「国弘」

「国弘」

正和4年(1315)の比叡山鎮守日吉神社の神輿造り替え

正和4年(1315)の比叡山鎮守日吉神社の神輿造り替え

-「国弘」-

正和4年(1315)の比叡山鎮守日吉神社の神輿造り替え

正和4年(1315)、比叡山鎮守の日吉神社の神輿が造り替えられた。この神輿は、「国弘」と呼ばれ、現在も日吉神社に伝わっている。

「国弘」は、縦2.5メートル、横1.5メートル、高さ2.5メートルの大型の神輿である。本殿は、檜材で造られ、漆塗りが施されている。屋根は、銅板葺きで、千鳥破風になっている。本殿には、日吉神社の主祭神である大山咋神(おおやまくいのかみ)と大己貴神(おおなむちのかみ)が祀られている。

「国弘」は、正和4年(1315)に、比叡山延暦寺の僧侶である国弘上人が奉納したものである。国弘上人は、日吉神社の復興に尽力した僧侶であり、「国弘」は、その功績を称えて造られたものである。

「国弘」は、日吉神社の例祭である「山王祭」の時に使用される。山王祭は、毎年4月21日に行われる祭礼で、日吉神社の主祭神である大山咋神と大己貴神を祀るものである。「国弘」は、山王祭のクライマックスである「神輿渡御」の時に、日吉神社から比叡山延暦寺まで渡御する。

「国弘」は、日吉神社の宝として大切に保管されている。また、日本の神輿文化を代表する作品として、国の重要文化財に指定されている。

上七社の神輿7基のうち4基を新造した国弘

上七社の神輿7基のうち4基を新造した国弘

-上七社の神輿7基のうち4基を新造した国弘-

国弘とは、愛知県知立市に本社を置く神輿製造会社です。1898年(明治31年)に創業し、100年以上の歴史を持つ老舗企業です。国弘は、神輿の製造だけでなく、神具の製造や修理も行っています。

国弘は、その高い技術力と品質の高さで知られており、全国各地の神社から神輿の製造を依頼されています。特に、神輿の聖地である愛知県の三河地方では、国弘の神輿が多数奉納されています。

上七社の神輿7基のうち4基を新造したのも、国弘の技術力の高さの証です。上七社とは、愛知県豊田市にある七つの神社を総称したものです。上七社の神輿は、毎年7月に開催される「上七社例大祭」で巡行されます。

上七社の神輿は、いずれも国弘が丁寧に手掛けており、その美しさは一見の価値があります。上七社の神輿7基のうち4基を新造した国弘の技術力と品質の高さは、まさに職人芸と言えるでしょう。

国弘は、これからもその高い技術力を活かして、全国各地の神社に美しい神輿を届けていくことでしょう。

諸工人の筆頭として、「公衡公記」に記載されている国弘

諸工人の筆頭として、「公衡公記」に記載されている国弘

「国弘」

諸工人の筆頭として、「公衡公記」に記載されている国弘

国弘は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した刀工である。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した刀工であり、備前国(岡山県)を拠点に活動した。国弘は、備前国刀工の祖とされる備前長船派の初代とされ、備前長船派の刀工の中で最も優れた刀工の一人である。

国弘は、諸工人の筆頭として、「公衡公記」に記載されている。公衡公記とは、鎌倉時代の公家である一条兼良の日記である。兼良は、国弘の刀を高く評価しており、日記の中で国弘の刀を「国弘作の刀は、天下第一である」と記している。

国弘の刀は、備前長船派の刀の特徴である、地鉄が美しく、刃文が鮮やかである。また、国弘の刀は、切れ味の良いことで知られており、実戦でも活躍した。

国弘の刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されており、高値で取引されている。国弘の刀は、日本刀の最高峰の一つであり、日本刀の歴史において重要な役割を果たした刀工である。

国弘の刀の作風は、初期には備前長船派の他の刀工と同様に、地鉄は肌目が細かく、刃文は沸出来の直刃が中心となるが、次第に変化し、地鉄は板目肌や柾目肌となり、刃文は互の目乱れや丁子乱れなど複雑な形状が見受けられるようになる。また、国弘の刀は、鎬筋が長く、切っ先が尖っているのが特徴である。

国弘の刀は、実戦でも活躍しており、源平合戦や鎌倉時代の内乱など、多くの戦で使用された。また、国弘の刀は、皇室や公家に献上されることもあり、その切れ味と美しい姿で高く評価された。

国弘の刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されており、高値で取引されている。国弘の刀は、日本刀の最高峰の一つであり、日本刀の歴史において重要な役割を果たした刀工である。

タイトルとURLをコピーしました