国之闇戸神について

国之闇戸神について

国之闇戸神とは

国之闇戸神とは

-国之闇戸神とは-

国之闇戸神とは、日本神話に登場する神であり、闇戸之神、闇戸大神、国之石戸神、国石戸神、闇戸神とも呼ばれています。イザナキとイザナミが国生みを行った際に、最初に生まれた神であり、国土の境界の守護神とされています。また、夜を司る神ともされており、闇戸とは闇の戸口という意味です。

国之闇戸神は、イザナキとイザナミが国生みを行った際に、最初に生まれた神であり、国土の境界の守護神とされています。また、夜を司る神ともされており、闇戸とは闇の戸口という意味です。国之闇戸神は、イザナキとイザナミが国生みを行った際に、最初に生まれた神であり、国土の境界の守護神とされています。また、夜を司る神ともされており、闇戸とは闇の戸口という意味です。

国之闇戸神は、古事記には登場しませんが、日本書紀には登場します。日本書紀には、国之闇戸神はイザナキとイザナミが国生みを行った際に、最初に生まれた神であり、国土の境界の守護神とされています。また、夜を司る神ともされており、闇戸とは闇の戸口という意味です。

国之闇戸神は、古事記には登場しませんが、日本書紀には登場します。日本書紀には、国之闇戸神はイザナキとイザナミが国生みを行った際に、最初に生まれた神であり、国土の境界の守護神とされています。また、夜を司る神ともされており、闇戸とは闇の戸口という意味です。

国之闇戸神の系譜

国之闇戸神の系譜

-国之闇戸神の系譜-

国之闇戸神は、日本神話に登場する神である。闇戸とは、闇に覆われた戸のことを指し、国之闇戸神は、その闇戸を司る神として登場する。国之闇戸神は、伊邪那岐神と伊邪那美神の子であり、八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)を生み出したとされる。

国之闇戸神は、字が示すとおり、闇を司る神であることから、しばしば死者の国と関連づけられる。しかし、国之闇戸神は、単なる死者の国を司る神ではなく、闇戸を司る神であることから、その役割はもっと幅広いと考えられる。

国之闇戸神は、闇の中にあるものをすべて司るとされ、その中には、死者の国だけでなく、冥界や魔界なども含まれる。また、国之闇戸神は、闇の中から新しいものを生み出す力も持っており、そのことから、国之闇戸神は、創造の神とも考えられている。

国之闇戸神は、日本の神話の中でも、その役割が不明瞭な神の一柱である。しかし、その不明瞭さが、国之闇戸神の魅力であり、多くの研究者や神道家たちの興味を引いている。

国之闇戸神の役割

国之闇戸神の役割

国之闇戸神の役割

国之闇戸神は、日本神話に登場する神で、闇の世界の支配者とされています。その名前は「国の暗闇の神」を意味しており、その役割は、闇の世界を支配し、秩序を維持することです。

国之闇戸神は、イザナギとイザナミの間に生まれた神で、兄妹であり、夫婦でもありました。しかし、イザナミが火の神を産んだ際に死亡し、イザナギはイザナミを黄泉の国に迎えに行きましたが、イザナミは帰還を拒否しました。

イザナギは、イザナミを連れ戻すために黄泉の国に踏み入りましたが、イザナミは醜い姿になっており、イザナギは恐怖に駆られて逃げ帰りました。イザナギは、追いかけてくるイザナミから逃れるために、桃の実を投げつけましたが、イザナミは桃の実を食い尽くしてしまいました。

イザナギは、イザナミから逃れるために、黄泉の国との境界である黄泉比良坂まで逃げ延びました。そして、黄泉比良坂に大きな岩を置き、イザナミを閉じ込めました。

イザナギは、イザナミを閉じ込めた後、禊を行って身を清めました。そして、禊を行った際に、左目から天照大神、右目から月読命、鼻から須佐之男命が生まれました。

天照大神は、太陽の神であり、月読命は、月の神であり、須佐之男命は、海の神であり、この三神は、日本の神々の祖先とされています。

国之闇戸神は、闇の世界の支配者であり、秩序を維持する役割を担っています。また、イザナギとイザナミの間に生まれた神であり、天照大神、月読命、須佐之男命の父でもあります。

タイトルとURLをコピーしました