「池田政方」

「池田政方」

池田政方の生涯

池田政方の生涯

池田政方(?-1347年)は、備中国(現・岡山県)の豪族で、南北朝時代の武将。

池田政方の生涯

池田政方は、備中国(現・岡山県)の豪族である池田氏の出身。父は池田光政、母は不詳。生年は不詳であるが、13世紀後半に生まれたと推定されている。

政方は、幼い頃から武芸に秀でており、1324年に鎌倉幕府の執権である北条高時に従って出陣した。このとき、政方は、敵将を討ち取るなどの功績を挙げ、高時より感状を賜った。

1331年、鎌倉幕府が倒壊すると、政方は、後醍醐天皇に仕えた。後醍醐天皇は、政方に備中国守護職を任命し、政方は、備中国の統治に当たった。

しかし、1336年、後醍醐天皇が足利尊氏に敗れると、政方は、尊氏に降伏した。尊氏は、政方に備中国守護職を安堵し、政方は、引き続き備中国の統治に当たった。

1347年、政方は、尊氏に従って九州に出陣した。このとき、政方は、敵将を討ち取るなどの功績を挙げ、尊氏より感状を賜った。しかし、政方は、この戦いで戦死した。

政方の死後、池田氏は、備中国の豪族として存続し、戦国時代まで続いた。

池田政方は、備中国の豪族として、南北朝時代の動乱を生き抜いた武将である。政方は、武芸に秀でており、後醍醐天皇と足利尊氏の両方に仕えた。政方の死後、池田氏は、備中国の豪族として存続し、戦国時代まで続いた。

池田政方の功績

池田政方の功績

池田政方の功績

池田政方(いけだ まさかた)は、戦国時代の武将。摂津国池田城主。池田勝正の嫡男。

池田政方は、幼少の頃から武勇に優れており、15歳の時に初陣を飾った。その後、織田信長に仕えて、数々の戦いで活躍した。

1573年、信長が石山本願寺を攻めたとき、政方は別働隊を率いて、本願寺の支城である野田城を攻撃した。政方は、野田城を陥落させ、本願寺の勢力を弱体化させることに成功した。

1582年、本能寺の変で信長が討たれた後、政方は豊臣秀吉に仕えた。秀吉が九州を平定したとき、政方は九州の諸大名を討伐する軍に参加した。政方は、九州の諸大名を次々と降伏させ、秀吉の九州平定に貢献した。

1585年、秀吉が関白になったとき、政方は従五位下右衛門督に叙された。1587年、秀吉が九州を平定した後、政方は摂津国池田城主となった。

政方は、池田城主として、領内の統治に努めた。また、政方は武功を立てて、秀吉から加増を受けた。1590年、政方は尾張国犬山城主となった。

1592年、文禄の役に政方は、朝鮮に渡海した。政方は、朝鮮で数々の戦いで活躍した。1593年、政方は病のため、朝鮮で死去した。享年42。

政方の死後、その功績を称えて、秀吉は政方の嫡男である池田輝政に、播磨国姫路城を与えた。

池田政方の残した功績

池田政方の残した功績

池田政方の残した功績

池田政方は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将であり、池田輝政の父として知られています。美濃国池田郡を本拠地とした池田氏の当主であり、織田信長や豊臣秀吉に仕えました。

池田政方は、織田信長の信頼を得て、美濃国や近江国の支配を任されました。また、賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉の軍勢に加わり、勝利に貢献しました。さらに、九州征伐や朝鮮出兵にも参加し、武功を挙げました。

池田政方は、武勇に優れた武将であり、また、優れた内政家でもありました。美濃国や近江国では、農政や水利事業に力を入れ、領地の開発に努めました。また、城下町を整備し、商業や工業を奨励しました。

池田政方の功績は、池田氏を戦国大名として確立し、豊臣政権の中核を担う有力大名となったことです。また、美濃国や近江国の開発に努め、領民の生活を向上させました。さらに、城下町を整備し、商業や工業を奨励することで、地域の経済発展に貢献しました。

池田政方は、戦国時代を代表する武将の一人であり、その功績は現在でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました