― 「国次(2)(2代)」とは?

― 「国次(2)(2代)」とは?

国次(2)(2代)の生涯

国次(2)(2代)の生涯

-国次(2)(2代)の生涯-

国次(2)(2代)は、鎌倉時代の御家人である。国次(1)(2代)の子。

国次は、承久3年(1221年)に相模国の国司となった。その後、文暦2年(1235年)に相模守に任じられ、建長元年(1249年)には陸奥守に任じられた。

国次は、陸奥守在任中に奥州蝦夷征伐に参陣し、戦功を挙げた。建長5年(1253年)には、陸奥守を辞任し、出家して法名を浄源と号した。

国次は、建治3年(1277年)に死去した。

国次は、鎌倉幕府の有力御家人であり、奥州蝦夷征伐にも参陣した武将であった。出家後は、浄源と号し、仏門で生涯を終えた。

国次の作風と特徴

国次の作風と特徴

-国次の作風と特徴-

国次の刀は、その形から「国次風」と呼ばれる独自の作風を持っている。国次風の刀は、鎬造りの身幅広く、重ね厚く、反りが強いのが特徴である。また、切っ先が丸みを帯びており、刃文は直刃で、沸が強く匂いが浅い。

国次風の刀は、その強靭な造りから、武家や武士に好まれた。特に、小夜左文字、三日月宗近、数珠丸恒次などの名刀は、その切れ味と美しさから、多くの武家に所蔵された。

国次風の刀は、その強靭な造りから、武家や武士に好まれた。特に、小夜左文字、三日月宗近、数珠丸恒次などの名刀は、その切れ味と美しさから、多くの武家に所蔵された。

国次風の刀は、その強靭な造りから、武家や武士に好まれた。特に、小夜左文字、三日月宗近、数珠丸恒次などの名刀は、その切れ味と美しさから、多くの武家に所蔵された。

国次風の刀は、その強靭な造りから、武家や武士に好まれた。特に、小夜左文字、三日月宗近、数珠丸恒次などの名刀は、その切れ味と美しさから、多くの武家に所蔵された。

国次風の刀は、その強靭な造りから、武家や武士に好まれた。特に、小夜左文字、三日月宗近、数珠丸恒次などの名刀は、その切れ味と美しさから、多くの武家に所蔵された。

国次の代表作

国次の代表作

-国次の代表作-

国次は、優れた刀工として知られており、多くの名刀を遺しました。その中でも、特に有名なのが「国俊」と「国定」です。

国俊は、国次の代表作の一つであり、国次が最も得意とした刀です。国俊は、細身で反りが強く、刃文は沸出来の直刃が中心にあり、互の目乱れが交じるのが特徴です。国俊は、切れ味が鋭く、実戦向きであることから、多くの武士に愛されました。

国定は、国次のもう一つの代表作です。国定は、国俊よりも太刀身で反りが弱く、刃文は沸出来の直刃が中心にあり、互の目乱れが交じるのが特徴です。国定は、切れ味が鋭く、実戦向きであることから、多くの武士に愛されました。

国次の刀は、その切れ味と美しさから、多くの武士に愛されました。国次の刀は、現在でも高く評価されており、多くの刀剣博物館に所蔵されています。

タイトルとURLをコピーしました