国乳別皇子-「日本書紀」にみえる景行天皇の皇子

国乳別皇子-「日本書紀」にみえる景行天皇の皇子

国乳別皇子の系譜

国乳別皇子の系譜

-国乳別皇子の系譜-

国乳別皇子は、日本書紀にみえる景行天皇の皇子です。景行天皇の妃である国乳別命の子とされ、景行天皇の11番目の皇子です。

国乳別皇子の母である国乳別命は、下総国の豪族である下総国の国造の娘であるとされています。国乳別皇子は、景行天皇が国乳別命と結婚した後に生まれたため、景行天皇の異母兄弟にあたります。

国乳別皇子の兄弟には、日本武尊、成務天皇、仲哀天皇、神功皇后などがいます。国乳別皇子は、景行天皇の皇子の中では特に活躍した皇子の一人であり、日本書紀には国乳別皇子の事績について詳しい記述があります。

景行天皇40年(西暦110年)に、国乳別皇子は、景行天皇の命を受けて、九州に派遣されました。国乳別皇子は、九州でクマソの反乱を鎮圧しました。また、景行天皇41年(西暦111年)には、国乳別皇子は、景行天皇の命を受けて、東国に派遣されました。国乳別皇子は、東国で蝦夷の反乱を鎮圧しました。

国乳別皇子は、景行天皇の皇子の中では特に有能な皇子であり、景行天皇の治世を支えました。国乳別皇子は、景行天皇42年(西暦112年)に薨去しました。

国乳別皇子の系譜は、景行天皇の系譜とつながっています。国乳別皇子の息子である武日照命は、仲哀天皇の妃である神功皇后の父であり、神功皇后の息子である応神天皇の祖父にあたります。また、国乳別皇子の娘である倭姫命は、倭姫命によって奉斎されたとされる伊勢神宮の祭神である天照大神の妹にあたります。

国乳別皇子は、景行天皇の皇子の中で特に活躍した皇子の一人であり、日本の歴史に大きな影響を与えた人物です。国乳別皇子の系譜は、景行天皇の系譜とつながっており、日本の皇室の系譜とつながっています。

国乳別皇子の功績

国乳別皇子の功績

国乳別皇子の功績

国乳別皇子は、景行天皇の7番目の皇子です。母は弟姫命で、同母兄弟に日本武尊がいます。

国乳別皇子は、日本武尊が東征に出発する際に同行し、常陸国で戦功をあげました。また、日本武尊が熊襲を討伐する際にも同行し、その功績を称えられました。

国乳別皇子は、日本武尊の死後、景行天皇の跡を継いで即位し、第12代天皇である成務天皇となりました。成務天皇は、在位中に大和の豪族を討伐し、政権を安定させました。

また、成務天皇は、穀物を殖やし、養蚕を奨励するなど、産業の発展にも努めました。成務天皇は、22年間にわたって在位し、67歳で崩御しました。

国乳別皇子は、日本武尊とともに、古事記や日本書紀に描かれる英雄の一人です。その功績は、日本史に大きな影響を与えました。

国乳別皇子の終焉

国乳別皇子の終焉

国乳別皇子の終焉

景行天皇の皇子である国乳別皇子は、武勇に優れ、父帝の信頼も厚い人物であったと伝えられています。しかし、ある時、国乳別皇子は父帝の怒りを買い、伊豆国への流罪を命じられてしまいました。

伊豆国に流された国乳別皇子は、その地で病に倒れ、亡くなりました。伝えられるところによると、国乳別皇子は、伊豆国に流された後も、父帝を恨むことなく、常に朝廷のことを案じていたといいます。また、国乳別皇子は、伊豆国に流された後も、地元の人々と親しく交流し、彼らの信頼を得ていたといいます。

国乳別皇子の死は、朝廷に大きな衝撃を与えました。景行天皇は、国乳別皇子の死を悼み、その功績を称えて、彼を神として祀りました。また、景行天皇は、国乳別皇子の死後、伊豆国に国乳別皇子の墓を建て、彼を祀るように命じました。

国乳別皇子は、波瀾万丈の人生を送った人物でした。しかし、彼は、最後まで父帝を敬い、朝廷のことを案じ、地元の人々に親しまれる人物でありました。

国乳別皇子の死は、日本書紀に詳しく記されています。日本書紀によると、国乳別皇子は、伊豆国に流された後、病に倒れ、亡くなりました。国乳別皇子の死後、景行天皇は、彼を神として祀りました。また、景行天皇は、国乳別皇子の死後、伊豆国に国乳別皇子の墓を建て、彼を祀るように命じました。

国乳別皇子の死は、日本書紀に詳しく記されています。日本書紀によると、国乳別皇子は、伊豆国に流された後、病に倒れ、亡くなりました。国乳別皇子の死後、景行天皇は、彼を神として祀りました。また、景行天皇は、国乳別皇子の死後、伊豆国に国乳別皇子の墓を建て、彼を祀るように命じました。

タイトルとURLをコピーしました