– 池坊専栄

– 池坊専栄

華道家として活躍した池坊専栄

華道家として活躍した池坊専栄

華道家として活躍した池坊専栄

池坊専栄(いけのぼうせんえい)は、池坊の第54代家元であり、華道家として活躍した人物です。1952年に京都市に生まれ、幼い頃から華道を学びました。1975年に池坊家元を継承し、国内外で華道の普及活動に努めました。

専栄は、伝統的な華道を継承しながらも、新しい表現にも挑戦しました。1985年に「華道パフォーマンス」という新しい華道のスタイルを発表し、話題を呼びました。華道パフォーマンスは、音楽やダンスを取り入れた華道であり、専栄は華道パフォーマンスを通じて、華道の新しい可能性を探求しました。

専栄はまた、華道の普及活動にも熱心に取り組みました。1997年に「池坊華道専門学院」を設立し、華道の教育に力を注ぎました。また、海外でも積極的に華道を紹介し、2002年にフランスのパリで「池坊華道展」を開催しました。

専栄は、2017年に64歳で亡くなりました。しかし、専栄の華道に対する情熱は、弟子たちによって受け継がれています。専栄の弟子たちは、専栄の教えを基に、新しい華道のスタイルを創造し、華道の普及に努めています。

専栄は、華道界に大きな影響を与えた華道家であり、その功績は今もなお語り継がれています。

池之坊立花伝書の著者

池之坊立花伝書の著者

池坊専栄は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した池坊流の華道家です。池坊専応の孫弟子にあたる人物で、池坊流第二代の宗家とされています。

池坊専栄は、池坊専応の教えを忠実に守り、池坊流の華道を発展させました。また、池坊専栄は、池坊流の立花伝書である『池之坊立花伝書』の著者としても知られています。

『池之坊立花伝書』は、池坊流の立花の技法をまとめた書物であり、池坊流華道の重要文化財となっています。池坊専栄は、この書物の中で、立花の基本的な考え方や、立花の様々な様式について解説しています。

池坊専栄の著書である『池之坊立花伝書』は、池坊流華道の発展に大きな影響を与えました。この書物は、池坊流の立花の技法を体系的にまとめたものであり、池坊流華道の基本書として今日でも大切にされています。

池坊専栄は、池坊流華道の発展に貢献した偉大な華道家であり、その著書である『池之坊立花伝書』は、池坊流華道の重要な文献となっています。

池坊家の相伝方式の確立に貢献

池坊家の相伝方式の確立に貢献

池坊専栄

池坊家の相伝方式の確立に貢献

池坊専栄(いけのぼう・せんえい、1502年(文亀2年) – 1582年(天正10年))は、日本の華道家。池坊第四代家元。法名は專譽院寂心。

専栄は、池坊第三代家元・池坊専慶の子として生まれる。幼い頃から華道を学び、1522年(大永2年)に家督を継いで第四代家元となる。

専栄は、華道の発展に大きな功績を残した。まず、池坊家の相伝方式を確立した。それまでは、家元は口伝えで華道を伝えていたが、専栄は、家元の教えを文書にまとめた。これにより、華道を体系的に学ぶことができるようになった。

また、専栄は、華道の普及にも努めた。専栄は、全国各地を巡回し、華道の講習会を開いた。また、華道の書物も執筆し、華道の普及に貢献した。

専栄は、華道の発展に大きな功績を残した偉大な華道家である。

池坊家の相伝方式の確立

池坊家の相伝方式は、専栄が確立した。それまでは、家元は口伝えで華道を伝えていたが、専栄は、家元の教えを文書にまとめた。これにより、華道を体系的に学ぶことができるようになった。

専栄がまとめた文書は、「池坊専栄口伝」と呼ばれている。「池坊専栄口伝」は、華道の基本的な考え方から、具体的な花材の扱い方まで、幅広く解説している。また、「池坊専栄口伝」には、専栄が実際に生けた花の図も掲載されている。

「池坊専栄口伝」は、華道の入門書として広く使われている。また、華道の研究者にとっても貴重な資料となっている。

専栄は、華道の普及にも努めた。専栄は、全国各地を巡回し、華道の講習会を開いた。また、華道の書物も執筆し、華道の普及に貢献した。

専栄が執筆した華道の書物の中で、最も有名なのは、「専栄華道」である。「専栄華道」は、華道の基本的な考え方から、具体的な花材の扱い方まで、幅広く解説している。また、「専栄華道」には、専栄が実際に生けた花の図も掲載されている。

「専栄華道」は、華道の入門書として広く使われている。また、華道の研究者にとっても貴重な資料となっている。

専栄は、華道の発展に大きな功績を残した偉大な華道家である。

タイトルとURLをコピーしました