池田政保 – 幕末から昭和初期の大名と華族

池田政保 – 幕末から昭和初期の大名と華族

池田家の10代目当主

池田家の10代目当主

-池田家の10代目当主-

池田政保は、池田家の10代目当主であり、幕末から昭和初期の大名、華族である。天保6年(1835)に生まれ、父は池田斉政、母は松平頼恕の娘である。

幼い頃から聡明で、藩政にも早くから参与した。安政5年(1858)に父の隠居に伴い家督を継ぐ。

文久2年(1862)、池田政保は将軍徳川家茂の上洛に従い、京都へ向かう。そこで、尊王攘夷派と幕府派の間の対立が激化しているのを見て、勤王を唱える。

慶応2年(1866)、池田政保は鳥羽・伏見の戦いに参加する。しかし、幕府軍は敗北し、池田政保は大阪城に籠城した。その後、池田政保は新政府軍に降伏し、謹慎処分を受ける。

明治2年(1869)、池田政保は謹慎を解かれ、華族に列せられる。明治4年(1871)には、海軍卿に任命される。

明治10年(1877)、西南戦争が勃発すると、池田政保は政府軍に加わり、鹿児島へ出征する。

明治17年(1884)、池田政保は貴族院議員に勅選される。以後、貴族院議員を務め、明治36年(1903)に死去する。

池田政保は、幕末から昭和初期にかけて活躍した大名、華族である。勤王を唱え、新政府軍に加わったことで、維新後の日本に大きな影響を与えた人物である。

備中岡山新田藩主として活躍

備中岡山新田藩主として活躍

備中岡山新田藩主として活躍

池田政保は、備中岡山新田藩の第7代藩主です。彼は1813年に生まれ、1851年に藩主を継承しました。政保は、幕末の動乱期に藩主を務め、備中岡山新田藩を明治維新まで存続させました。

政保は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の財政を立て直しました。また、学問を奨励し、藩校を設立しました。政保は、備中岡山新田藩を近代化し、明治維新後の存続に備えました。

明治維新後、政保は華族に列せられ、伯爵の称号を授与されました。政保は、新政府に出仕し、民部卿を務めました。政保は、1891年に死去しました。

政保は、備中岡山新田藩を幕末の動乱期から明治維新まで存続させた有能な藩主でした。政保は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の財政を立て直しました。また、学問を奨励し、藩校を設立しました。政保は、備中岡山新田藩を近代化し、明治維新後の存続に備えました。

子爵に叙爵

子爵に叙爵

-子爵に叙爵-

池田政保は、1884年(明治17年)7月7日に子爵に叙爵された。これは、維新の功績により、政府から与えられた栄誉であった。池田政保は、子爵に叙爵された後も、政府や華族社会で活躍を続けた。

子爵は、華族制度の中で、男爵の次に位置する爵位である。子爵は、世襲の爵位であり、一代限りではなく、嫡男に受け継がれる。子爵は、貴族院議員に列することができ、政府や華族社会で重要な役割を果たすことができた。

池田政保は、子爵に叙爵された後、政府や華族社会で活躍を続けた。池田政保は、1885年(明治18年)に宮内省御用掛に任命され、1887年(明治20年)には貴族院議員に当選した。池田政保は、貴族院議員として、政府の政策や法律の制定に参与し、華族社会の発展に貢献した。

池田政保は、1919年(大正8年)に死去した。池田政保の死後、爵位は嫡男の池田政憲が継承した。池田政憲は、子爵として、政府や華族社会で活躍を続けた。池田政憲は、1947年(昭和22年)に華族制度が廃止されるまで、子爵の地位にあった。

タイトルとURLをコピーしました