「国造益方」について

「国造益方」について

国造益方(くにのみやつこ-ますかた)とは

国造益方(くにのみやつこ-ますかた)とは

– 国造益方(くにのみやつこ-ますかた)とは

国造益方は、古代日本の国造の一人である。益方国造、もしくは益方公とも呼ばれている。益方は、現在の大分県日田市一帯を支配していた。益方氏は、日田地方発祥の豪族で、古くから朝廷に仕えていた。益方国の国造は、益方氏の中から選ばれていた。益方国は、大分県の南部に位置する古国で、現在の臼杵市、津久見市、佐伯市、竹田市、豊後大野市、日田市などに相当する地域を支配していた。益方国は、豊後国の一部であり、豊後国の国造は大神氏であった。益方氏は大神氏に次ぐ有力な豪族であり、益方国を支配していた。益方氏は、朝廷に税を納め、朝廷の命令に従っていた。益方氏は、益方国の民を保護し、益方国の治安維持にあたっていた。益方氏は、益方国の民から尊敬されていた。益方氏は、平安時代末期に滅亡した。

国造益方の生涯

国造益方の生涯

-国造益方の生涯-

国造益方は、6世紀後半から7世紀初頭にかけて、現在の兵庫県西部一帯に存在した国造である。姓は益方氏、名は不明。

国造益方は、阿波国造の阿波 fils 深代から分かれて、益方氏を称したとされる。益方氏は、その後、幾世代にもわたって益方国を統治した。

国造益方は、587年に、物部守屋が蘇我馬子に攻められ、自害した際に、物部守屋を支持した。しかし、その後、物部守屋が敗北すると、国造益方は、蘇我馬子に帰順した。

603年、国造益方は、蘇我馬子の命を受けて、物部守屋の墓を暴き、その遺骨を焼いた。また、国造益方は、蘇我馬子の命を受けて、物部守屋の家族を皆殺しにした。

645年、国造益方は、中大兄皇子と中臣鎌足が、蘇我入鹿を攻め、自害させた際に、中大兄皇子と中臣鎌足を支持した。その後、国造益方は、中大兄皇子から、益方郡の郡司に任命された。

国造益方は、686年に、70歳で死去した。

国造益方は、益方氏の祖先として、また、蘇我馬子の忠実な家臣として、歴史にその名を留めている。

国造益方の功績

国造益方の功績

国造益方の功績

国造益方は、古事記や日本書紀にその名が登場する古代日本の地方豪族である。備後の国造として、地域の発展に貢献した人物といわれている。ここでは、国造益方の功績についてご紹介する。

1. 山岳開発と農業振興
国造益方は、山岳開発と農業振興に力を入れていた。備後には険しい山々が連なっていたが、国造益方は、これらの山々を開拓し、農地を広げた。また、灌漑施設を整備して、水不足に悩む地域にも農業を広めた。

2. 交易の促進
国造益方は、交易の促進にも貢献した。備後には、多くの物産があり、国造益方は、これらの物産を他の地域と交易して、地域の経済を活性化させた。また、備後と瀬戸内海を結ぶ航路を開拓し、海上交易を盛んにした。

3. 文化の振興
国造益方は、文化の振興にも力を入れていた。備後には、多くの神社仏閣があり、国造益方は、これらの神社仏閣の建立や修繕に協力した。また、芸能や音楽を奨励し、地域の文化の発展に貢献した。

4. 社会福祉の充実
国造益方は、社会福祉の充実にも配慮していた。備後には、多くの貧しい人々がおり、国造益方は、これらの貧しい人々に食料や衣服を施し、生活を支援した。また、孤児や高齢者などのために、施設を設立して、保護した。

国造益方は、備後の国造として、地域の発展に貢献した人物である。山岳開発や農業振興、交易の促進、文化の振興、社会福祉の充実など、その功績は多岐にわたっている。備後の人々から尊敬され、慕われていた人物であった。

タイトルとURLをコピーしました