国中公麻呂 – 盧舎那大仏の鋳造を成功させた奈良時代の官吏・仏師

国中公麻呂 – 盧舎那大仏の鋳造を成功させた奈良時代の官吏・仏師

国中公麻呂の生涯

国中公麻呂の生涯

国中公麻呂の生涯

国中公麻呂は、奈良時代に活躍した官吏・仏師です。彼は、盧舎那大仏の鋳造を成功させ、日本の仏教美術史上、重要な役割を果たしました。

公麻呂は、天平宝字元年(757年)に、越前国足羽郡(現在の福井県福井市)に生まれました。彼は、幼少の頃から仏教に帰依し、仏像を彫ることに熱心に取り組みました。

天平勝宝9年(757年)、公麻呂は、東大寺の大仏(盧舎那大仏)の鋳造を監督する役人に任命されました。彼は、鋳造に必要な銅や錫などの材料を集め、鋳造に必要な技術を習得するために、中国に留学しました。

公麻呂は、中国で鋳造技術を学び、帰国後、盧舎那大仏の鋳造を開始しました。しかし、鋳造は困難を極め、何度も失敗を繰り返しました。それでも、公麻呂は諦めずに、何度も鋳造に挑戦し続けました。

天平勝宝10年(758年)、ついに盧舎那大仏の鋳造は成功しました。盧舎那大仏は、高さ16.2メートル、重さ452トンという巨大な仏像で、日本の仏教美術史上、最大の仏像となりました。

盧舎那大仏の鋳造は、公麻呂の功績で成功しましたが、公麻呂は盧舎那大仏の開眼を待たずに、天平宝字5年(761年)に亡くなりました。享年60歳でした。

公麻呂は、日本の仏教美術史に大きな功績を残した偉人です。彼の盧舎那大仏の鋳造は、日本の仏教美術の発展に大きな影響を与え、今もなお多くの人々を魅了しています。

金光明寺造仏所の造仏長官として

金光明寺造仏所の造仏長官として

金光明寺造仏所の造仏長官として

国中公麻呂は、金光明寺造仏所の造仏長官として、盧舎那大仏の鋳造を成功させた。金光明寺は、奈良時代に平城京に建立された官寺であり、盧舎那大仏は、金光明寺の本尊として鋳造された。国中公麻呂は、盧舎那大仏の鋳造を監督し、その成功に大きく貢献した。

国中公麻呂は、金光明寺造仏所の造仏長官として、盧舎那大仏の鋳造に必要な技術者や材料を集め、鋳造作業を指揮した。また、盧舎那大仏の鋳造にあたり、様々な工夫を凝らした。例えば、盧舎那大仏の鋳造には、大量の銅が必要だったが、国中公麻呂は、銅の入手が困難な状況の中で、各地から銅を集めることに成功した。また、盧舎那大仏の鋳造には、高い技術が必要だったが、国中公麻呂は、優れた技術者を集めて、鋳造作業を成功させた。

国中公麻呂の努力によって、盧舎那大仏は、無事鋳造され、金光明寺の本尊として安置された。盧舎那大仏は、奈良時代を代表する仏像であり、国中公麻呂の功績は、大きく評価されている。

宝亀5年10月3日死去

宝亀5年10月3日死去

-宝亀5年10月3日死去-

宝亀5年10月3日(776年11月2日)、国中公麻呂は奈良で亡くなりました。彼は、盧舎那大仏の鋳造を成功させた奈良時代の官吏・仏師であり、彼の死は、盧舎那大仏建立のプロジェクトにとって大きな打撃となりました。

国中公麻呂は、奈良県桜井市出身で、父は国中広基、母は県犬養五百枝でした。彼は、若くして仏教に帰依し、僧侶として修行を重ねました。しかし、後に還俗して官吏となり、最終的には、太政官の正四位上にまで上り詰めます。

国中公麻呂は、仏教を深く信仰しており、盧舎那大仏の建立を強く望んでいました。彼は、東大寺の別当として、盧舎那大仏の鋳造を総括し、その完成に尽力しました。盧舎那大仏は、高さ16.2メートル、重さ452トンの巨大な仏像で、その鋳造は非常に困難を極めました。しかし、国中公麻呂は、仏教への強い信仰と、優れた技術力によって、この難題を克服し、盧舎那大仏の鋳造を成功させました。

国中公麻呂は、盧舎那大仏の鋳造を成功させた後、間もなく亡くなりました。彼は、盧舎那大仏の完成を見届けることなく、この世を去りました。しかし、彼の功績は、今日でも高く評価されており、盧舎那大仏建立のプロジェクトにおいて、最も重要な人物の一人として知られています。

タイトルとURLをコピーしました