池田政範 ~江戸時代後期の備中岡山新田藩主~

池田政範 ~江戸時代後期の備中岡山新田藩主~

池田政範の生涯

池田政範の生涯

池田政範の生涯

池田政範は、江戸時代後期の備中岡山新田藩主です。政範は、天明6年(1786年)に備中岡山藩主・池田政常の三男として生まれました。政範は、幼少の頃から学問を好み、特に和歌や漢詩に秀でていました。

政範は、文化13年(1816年)に父・政常の死去に伴い、備中岡山藩主を継ぎました。政範は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の財政を立て直しました。また、政範は、領内の産業振興にも力を入れ、備中岡山藩を経済的に豊かな藩にしました。

政範は、文政11年(1828年)に病のため、43歳で死去しました。政範の死後、備中岡山藩は、政範の養子・政徳が継ぎました。

政範は、備中岡山藩主として、藩政改革や産業振興に尽力し、藩の発展に貢献した名君として知られています。

池田政範の功績

池田政範の功績

-池田政範の功績-

池田政範は、江戸時代後期の備中岡山新田藩主である。政範は、備中松山藩主・池田定政の四男として生まれ、旗本の荻谷重高の養子となった。その後、定政の死後に備中岡山新田藩を継いだ。

政範は、藩政改革に努め、藩財政の立て直しや、藩士の教育制度の整備などを行った。また、政範は、備中岡山藩の藩主であった池田綱政の命を受け、備中高梁川の水害対策として、高梁川の改修工事を行った。この工事は、政範の死後も続けられ、備中高梁川の氾濫を防止するのに大きな役割を果たした。

政範は、藩主としてだけでなく、文化人としても知られた。政範は、和歌や俳諧を嗜み、多くの作品を残した。また、政範は、備中岡山藩の儒学者であった熊沢蕃山の弟子となり、儒学を学んだ。政範は、熊沢蕃山の思想に影響を受けて、藩政改革や藩士の教育制度の整備などを行った。

政範は、寛政4年(1792年)に死去した。享年57。政範の死後、備中岡山新田藩は、廃藩置県まで存続した。

池田政範の人物像

池田政範の人物像

-池田政範の人物像-

池田政範は、江戸時代後期の備中岡山新田藩主です。1789年(寛政元年)に備中松山藩主・池田長三郎の三男として生まれ、1837年(天保8年)に岡山新田藩の第5代藩主となりました。

政範は、藩政改革を積極的に推進した藩主として知られています。1838年(天保9年)には、領内の検地を実施して土地の石高を正確に把握し、年貢の徴収を厳格化しました。また、1845年(弘化2年)には、藩の財政を再建するために倹約令を発布しました。

政範は、学問にも造詣が深く、藩校「修道館」を創設しました。修道館では、儒学や武術、蘭学などの幅広い分野の学問が教えられ、多くの優秀な人材が輩出されました。

政範は、備中松山藩の藩主であった池田長裕の妹を正室に迎えています。また、政範には子がおらず、養子として池田章政を迎えています。

1868年(明治元年)、明治維新が起こると、政範は新政府に恭順し、岡山新田藩を廃藩しました。その後、政範は東京に移り住み、1879年(明治12年)に死去しました。享年91。

池田政範は、藩政改革を積極的に推進し、藩の財政を再建した有能な藩主でした。また、藩校「修道館」を創設して学問を奨励し、多くの優秀な人材を輩出しました。政範は、備中岡山新田藩の発展に大きく貢献した藩主として、現在でも人々に敬愛されています。

タイトルとURLをコピーしました