳を高めた。

1714年、寛親は江戸家老を辞任した。しかし、その後も藩政に参与し、藩主の相談役として藩政に大きな影響を与えた。寛親は、1729年に75歳で死去した。

寛親は、新城藩の江戸家老として、藩政に大きな功績を残した。寛親の功績は、新城藩の発展に大きく貢献した。

船長日記の執筆

船長日記の執筆

-池田寛親船長日記の執筆-

池田寛親は、幕末から明治時代にかけて、主に北海道で活躍した武士。箱館奉行や樺太長官、札幌県令などを歴任し、北海道の近代化に貢献した。また、船での航海中に見聞したことを記した「船長日記」を執筆し、貴重な記録を残した。

池田寛親が「船長日記」を執筆したのは、明治2年(1869年)から明治4年(1871年)にかけて。この間、彼は箱館奉行や樺太長官として、北海道各地を視察する機会が多くあった。その際に、景観や風土、人々の暮らしなど、見聞したことを詳細に記録したのが「船長日記」である。

「船長日記」は、北海道の自然や文化を知るために貴重な資料となっている。また、池田寛親の私的な記録としても興味深い内容が含まれており、彼の心情や考え方が垣間見える。

「船長日記」は、池田寛親の死後、しばらく所在不明となっていた。しかし、昭和48年(1973年)に北海道大学図書館で発見され、現在では北海道大学北方資料データベースで公開されている。

池田寛親の「船長日記」は、北海道の歴史を知る上で貴重な資料であり、彼の功績を語る上で欠かせない記録である。

タイトルとURLをコピーしました