国友重章(1861-1909):明治時代のジャーナリスト

国友重章(1861-1909):明治時代のジャーナリスト

国友重章の生涯

国友重章の生涯

-国友重章の生涯-

国友重章は、1861年2月6日に江戸で生まれました。幼名は勘七郎、のちに重章と改名しました。父は国友安次郎、母は遊。重章は幼い頃から聡明で、学問を好みました。1874年、13歳のときに東京師範学校に入学し、1878年に卒業しました。卒業後は、小学校の教師として働きながら、ジャーナリズムの勉強をしました。

1881年、重章は「自由之理」という新聞を創刊しました。これは、日本最初の政治新聞で、自由民権運動を推進しました。また、重章は「民権論」という雑誌を創刊し、民権思想の普及に努めました。

1889年、重章は第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。重章は、議会で自由民権運動を推進し、政府の腐敗を弾劾しました。しかし、1890年に第2回衆議院議員総選挙に落選し、政界を引退しました。

1891年、重章は「東京日日新聞」の記者になりました。重章は、記者として日清戦争や日露戦争を取材し、戦争の惨禍を世に訴えました。また、重章は「民権論」を復刊し、民権思想の普及に努めました。

1909年、重章は東京で死去しました。48歳でした。重章は、自由民権運動の指導者として、日本の民主主義の発展に貢献しました。また、重章は、ジャーナリストとして、戦争の惨禍を世に訴え、平和を訴えました。

条約改正案への反対

条約改正案への反対

– 条約改正案への反対

国友重章は、明治時代のジャーナリストであり、日本の近代化を主張する論陣を張ったことで知られている。彼は、日本の独立と自由を守るために、不平等な条約を改正する必要があると主張し、条約改正案に反対した。

国友重章は、不平等な条約が日本の経済と政治に悪影響を及ぼしていると主張した。彼は、欧米列強が不平等な条約を利用して、日本から不当な利益を得ており、日本の産業の発展を阻害していると主張した。また、不平等な条約は日本の独立と主権を侵害していると主張し、日本の独立と自由を守るためには、不平等な条約を改正する必要があると主張した。

条約改正案に対しては、国友重章以外にも多くの反対者がいた。反対派は、条約改正案は日本の独立と主権を侵害するものであり、日本の産業の発展を阻害すると主張した。また、条約改正案は日本を欧米列強の植民地にするものであり、日本の伝統と文化を破壊すると主張した。

政府は、反対派の意見を無視して、条約改正案を可決した。条約改正案の可決は、日本の近代化を大きく前進させたが、同時に、日本の独立と主権を侵害するものでもあった。国友重章は、条約改正案の可決に抗議して、新聞を廃刊し、政治活動から引退した。

国友重章は、日本の近代化に貢献したジャーナリストであり、不平等な条約に反対し、日本の独立と自由を守ろうとした功績は大きい。

閔妃暗殺事件への連座

閔妃暗殺事件への連座

-# 国友重章(1861-1909)明治時代のジャーナリスト

国友重章は、明治時代のジャーナリストであり、日本のジャーナリズムの発展に大きな貢献をした人物である。彼は、1861年に広島県に生まれ、1876年に東京大学予備門に入学した。大学卒業後は、新聞記者として働き、1889年に『東京日日新聞』の主筆に就任した。同紙は、国友の指導の下で発行部数を伸ばし、日本の三大新聞の一つとなった。

国友は、ジャーナリストとしてだけでなく、政治家としても活躍した。1890年に衆議院議員に当選し、1898年には逓信大臣に任命された。しかし、1900年に閔妃暗殺事件に連座したとして辞任した。閔妃暗殺事件は、1895年に朝鮮王妃である閔妃が日本公使館に避難した際に、日本軍によって暗殺された事件である。国友は、この事件に関与したとして告発され、辞任を余儀なくされた。

閔妃暗殺事件への連座は、国友のジャーナリストとしてのキャリアに大きな傷を負わせた。しかし、彼はその後もジャーナリストとして活動を続け、1909年には『国民新聞』の主筆に就任した。同紙は、国友の指導の下で発行部数を伸ばし、日本の三大新聞の一つとなった。国友は、1909年に脳溢血で急死した。

国友は、ジャーナリストとして日本のジャーナリズムの発展に大きな貢献をした人物である。彼は、新聞の発行部数を伸ばし、大衆に情報を提供する役割を果たした。また、政治家としても活躍し、日本の近代化に貢献した。閔妃暗殺事件への連座は、彼の人生に大きな傷を負わせたが、彼はその後もジャーナリストとして活動を続け、国民に情報を提供する役割を果たした。

タイトルとURLをコピーしました