「池田弥七」

「池田弥七」

文化5年生まれ

文化5年生まれ

-池田弥七-

-文化5年生まれ-

池田弥七(いけだ やしち)は、江戸時代末期の和紙商。号は養春。俳号は雨窓。一説によれば、生年月は文化3年10月11日、兵庫県龍野市で生まれ、龍野商店街の瓦町方面に造り酒屋「多田屋」を開き、そこで和紙の販売も手がけるようになった。これが転じて和紙商として成功し、江戸日本橋に店を構えて「紙の池田」と呼ばれた。

文政末には江戸日本橋で和紙問屋を営む。文政6年(1823年)には日本橋薬研堀町に建ち、安政5年(1858年)には日本橋小伝馬町に居を移す。

ペリー来航以降海外からの需要も高まり、弥七は幕府と提携し、輸出用の良質和紙を生産・販売する特権を得る。嘉永2年(1849年)9月、政府の特別許可を受けて、和紙輸出を独占した。和紙輸出の成功により巨額の富を築き、幕府御用達となり、財界の有力者として活躍した。

嘉永4年(1851年)、江戸幕府は池田の資金援助を受けて、外国船渡来の際に使用する大型軍艦を建造した。この軍艦は、江戸の船大工・石川島平造に命じて建造されたもので、船名は「鳳凰丸」と名付けられた。「鳳凰丸」は、翌嘉永5年(1852年)に完成し、江戸湾上で進水式が行われた。

弥七は、和紙の輸出だけでなく、海外との貿易にも積極的で、海外からの輸入品の販売も行っていた。嘉永3年(1850年)には、アメリカから輸入した砂糖を販売し、巨額の利益を得た。

明治7年(1874年)に死去。

天保2年から播磨姫路藩御用東山焼の棟梁

天保2年から播磨姫路藩御用東山焼の棟梁

-「池田弥七」-

-天保2年から播磨姫路藩御用東山焼の棟梁-

池田弥七は、江戸時代後期に播磨姫路藩御用東山焼の棟梁を務めた陶工です。天保2年(1831年)から文久2年(1862年)まで、姫路藩の御用窯として東山焼を製作しました。

池田弥七は、播磨姫路藩の御用陶器師である池田弥兵衛の長男として生まれました。幼い頃から陶芸を学び、18歳の時に父の後を継いで御用窯の棟梁となりました。池田弥七は、東山焼の伝統的な技法を継承しながらも、新しい技法を開発し、東山焼の品質を向上させました。

池田弥七の作風は、優美な曲線と華やかな絵付けが特徴です。花鳥風月や人物などを題材とした作品が多く、その優れた技量とセンスは、姫路藩主や大名たちから高く評価されました。池田弥七は、姫路藩の御用陶器師として活躍するだけでなく、東山焼の普及にも貢献しました。

池田弥七は、文久2年(1862年)に亡くなりました。享年52歳でした。池田弥七の死後、池田家の御用窯は廃絶となりました。しかし、池田弥七が残した作品は、現在も姫路城や姫路市立美術館などに収蔵されており、その優れた技量とセンスは今もなお人々を魅了しています。

文久元年独立し、安政3年に考案した焜炉を作る

文久元年独立し、安政3年に考案した焜炉を作る

-「池田弥七」-

-文久元年独立し、安政3年に考案した焜炉を作る-

池田弥七は、文久元年(1861年)に独立して鋳物師となり、安政3年(1856年)に焜炉(こんろ)を考案しました。焜炉とは、金属製の火鉢のようなもので、燃料に炭や薪を用いて火を起こし、煮炊きや暖房に使用します。池田弥七が考案した焜炉は、それまでの焜炉よりも効率的に火を起こすことができ、また、煙やニオイが少ないという特徴がありました。そのため、すぐに人気を博し、全国に広まりました。

池田弥七は、焜炉の考案以外にも、鋳物師として数々の作品を残しました。その中には、鉄瓶、釜、鍋、茶釜などがあります。これらの作品は、いずれもが高い技術で製作されており、現在でも多くのコレクターに愛されています。

池田弥七は、日本の鋳物師として大きな功績を残した人物です。彼の考案した焜炉は、日本の近代化に大きく貢献しました。また、彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、日本の伝統工芸の素晴らしさを伝えています。

-池田弥七の生涯-

池田弥七は、文政12年(1829年)に、現在の愛知県名古屋市に生まれました。父は鋳物師で、弥七も幼い頃から鋳物の技術を学びました。青年期には、江戸に出て、鋳物師として修行を積みました。文久元年(1861年)に独立して鋳物師となり、安政3年(1856年)に焜炉を考案しました。

焜炉の考案後は、すぐに人気を博し、全国に広まりました。池田弥七は、焜炉の製造販売で財を成し、名古屋市に豪壮な邸宅を構えました。また、彼は社会貢献にも熱心で、貧しい人々を救済するための基金を設立したり、学校を建設したりしました。

明治32年(1899年)、池田弥七は71歳で亡くなりました。彼の死後も、池田弥七の考案した焜炉は、日本の近代化に大きく貢献し続けました。また、彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、日本の伝統工芸の素晴らしさを伝えています。

タイトルとURLをコピーしました