邦彦王(⇒久邇宮邦彦王)の

邦彦王(⇒久邇宮邦彦王)の

久邇宮邦彦王とは

久邇宮邦彦王とは

-邦彦王(⇒久邇宮邦彦王)とは-

-久邇宮邦彦王とは-

久邇宮邦彦王(くにのみや くにひこおう、1873年1月17日 – 1929年4月24日)は、日本の皇族。久邇宮朝彦親王の第5王子。幼名は裕彦王。

邦彦王は、1873年1月17日に東京で生まれた。学習院初等科に入学した後、1888年にドイツに留学し、ベルリンの高等学校で学んだ。1896年に帰国し、陸軍士官学校に入学。1898年に卒業し、陸軍少尉に任官された。

1904年、日露戦争に従軍。旅順攻略戦に参加し、負傷した。1905年、陸軍中尉に昇進。

1908年、邦彦王は、敬宮(後の昭和天皇)の学習院での教育係を務めた。1912年、陸軍大尉に昇進。

1914年、第一次世界大戦が勃発すると、邦彦王は、ヨーロッパ戦線に派遣された。1915年、陸軍少佐に昇進。

1918年、邦彦王は、帰国し、陸軍歩兵第1連隊長に任命された。1919年、陸軍中佐に昇進。

1920年、邦彦王は、陸軍歩兵第2旅団長に任命された。1922年、陸軍大佐に昇進。

1924年、邦彦王は、陸軍歩兵第1師団長に任命された。1925年、陸軍少将に昇進。

1927年、邦彦王は、陸軍中将に昇進。

1929年、邦彦王は、病気のため死去した。享年56。

邦彦王の生涯

邦彦王の生涯

邦彦王の生涯

邦彦王は、1867年(慶応3年)9月9日、皇族久邇宮朝彦親王の第二王子として誕生しました。
幼名は、知忠(ともただ)と名付けられました。1882年(明治15年)に伏見宮貞愛親王の養嗣子となり、1883年(明治16年)に邦彦王と改名しました。

1885年(明治18年)、邦彦王は陸軍士官学校に入学し、1888年(明治21年)に卒業しました。その後、ドイツに留学し、軍事学を学びました。1890年(明治23年)に帰国し、近衛歩兵第4連隊の小隊長に任命されました。

1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、邦彦王は第3軍に所属して出征しました。戦功を挙げ、1895年(明治28年)には、少佐に昇進しました。

1898年(明治31年)、邦彦王は、明宮嘉仁親王(後の大正天皇)の侍従長に任命されました。1900年(明治33年)には、中佐に昇進し、1901年(明治34年)には、大佐に昇進しました。

1903年(明治36年)、邦彦王は、日露戦争に第3軍司令官として出征しました。戦功を挙げ、1905年(明治38年)には、少将に昇進しました。

1907年(明治40年)、邦彦王は、陸軍大臣に任命されました。1909年(明治42年)には、中将に昇進し、1911年(明治44年)には、大将に昇進しました。

1914年(大正3年)、第一次世界大戦が勃発すると、邦彦王は陸軍大将として、参戦しました。1915年(大正4年)には、元帥に昇進しました。

1923年(大正12年)、邦彦王は、陸軍大臣を辞任しました。1926年(昭和元年)、昭和天皇が即位すると、邦彦王は、宮内大臣に任命されました。1931年(昭和6年)まで宮内大臣を務め、その後は、参謀総長を務めました。

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結すると、邦彦王は、参謀総長を辞任しました。1946年(昭和21年)、公職追放となり、1949年(昭和24年)に解除されました。

1950年(昭和25年)4月、邦彦王は逝去しました。

邦彦王の功績

邦彦王の功績

-邦彦王の功績-

邦彦王(くにひこおう)は、明治天皇の第四皇子で、久邇宮邦彦王の父として知られています。 彼は、皇族として重要な役割を果たし、明治維新後の日本に多大な功績を残しました。

邦彦王は、1875年(明治8年)に誕生しました。 1895年(明治28年)には、久邇宮邦彦王と結婚し、4人の子供を授かりました。 邦彦王は、皇族として、宮内省総務長官や学習院総裁などの要職を務めました。 また、日露戦争では、陸軍大将として従軍し、戦功を上げました。

邦彦王は、学問にも優れており、東京帝国大学総長を務めました。 彼は、特に法学に詳しく、法学博士の学位を取得しています。 邦彦王は、法学の研究に尽力し、日本の法制度の整備に貢献しました。

邦彦王は、皇族としてだけでなく、学者としても、日本に多大な功績を残しました。 彼は、明治維新後の日本の発展に貢献した偉大な人物の一人です。

邦彦王の功績をまとめると、以下のようになります。

・宮内省総務長官や学習院総裁などの要職を務めた。
・日露戦争では、陸軍大将として従軍し、戦功を上げた。
・東京帝国大学総長を務め、法学の研究に尽力した。
・日本の法制度の整備に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました