「国義」
江戸時代前期の刀工

「国義」江戸時代前期の刀工

人物の概要

人物の概要

人物の概要

国義は、江戸時代前期に活躍した刀工です。本名は河内守国義(かわちのかみくによし)といい、通称は河内守。摂津国三田尻(現在の兵庫県三田市)に生まれ、江戸で活躍しました。

国義は、相州伝を学び、特に正宗の作風に傾倒していました。その作風は、正宗の作風を踏襲しつつも、独自の工夫を加えたもので、華やかな金工を施すことで知られています。また、国義は刀身だけでなく、刀装具にも優れた技量を発揮しました。

国義は、その卓越した技量から、徳川将軍家をはじめ、諸大名や豪商などから厚く庇護を受けました。江戸城内での作刀を許され、江戸幕府の御用刀工となり、その作刀は「国義物」として珍重されました。

国義は、寛文12年(1672年)に72歳で没しました。その死後も、国義の作刀は高く評価され、現在でも多くの作品が残されています。国義の作刀は、日本の刀工史において重要な位置を占めており、その作風は、後の刀工たちに大きな影響を与えました。

経歴

経歴

経歴

国義は、美濃国関市に生まれました。父は刀工の関兼定で、国義も幼い頃から刀鍛冶の技術を学びました。成人すると、京都に移り住み、刀工として活動を始めました。

国義は、京都で刀工として名を上げ、多くの武家に刀を納めました。特に、徳川家康に仕えていた刀匠として知られています。徳川家康は、国義の刀を気に入り、国義に「国義」の銘を許しました。

国義は、江戸時代前期の刀工として活躍しました。国義の刀は、切れ味が鋭く、耐久性に優れていることで知られています。また、国義の刀は、美しい装飾が施されていることも特徴です。

国義の刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に珍重されています。国義の刀は、刀剣博物館や美術館に収蔵されており、一般公開されています。また、国義の刀は、オークションなどで取引されており、高値で落札されています。

国義は、江戸時代前期の刀工として、その名を残した人物です。国義の刀は、切れ味、耐久性、装飾の美しさで知られており、現在でも多くの人々に愛されています。

作刀とその後

作刀とその後

– 作刀とその後

国義は、大坂で活躍した刀工である。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣に際して、豊臣家に味方したことで徳川家康の怒りを買い、九州に流罪となった。流罪先で刀を学び、寛永10年(1633年)に赦免されて江戸に戻った。江戸に戻ってからは、徳川家光に仕えて刀を鍛え、晩年には大坂に戻って刀工として活躍した。

国義の刀は、切れ味と耐久性に優れており、多くの武将から愛された。特に、徳川家康は国義の刀を気に入り、数多くの作品を所蔵していた。国義の刀は、現在でも多くの博物館や美術館に所蔵されており、その美しさや切れ味を鑑賞することができる。

国義は、刀工としてだけでなく、刀剣鑑定家としても知られている。国義は、刀剣の鑑定書を多く残しており、その鑑定書は、現在でも刀剣鑑定の重要な資料として使用されている。

国義は、江戸時代前期の刀工として、その名を残している。国義の刀は、切れ味と耐久性に優れており、多くの武将から愛された。また、国義は、刀剣鑑定家としても知られており、その鑑定書は、現在でも刀剣鑑定の重要な資料として使用されている。

タイトルとURLをコピーしました