池田政員 – 江戸時代中期の備中岡山新田藩主

池田政員 – 江戸時代中期の備中岡山新田藩主

池田政員の生涯

池田政員の生涯

池田政員の生涯

池田政員は、江戸時代中期の大名で備中岡山新田藩の初代藩主である。岡山藩主池田政直の長男として享保12年(1727年)に生まれた。幼名は松次郎。

政員は、宝暦3年(1753年)に父が隠居したため家督を継ぎ、備中岡山新田藩主となった。藩政においては、農業の振興や殖産興業に力を入れ、領内の経済発展に貢献した。また、学問を奨励し、藩校「閑谷学校」を創設した。閑谷学校は、多くの優秀な人材を輩出し、幕末維新期の活躍に貢献した。

政員は、安永5年(1776年)に50歳で死去した。家督は長男の政芳が継いだ。

池田政員は、備中岡山新田藩の基礎を築き、領内の経済発展や学問の振興に貢献した名君であった。

池田政員の死因とその影響

池田政員の死因とその影響

– 池田政員の死因とその影響

池田政員は、江戸時代中期の備中岡山新田藩主である。享保4年(1719年)に生まれ、延享2年(1745年)に父・池田継政の死去により家督を相続した。政員は、藩政改革に努め、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「閑谷学校」を創設した。

安永8年(1779年)に政員は、61歳で死去した。死因は、肝癌であった。政員の死は、藩に大きな影響を与えた。政員の跡を継いだのは、長男の池田政孚であったが、政孚は幼少であり、藩政は政員の弟・池田政辰が主導した。政辰は、政員の改革政策を継承し、藩の財政をさらに立て直した。また、文化事業にも力を入れ、藩士の教育を奨励した。

政員の死は、備中岡山新田藩に大きな影響を与えた。政員は、藩の財政を立て直し、藩校「閑谷学校」を創設するなど、藩の発展に尽力した。政員の死後、藩は政辰の主導でさらに発展し、備中岡山新田藩は、江戸時代後期には、備中最大の藩となった。

タイトルとURLをコピーしました