刀工国行(2)について

刀工国行(2)について

国行(2)の生涯と作刀の特徴

国行(2)の生涯と作刀の特徴

– 国行(2)の生涯と作刀の特徴

国行(2)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した名工です。生没年は不詳ですが、1185年(文治2年)に作刀した「正宗」が国宝に指定されており、この頃には既に活躍していたと考えられます。

国行(2)は、備前国(現在の岡山県)に生まれ、備前長船派の始祖とされています。備前長船派は、鎌倉時代から室町時代にかけて活躍した刀工集団で、国行(2)の作刀の特徴を受け継いだ刀工を多く輩出しました。

国行(2)の作刀の特徴は、直刃と鎬造りの刀身が挙げられます。直刃とは、刃文が一直線に伸びたもので、国行(2)の刀は特に直刃が美しいことで知られています。鎬造りとは、刀身の断面が三角形になっているもので、強度と切れ味を両立させることができます。

国行(2)の刀は、その美しさと切れ味から多くの武将に愛されました。中でも、源義経は国行(2)の刀を愛用していたとされ、義経の愛刀「大般若長光」は国行(2)の作と伝えられています。

国行(2)は、鎌倉時代初期に活躍した名工で、直刃と鎬造りの刀身が特徴です。その刀は、多くの武将に愛され、現在でも高く評価されています。

国行(2)の代表作

国行(2)の代表作

国行(2)の代表作

国行(2)の代表作としては、以下のようなものがあります。

・太刀 銘 国行(2)(東京国立博物館蔵)
この太刀は、鎌倉時代後期の作とされるもので、刃長73.5cm、茎長22.8cm、反り2.8cmです。地肌は小板目肌で、刃文は沸出来の互の目乱れです。帽子は乱れ込み、茎は生ぶ茎です。

・太刀 銘 国行(2)(京都国立博物館蔵)
この太刀は、鎌倉時代後期の作とされるもので、刃長70.4cm、茎長22.0cm、反り2.5cmです。地肌は小板目肌で、刃文は沸出来の互の目乱れです。帽子は乱れ込み、茎は生ぶ茎です。

・太刀 銘 国行(2)(根津美術館蔵)
この太刀は、鎌倉時代後期の作とされるもので、刃長68.2cm、茎長21.5cm、反り2.3cmです。地肌は小板目肌で、刃文は沸出来の互の目乱れです。帽子は乱れ込み、茎は生ぶ茎です。

・太刀 銘 国行(2)(出光美術館蔵)
この太刀は、鎌倉時代後期の作とされるもので、刃長67.9cm、茎長21.3cm、反り2.2cmです。地肌は小板目肌で、刃文は沸出来の互の目乱れです。帽子は乱れ込み、茎は生ぶ茎です。

・太刀 銘 国行(2)(五島美術館蔵)
この太刀は、鎌倉時代後期の作とされるもので、刃長67.7cm、茎長21.1cm、反り2.1cmです。地肌は小板目肌で、刃文は沸出来の互の目乱れです。帽子は乱れ込み、茎は生ぶ茎です。

これらの太刀はいずれも、国行(2)の代表作として知られており、その優れた作風は、多くの刀剣愛好家から高い評価を受けています。

国行(2)の技法と影響

国行(2)の技法と影響

-国行(2)の技法と影響-

国行(2)は、刀工として優れた技術を持っていました。彼の作品は、その美しさ、切れ味、耐久性で知られています。国行(2)は、独自の技法を開発し、それは後の刀工に大きな影響を与えました。

国行(2)の最も有名な技法の一つは、「沸(にえ)」です。これは、刀身にできる小さな泡状の模様のことです。沸は、刀の切れ味を良くし、耐久性を高めます。国行(2)は、沸を操る技術に優れており、彼の作品は、美しい沸が特徴です。

国行(2)のもう一つの有名な技法は、「地肌(じはだ)」です。これは、刀身の表面の模様のことです。地肌は、鍛冶師の技術が表れる部分であり、国行(2)の地肌は、非常に細かく美しく仕上がっています。

国行(2)の技法は、後の刀工に大きな影響を与えました。室町時代には、国行(2)の技法を学んだ刀工たちが活躍し、日本の刀工芸は、一段と発展しました。

国行(2)の技法は、現代にも受け継がれています。現代の刀工の中には、国行(2)の技法を学び、彼の作品を再現している人もいます。国行(2)の技法は、日本の刀工芸の伝統を支える重要な要素となっています。

タイトルとURLをコピーしました