「国光(5)」

「国光(5)」

国光(5)の生涯

国光(5)の生涯

国光(5)の生涯

戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した、日本の武将・大名です。
徳川家康の家臣として、徳川四天王の一人として、数々の戦いで活躍しました。

国光(5)は、1542年に三河国幡豆郡国光村(現在の愛知県西尾市国光町)に生まれました。父は国光(4)、母は於大の方です。

幼い頃から武術に優れ、15歳で徳川家康に仕えました。1560年の桶狭間の戦いで初陣を飾り、以後、三方原の戦い、姉川の戦い、長篠の戦いなど、数々の戦いで活躍しました。

1582年の本能寺の変後、徳川家康が転封先の甲斐国に移った際、国光(5)もそれに従いました。1584年の小牧・長久手の戦いで、豊臣秀吉と戦いました。

1590年の小田原征伐では、徳川家康の軍勢に加わり、小田原城を攻めました。この戦功により、下総国古河藩1万石を与えられました。

1592年の文禄の役に際しては、朝鮮半島に渡り、蔚山城の戦いで活躍しました。1593年に帰国した後、豊臣秀吉の命により、肥後国熊本藩52万石を与えられました。

1598年に豊臣秀吉が死去すると、徳川家康が権力を握りました。国光(5)は、徳川家康に忠誠を誓い、関ヶ原の戦いで、東軍として戦いました。

関ヶ原の戦いの後、徳川家康から、武蔵国川越藩25万石を与えられました。1603年に徳川家康が江戸幕府を開くと、国光(5)は、老中として幕政に参加しました。

1616年に死去するまで、徳川家康、徳川秀忠の両将軍に仕え、徳川幕府の礎を築きました。

国光(5)は、武勇に優れた武将であり、また、政治家としても優れた才能を発揮しました。徳川家康の信任が厚く、徳川幕府の創設に大きく貢献しました。

国光にまつわるエピソード

国光にまつわるエピソード

-国光にまつわるエピソード-

国光は、明治時代に誕生した日本のりんごの品種です。甘味と酸味のバランスがよく、シャキッとした歯ごたえが特徴です。現在では、国内で最も多く生産されているりんごの品種の一つとなっています。

国光には、いくつかのエピソードがあります。

* 国光は、青森県の平賀村(現・平川市)で生まれたと言われています。平賀村は、りんごの栽培が盛んな地域で、国光もこの地で栽培され始めました。
* 国光は、明治天皇が大変お気に召されたりんごだと言われています。明治天皇は、国光を「甘くて美味しいりんご」と絶賛されたそうです。
* 国光は、大正時代にアメリカに輸出され、人気を博しました。アメリカでは、国光は「Japanese Apple」と呼ばれて親しまれました。
* 国光は、昭和時代に、日本人の宇宙飛行士である野口聡一氏が宇宙に持参しました。野口聡一氏は、宇宙で国光を食べた感想を「甘くてシャキシャキして美味しかった」と述べています。

国光は、日本のりんごを代表する品種の一つです。その美味しさは、明治天皇やアメリカの人々、さらには宇宙飛行士にも認められています。国光是、日本が誇るべき果物の一つです。

タイトルとURLをコピーしました