国之水分神 – 古事記に登場する水の分配を司る神

国之水分神 – 古事記に登場する水の分配を司る神

国之水分神の役割と由来

国之水分神の役割と由来

-国之水分神の役割と由来-

国之水分神は、古事記に登場する水の分配を司る神です。水の神である罔象女神(みつはのめのかみ)の夫とされています。国之水分神は、雨や雪、露など、あらゆる水の流れを司り、人間や動植物に水の恵みをもたらします。また、洪水や干ばつなどの水害を防ぎ、人々の生活を守るともされています。

国之水分神は、古くから日本の各地で信仰されてきました。特に、水不足に悩まされていた地域では、国之水分神を祀る神社が建てられ、雨乞いの儀式が行われていました。国之水分神を祀る神社は、全国各地に数多く存在し、現在でも多くの人が参拝に訪れています。

国之水分神の由来については、いくつかの説があります。一説によると、国之水分神は、天照大神と須佐之男命の誓約で生まれた神であるとされています。また、別の一説によると、国之水分神は、罔象女神の夫であるとされています。いずれにしても、国之水分神は、古くから日本の各地で信仰されてきた水の分配を司る神であることは間違いありません。

国之水分神と天之水分神

国之水分神と天之水分神

-国之水分神と天之水分神-

国之水分神とは、古事記に登場する神であり、水の分配を司る神とされています。国之水分神は、天之水分神の子であり、天之水分神は、高天原に降り立った瓊瓊杵尊を助けたとされる神です。

国之水分神は、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊に水を提供したとされています。瓊瓊杵尊は、高天原から地上に降り立った際、水を求めて彷徨っていましたが、国之水分神が水を提供したことで、瓊瓊杵尊は命を救われたとされています。

また、国之水分神は、水害を防ぐ神としても知られています。国之水分神は、洪水を起こす神である須佐之男命を鎮め、水害を防いだという伝説が残されています。

国之水分神は、日本各地に祀られていますが、特に、和歌山県にある丹生都比売神社が有名です。丹生都比売神社は、国之水分神を祀る神社であり、古くから水の神として信仰されています。

国之水分神は、水の分配を司る神であり、水害を防ぐ神でもあります。日本各地に祀られており、古くから水の神として信仰されています。

国之水分神の祀られている神社

国之水分神の祀られている神社

-国之水分神の祀られている神社-

国之水分神を祀る神社は、全国各地に点在しています。その中でも、代表的な神社をご紹介します。

* -水分神社(石川県加賀市)-

石川県加賀市にある水分神社は、国之水分神を祀る神社として最も有名な神社のひとつです。この神社は、688年に疫病が流行した際に、国之水分神を祀って祈願したところ、疫病が収まったという故事に由来しています。境内には、本殿、拝殿、楼門、神門などがあり、国の重要文化財に指定されています。

* -水分神社(京都府京都市)-

京都府京都市にある水分神社は、国之水分神と罔象女神(みつはのめのかみ)を祀る神社です。この神社は、794年に桓武天皇が平安京に遷都した際に、国之水分神と罔象女神を祀って祈願したことに由来しています。境内には、本殿、拝殿、楼門、神門などがあり、国の重要文化財に指定されています。

* -水分神社(大阪府守口市)-

大阪府守口市にある水分神社は、国之水分神を祀る神社です。この神社は、715年に疫病が流行した際に、国之水分神を祀って祈願したところ、疫病が収まったという故事に由来しています。境内には、本殿、拝殿、楼門、神門などがあり、国の重要文化財に指定されています。

* -水分神社(兵庫県西脇市)-

兵庫県西脇市にある水分神社は、国之水分神と罔象女神を祀る神社です。この神社は、717年に疫病が流行した際に、国之水分神と罔象女神を祀って祈願したところ、疫病が収まったという故事に由来しています。境内には、本殿、拝殿、楼門、神門などがあり、国の重要文化財に指定されています。

* -水分神社(奈良県奈良市)-

奈良県奈良市にある水分神社は、国之水分神を祀る神社です。この神社は、720年に疫病が流行した際に、国之水分神を祀って祈願したところ、疫病が収まったという故事に由来しています。境内には、本殿、拝殿、楼門、神門などがあり、国の重要文化財に指定されています。

タイトルとURLをコピーしました