国光 – 南北朝時代の刀工

国光 – 南北朝時代の刀工

国光の経歴

国光の経歴

国光 – 南北朝時代の刀工
国光の経歴

国光は、南北朝時代の刀工です。本名は不明ですが、その作刀の特徴から「国光」の名で呼ばれています。国光の経歴については、ほとんどわかっていません。しかし、彼の作品からは、彼が京都で活躍していた刀工であったことが推測されます。国光の刀は、優美な姿と優れた切味を兼ね備えており、多くの武人に愛されました。特に、足利尊氏は国光の刀を愛好しており、彼の佩刀として使用していました。

国光の作刀の特徴は、以下の通りです。

・姿は優美で、腰反りが浅く、切先が長く伸びています。
・地肌は柾目肌が主体ですが、梨地肌や板目肌の作品もあります。
・刃文は、小乱れ刃が主体ですが、直刃や互の目刃の作品もあります。
・帽子は、先が小さく、返りが浅いのが特徴です。

国光の刀は、その優美な姿と優れた切味で、多くの武人に愛されました。特に、足利尊氏は国光の刀を愛好しており、彼の佩刀として使用していました。国光の刀は、現在でも多くのコレクターに珍重されており、高値で取引されています。

国光の作風

国光の作風

国光の作風

 国光の作風は、細身で身幅が広く、元先が揃った姿をしており、匂口が深く、刃文はのたれや乱れ刃が中心となっており、沸つきもよく、地鉄は小板目肌に杢目が入り、刃文は互の目で、匂口は深く、匂口は焼けており、刃縁は厚く、中心は直心で、反りは浅い。

 また、国光の作風の特徴としては、身幅が広く、元先が一致した姿であり、地鉄は小板目肌に杢目が入っており、刃文は互の目乱れ刃、匂口は深く焼けており、刃縁は厚く、中心は直心で、反りは浅い。

 国光の作風は、正平年間(1347年〜1350年)に作られた「太刀 銘 国光」が代表作であり、この太刀は、身幅が広く、元先が一致した姿で、地鉄は小板目肌に杢目が入っており、刃文は互の目乱れ刃、匂口は深く焼けており、刃縁は厚く、中心は直心で、反りは浅い。

 国光の作風は、細身で身幅が広く、元先が揃った姿である。匂口は深く、刃文はのたれや乱れ刃が中心となっており、沸つきもよく、地鉄は小板目肌に杢目が入り、刃文は互の目、匂口は深く、匂口は焼けており、刃縁は厚く、中心は直心、反りは浅い。

国光の代表作

国光の代表作

-国光の代表作-

国光は、南北朝時代を代表する刀工の一人で、相州伝の祖とされる。国光の作刀の特色は、姿が身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている点である。国光は、多くの名刀を製作しており、その代表作には以下のようなものがある。

* -太刀 無銘 備前国光-国光の最も有名な作品の一つで、国宝に指定されている。大太刀で、身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている。
* -太刀 無銘 一文字国光-国宝に指定されている。大太刀で、身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている。
* -太刀 無銘 国光-重要文化財に指定されている。大太刀で、身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている。
* -太刀 無銘 国光-重要文化財に指定されている。大太刀で、身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている。
* -短刀 無銘 国光-重要文化財に指定されている。短刀で、身幅広く反り浅く、刃文は互の目乱れで沸出来がよく、地鉄は板目肌で地沸がよくついている。

以上の作品は、国光の作刀の特色を良く表しており、いずれも名刀として知られている。国光の作刀は、現在でも多くの愛好家に珍重されており、高値で取引されている。

タイトルとURLをコピーしました